スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
滞在を1つにまとめて手抜き!ですが、写真をどうぞ!佐賀県ってどこー?っていう人も多いでしょうが、日本でバカンスするには最高の故郷です。

食べ物も美味しく、和風なものも楽しめ、温泉や焼き物で知られます。あまりにリフレッシュするせいか、スペインに帰国すると「顔つきが違う」とまで言われます。やっぱり日本はいいですよね!


今回は友達と大川内山(おおかわちやま)に行きました。佐賀の陶芸って、有田焼、伊万里焼き、唐津焼などが有名です。伊万里市や有田市を訪れる人も多いと思いますが、お勧めの焼き物観光地というと、ずばり大川内ですね。有田・伊万里からもすぐです。
japon 069

japon 073

到着した時にはずらりとSPらしき人物が村中に配置され、要人でも来ているの?という気配でした。
あとで、テレビの撮影隊らしき人達も見ましたが、外国人やマスコミ受けしそうな雰囲気なのです。とってもこじんまりしているので歩いてどうぞ。無料博物館もあります。


japon 082
村には食事をする場所はほとんどないのですが、こういう和風な喫茶店があります。ランチメニューはカレーでしたが、ここでお昼に。

japon 081
ランチメニューについていたコーヒー。

佐賀県では一般家庭でも(お祝い事でよく頂くため)、ごろごろ有名な陶器を食器棚に眠らせています。陶器の町となれば、レストランやカフェで陶器にこだわらないわけがありせん。きれいな食器でいただくことができるので、それだけで楽しめると思います。



友達が茶碗蒸しを探していたのですが好むものが見つからず、有田に移動しました。陶芸の町のはしごです。(昔、スペイン人を連れて温泉のはしごもしたことがあります。恐ろしい行動力の佐賀県民!?)

有田は有田陶器市の時しか来たことがなかった!という友達。陶器市の時はすごい人で、ずらりと店が並びますが、1月の閑散期、あいていないお店も多かったです。しかしどうにか買い物も済ませ、カフェへ。こんな素敵な店を見かけたから。さっきランチしてコーヒー飲んだなんてことは忘れてます。


japon 095

japon 101

有田には器が選べる有名カフェがあり、何度か行ったことがありましたが、ここは初めてのお店です。コーヒーカップは選べるわけではありませんが、ひとりひとりに違う有田焼のカップでサーブしてくれます。コーヒーカップにあわせて、ケーキ皿もスプーンも選んでありました。

友達のカップと皿は、シンプルで統一感のある組み合わせでした。全く雰囲気が違いましたが、そっちも写真撮ってくればよかったかな・。私のはまさに昔の有田焼王道!という雰囲気のものでした。

japon 102
店内の写真です。この後ろのカップ&ソーサーからご主人が選んでくれます。



あとは高校生の時のいつもの友達6人で、恒例の食事&お茶に行ったり。みんなしゃべりまくりすぎて、全員しゃべりたりなかったんじゃないでしょうか!!笑。平日ランチに友達と合流したり(職場を抜けてきてくれた子も)、うちの実家見学に来た子が二人もいたり、妹の住む町までランチを食べに行ったり。買物して、図書館も通って、庭仕事も手伝って(?)2週間半はあっという間に過ぎました。以前は1ヵ月半は滞在していたのですが、去年から節約モードとして滞在を縮めているのですが、後悔しちゃいました!

その他の出来事というと・・。
佐賀にはスペイン在住時にとっても仲良しだった友達が、岡山から新幹線で1泊2日のために遊びにきてくれました。なんと朝8時過ぎまでしゃべり続け、それから4時間ぐらい寝て昼に起きて、19時ぐらいに駅で別れるまでしゃべりまくり。彼女とはスペイン在住時に22時間寝ずに話続けたことがあるし、帰国後も国際電話を6時間ぐらいやっちゃった!とことがあるのですが、今回、数年ぶりの再会でしたからね!岩盤浴の無料チケットももらっていたのに、ほとんどパジャマのまま話し続けて家を出ませんでした。遠くからお金と時間をかけて駆けつけてくれた友達に感謝です。

私が東京へ行く前日に、甥っ子の一人が急性盲腸炎で入院という騒ぎも!姉夫婦が病院に行っている間、甥・姪を預かり、そのまま姉家族は実家に泊まることに。翌日は妹が家族を連れて遊びに来たので、入院中の甥っ子以外の4人の甥・姪が大集合しました。毎回全力で遊んであげるのですが、最後も家中を走り回り、おばさんはへとへとでした!1年ぶりにあうと、みんな妙に大人になっちゃって、習い事やサッカーで忙しいし、もうおばさんと遊んでくれないかも・・なんて思っていたので、あいかわらずの元気ぶり・甘えぶりにおばさんは満足です!!(どっちが遊んでもらってるんじゃ!?)午後の飛行機で羽田へ向かったのですが、ちびっこ一同家族全員で(もちろん母や妹も)空港まで見送りしてくれて、幸せな限りでした!

スポンサーサイト
観光

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。