スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アラゴンの道5日目その3

2010/12/04 Sat 19:19

・サングエサ

到着したサングエサはとても素敵な町でした。

aragon2.jpg

camiaragon (770)


camiaragon (785)
アルベルゲはこの時期閉まっており、唯一のオスタルも12月は本来閉まっているのですが、この週末だけはスペインの連休だったため、オープンしていました。オスタルを探してブラブラします。


camiaragon (799)
観光案内所に行くと、とても親切でした!「巡礼者にはたくさん説明があるので、ちょっと待っててねー」と他の観光客に断りながら、写真のようなセットをプレゼントしてくれました。2010はJacobeoの年なので、巡礼者にこのような得点があるのだそうです。12月なのでギリギリこの恩恵にあずかれました。無料のワイン・チケットがあったり、観光無料券があったりするんですよ。ガイドツアーも巡礼者には無料なうえ、ちょうどもうすぐ始まるというタイミングの良さ! オスタルに荷物を置いてすぐ来なさい!と勧めてくれて、思いがけず観光ツアーを楽しむこととなりました!


aragon7.jpg
ツアー参加者は私達だけ。ガイドさんはとても素敵でかわいい女性で、説明も面白かったです!

aragon8.jpg
サングエサは観光名所がたくさん。城砦を模した建物もあったり・・、
camiaragon (812)
貴族の館もあったり・・。

camiaragon (789)
しかし圧巻はこの教会! Iglesia de Santa Maria la Realです。

camiaragon (790)
ここの教会は扉周りの彫刻群がロマネスクではスペイン一!と言ってました。カタルーニャ在住者としてはRipollのもすごいよ!と言いたくなりますが、サングエサの彫刻もRipoll同様、スペインを代表するほどに素晴らしかったのには同意します!

camiaragon (822)
教会や、修道院も入りました。

aragon6.jpg
修道院の2階にある博物館まで見学。
本当にたくさんの観光地が含まれていて、お勧めのガイドツアーです。今回のアラゴンの道で一番素敵で、一番見所の多かった町と思いましたが、もりだくさんのガイドツアーのおかげかもしれません。最後はどっぷり日も暮れました。有料でもお勧めです。

Dibujo2.jpg
こんな素敵なガイドさん。小さなお子様もいるお母様だそうですが、本当によく勉強してあり、また頼みたいぐらいです。ザビエル城あたりも観光するって言ってました。

こんなにたっぷりガイドしてくれても無料。果たして彼女自身はお給料は少しはもらうんだろうか。観光局から援助金でも出るのか、それとも今日はただ働きなんだろうかとずっと気になってたのですが・・。お土産でも持ってくればよかった!という話をしたら、しゅうさんが「持っているお守りをあげる!」と。

カバンにつけていた和風のお守りをプレゼントし、とても喜んでいました。自宅で夕食を食べさせてくれたアルティエダでも何か粗品をもってくればよかったな・・と思っていたのですが、しゅうさんによると、同様のことを書いている巡礼者のwebを読んだそうです。次回からは何か親切に出会ったらあげれるものを用意しようと思います。これから巡礼を考えている方もぜひどうぞ!

camiaragon (827)
無料券の中には、カフェかワインか選べて、お店がリストしてあったのですが、もちろんワインでしょう!写真のお店は入り口が食料品屋さん、奥がカフェとなっていました。

camiaragon (829)
ワインにつまみまで来たんですよ!サングエサ、巡礼者にはいたれりつくせりです! ちなみにこれは2010年の特典だったのですが、12月だったために、しばらく巡礼者は来てなかったんでしょうねー。お店の人が「あらっ!これまだやってたのね!」と言っていました。
スポンサーサイト
アラゴンの道

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。