日本の応援!

2011/04/04 Mon 11:58

町を歩いていると、窓際に日本の旗とメッセージを見つけました。

japo2.jpg


スペイン人も応援している?と嬉しく思いましたが、もしかして住んでいるのは日本人だったりして。


上はフォルサ・ジャポと書いてあり、カタルーニャ語。フォルサとは力(ちから)のことです。下のアニモ・ハポンはスペイン語で、アニモは元気。どちらも「がんばれ、日本!」の意味です。日本の旗を掲げてくれたのが誰であろうと、励ましのメッセージには嬉しくなりました。


ところで、アップルストアーで音楽の購入をしたことは一度もなかったのですが、期間限定発売ということで、

>人気ユニット「DREAMS COME TRUE」、徳永英明、福山雅治、長渕剛、松田聖子らユニバーサルミュージック所属の79組によるコンピレーションアルバム「アイのうた~東日本大震災チャリティ・アルバム」

というのを購入しました。
気持ちながらの応援と寄付の気持ちを込めて。自分も元気になる曲がたくさんです。


同様にアメリカで発売になった、
>マドンナら世界中の38組が参加し18か国で1位を獲得したアルバム「ソングス・フォー・ジャパン」

も購入しようと思いました。値段も高くありません。
ところがアップルストアの購入コメントによると、ミスがあるらしく、同じ曲が2度ダウンロードされたり、曲名と一致しない曲がダウンロードされてしまうとのこと。

アメリカ人にしては?素早い発売でしたから、そんなミスもさもありなん。
でも訂正されるようだったらその後にダウンロードしたいとも思うので、ちょっと待っているところです。曲的にはあまり面白くない気がしましたが、寄付の気持ちなので、いいんです。


ところでスポーツ報日のネットニュースで次のように紹介されていました。

>ドリカムの「何度でも」(05年発売)は、震災直後の1週間(14~20日)で、全国ラジオ局オンエア回数の邦楽1位を記録。あきらめず前向きに生きる歌詞が印象的で「『自分たちは何もできないので曲で励ましたい』と、全国から多数のリクエストが寄せられた」(TOKYO FM)。

私は大のドリカムファンで、今までもたくさん元気をもらってきました。「何度でも」は前半は曲としては難解で暗めな気がして、ちょっと飛ばしたくなっちゃいます・・。が、サビの部分とその少し前あたりは大好きで、本当に元気になりますね。応援歌としてふさわしい曲だと思います。皆さんに、これが届きますように!


また、日本からきた友達が、「CMが自粛されているのでCM製作会社のメッセージ5種類ぐらいが一日中繰り返されて、ノイローゼになりそう」と言っていました。苦情も増えているので少しCMを出す会社も少し出てきたそうですが、それは嫌ですね!日本のCMって楽しくて明るくて、あれだけでも気分転換になるというのに。自粛ムードと経費削減が関係しているんでしょうが、そろそろCMスタートしてもいいんじゃないでしょうか。


私は震災の暗いニュースがある中で、なぜか、ずーーーーーーっと「今こそ見たい」と思っていたCM映像があったのですが、それが日本生命の浅田真央さんの出るCMです。嘘のないスポーツ選手のドラマはだいたい感動的なものですが、あれを見たいとずーっと思ってきて、上の「CM自粛」話を聞いて、見たい願望がより強くなってしまいました。「たくさんの支え」編と「わたしはひとりじゃない」編があります。探してみると、この2つをつなげたYOUTUBEが出てきました。最近アップされたようで、同じことを考えている人がいたんだな・・と。曲もメッセージも良くて、これを編集して、被災地励ましCMにして欲しいぐらい。ちょっと見てみてください!




スポンサーサイト
■ひとりごと