スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

来年の案内、カルソッツ!

2011/04/17 Sun 12:54

いつもながら「季節が終わっちゃう!」と慌ててアップしていますが、今回はごめんなさい。もう季節、終わっちゃいました!?。でも来年のために(?)紹介しておきます。カルソッツ。カタルーニャが世界に誇る?、とーっても美味しくて楽しいネギ料理です。


カルソッツは食べられる場所が限られていますが、郊外やVallsやCambrilsなど数々のレストランに行ったと思います。しかしここ数年ずーっと通っている一番のお気に入りのレストランがあって、これがValls。車がないといけません。今日紹介するのはバルセロナから電車でいける、郊外のレストランです。


知り合いがこのレストランをやっているのですが、お店の名前はTorre de la Liebre。
バルセロナから30分ぐらい。Rubiの州営鉄道の電車の駅からすぐです。すぐといっても、歩くと思ったより遠い。そこに見えているのに!という遠さを感じましたが、帰りは感じなかったので、腹ペコだったからでしょう。線路の上を通る陸橋を渡って、目の前のレストランです。


japon 664
カタルーニャな気分が盛り上がります。マシアタイプの一軒家。カルソッツだけでなく、他のお料理も美味しいレストランです。


japon 665
このレストランにはユニークなシステムがあります。レストランの奥にボデガ(酒造保管所)があり、そこで飲食いできるのです。周りは一面のボトル。ワインなど種類もいくつかあります。

japon 666
料金がいくらだったのか知りませんが、食事前にここで、ビール、ワイン、食前酒などあれこれお酒が出てきて、テーブルにある、いろんなタパスがつまめます。楽しい!私は前回初めてこれをやり、飲めない友達がどんどんまわしてくるので、出てくるお酒をすべて2杯ずつ飲みました。その後、レストランへ戻り、テーブルで昼食を。そこでも飲みまくって、帰りには記憶がさっぱり消えたという、のん兵衛には楽しくも要注意の店です。

japon 667
前回食べたときにはこんなお鍋があったかは不明です。小皿だけだったような気がしますが、それでも十分で、普通の日本人はボデガだけでおなかいっぱいになるはず。

「ここに住みたい」と言った人がいたそうですが、まさにそんな幸せ気分になる空間。他の店にはないシステムなので、ここに来る人にはお勧め。

しかしカルソッツのときだけは勧めません。カルソッツと肉だけで苦しくなることがわかっていますからねっ。今回はすぐにカルソッツからスタートです。


japon 672
これがネギです。丸ごと炭火で焼いて、手掴みして、あーんと上を向いて食べるのです。カルソッツの剥き方はお店の人にでも習ってください。

いろんなレストランに行きましたが、野外でネギを「食べる」のは初めてでした。「店の人が焼く」や、「食べた後に野外で手を洗ってください」という経験はありましたが、野外のテーブルで立食とはびっくり!?

どちらも好きな方を選ぶことができましたが、私たちは陽気な外を選びました。


japon 673
ソースがおいしいんですよね。またどの店もソースのお味は違います。横の尿瓶みたいなのはカタルーニャのポロン。皆で回し飲みします。こぼすのが怖い人たちはコップについじゃいますが・・。

japon 675
総勢6人でしたが、私達の食べっぷりにネギが追いつかないので、ネギが来る間は暇。そこでネギをやくおじさんを見学に(励ましに?)。


japon 676
えー、こんな少ないネギじゃ、追いつかないよー!!と見た瞬間、思いました!!


japon 669
隣のテーブルのスペイン人達。この人たちもすごい食べっぷり。ネギは前菜なのですが、ストップするまでエンドレスで食べれるのが本場のカルソッツです。(注。都会ではそうではないレストランもあります)・・で、私達はどこのレストランでもびっくりされるぐらい、食べ続けるメンバー。私達より食べるスペイン人にお目にかかったことはなかったのですが、今回のお隣はライバルと任命できるぐらい食べてました。

私達が到着した時に「すごく食べる団体さんがいて、・・ちょっとネギ待って」と言われたのに、私達の登場で食べる団体がもう1つ。ネギおじさんの仕事は増えてきました。おじさん、がんばってー。



japon 677

途中、ネギが追いつかず、おなかをすかせた子羊(私達)に、友達が食べ物を持ってきてくれました。たぶん差し入れだったかも?

japon 678

japon 680
あせってきたおじさん。早く焼かないと火まで大暴れです!!

japon 682
ピンク・シャンパン(カヴァ)で乾杯。

japon 683

私達が食べたネギの残骸。これ以外に、もう1バケツありました。
さて。ここまでは前菜なので、今度はレストランに入り、メインの肉料理とデザートへ。


torreliebre (32)
レストランの雰囲気も素敵です。ちなみに前回ここで食べた、お店自慢の鉄板の上に出てくるお肉があるのですが、絶品でした!前回あれこれ食べた中で、分厚くて、やわらかくて、最高でしたよ。カルソッツ以外の時期に来る人はぜひレアでどうぞ♪

torreliebre (23)
メインのお肉に戻ります。各種いろいろ出てくるのが普通です。

torreliebre (24)
白いんげん。

torreliebre (25)
まだ飲んでます?

torreliebre (26)
デザートは定番のクレマ・カタラーナが普通です。

torreliebre (27)
が!この店ではレモンシャーベットを選ぶこともできます。

torreliebre (29)


licor.jpg
最後はリキュール攻撃。


今年のカルソッツは3回でした。人のおうちで自分達でカルソッツというのも参加しました。
カルソッツの期間は1-3月。(12月や4月も本場に行けばある場合がありますが、稀。ネギも小さいです)来年までお預けですね。
スポンサーサイト
レストラン・バル・カフェ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。