スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
レイレ修道院へ

楽しかったハビエルに別れを告げて、巡礼者に戻ります。前日の「泊まれない事件」が遠い昔のような、印象的なハビエル滞在でした。迷惑をかけたのに「楽しかったからホテル代も払う」としゅうさんも言ってくれます。

ちなみに「ウンドゥエスの女性はフレンドリーだよ」とアルティエダのアルベルゲで言わたですが。あのおじさんは逆のことを言う人だろうということになりました。だって巡礼のスタンプも「ここのスタンプは最もオリジナル性あるよー」と言ってたけど、全く逆だったのです。アレス、アルティエダ、ウンドゥエスは全部同じデザインのスタンプで、面白くありません。3つ並んで押されちゃったしゅうさんはがっかりしていたのでした。

・・・
巡礼後、皆さんがアルベルゲのお礼を言っている口コミページを見ると、ウンドゥエス、ぼろぼろに書かれていました。これはその一部と「勝手な意訳」です。
Cuando llegas a un lugar como este tan bonito y cansado lo que menos te apetece es dar con una hospitalera tan seca creo que si fuera un poco mas simpatica se estaria mejor el pueblo un 10 la hospitalera un 0 no creo que vuelva pero si tengo que ir me imformare de quien lo lleva (una verguenza)
(こんなに美しい場所に、疲れ果てて到着する時、そっけないスタッフに出会うほど嫌なことはない。せめて、もうちょっとフレンドリーだったらいいのに。場所は10点。スタッフは0点。2度と戻らないと思うが、戻ることがあったら、ここをやっている人間が恥知らずというのは覚えておくよ)


es un sitio que no merece la pena por lo creido que se lo tiene la hospitalaria hay que ser mas umilde en la vida ,sigue asi que te ira bien
(行く価値のないアルベルゲ。やっている人が思い上がっているから。人生はもっと謙虚に生きるべき。まー、あなたはせいぜいそのまま生きるといいんだわ)

un sitio horrible mala comida y si llegas tarde no te dan ni un bocadillo ademas la mujer siempre con malas caras y un lenguaje muy seco como si no quisiera ablar con tigo la verdad ke me fui muy decepcionada
(場所もひどいし、食べ物もひどい。遅く着いたらサンドイッチにさえありつけない。そのうえ、ここの女性はいつも機嫌悪そうで、言葉遣いもぶっきらぼう。まるであんたとなんてしゃべりたくないって感じ。本当にがっかりして出たわ)
など。
公平に書くと、食べ物を褒めていてありがとうというのもありました。しかし嫌な気持ちを抱いた人、本当に多そうです。他が親切なだけに、びっくり!今後アラゴンを歩く人はUnduesのアルベルゲを避けることと、アルティエダのおじさんは逆のことを言う!の2点を覚えておきましょう。

・・・・

さて、今日も短いコースなので余裕です。ハビエルの町・・といっても小さな集落程度なのですが、そこや、売店、観光案内所などをちょっとぶらぶらして、再び歩き始めました。レイレ修道院を通ってハビエルへ向かうという別の巡礼道を逆流していく日です。

camiaragon (568)

camiaragon (572)

途中アラゴン川を通り、小さな村の公園で休憩します。レイレ修道院は有名な場所なので、大きく表示がありました。この辺までは雪もほとんどありません。

camiaragon (575)

camiaragon (576)

修道院の近くには山になっているので、上り坂を歩くと短い距離でも汗をかいてきます。雪の量も増えてきました。


camiaragon (578)

レイレ修道院が見えてきました!今日はここの隣のホテルへ泊まります。

camiaragon (580)


意外や意外、たくさん車がとまっていて、観光客らしき人々がいるようでした。

ホテルはレセプションに人がいませんでしたが、滞在中ほとんどいつも留守でした。隣にバルがあるので予約をしてあると伝え、バルの人が予約を確認し、勝手に鍵をくれてお部屋へ。おなかがすいたのでお昼ご飯を食べにレストランへ行きたいものです。時間が遅いので「まだあいている?」と聞きにいくと、時計をちらりと見つつ、OK.ギリギリOKの時間だったようですが、この日は客が多く、まだまだレストランはにぎわっているのでそれもあったのでしょう。「早く降りてらっしゃい」と声をかけてもらい、暖かなレストランへ向かいました!
スポンサーサイト
アラゴンの道

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。