スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アラゴンの道3日目 その1

2010/12/02 Thu 12:10

ルエスタヘ

昨日は昼寝もたっぷりしたし、夜も早く寝たし、田舎はすることがないので早寝早起きになります。元来早起きではないのにスッキリ目覚めた私達は、珍しくまだ暗い時間に出発しました。外に出てびっくり!!雪が降ってました!

おととい、アレスのレストランで、ニュースが全部雪や寒さに関することばっかりだったのを見ていましたが、違う地方の話ばかり。まさか自分達が雪の中を歩くとはなぜか想像だにしていませんでした!!!



camiaragon (292)
夜更けの村を出発。月がとっても幻想的でした。




camiaragon (301)
一面の雪化粧。本当に美しかったです。


camiaragon (294)
雪の中のアルティエダ村。


camiaragon (298)camiaragon (295)
雪の中に動物の足跡も。今回の旅では馬、犬、うさぎ_山羊?羊_らしき足跡を、雪や泥の中にたくさん見かけました。大小さまざまの、それぞれの糞も(笑)。どこによけてもよけても避けれないぐらいの、コロコロ糞が落ちている道もありました。あきらめて踏むしかありません!!(笑)

道路上はすでに車が通った跡があり、これが良い目印になりました。そうでなければどこが道でどこが山か分からなかったかも!?

ところで冬の巡礼は寒かろうと思われますが、歩いていると寒さは感じず、汗さえかきます。しゅうさんはいつも大量の汗でした。汗かかない体質の私も上り坂は汗かきますし、一日の終わりにはさすがに汗をかいています。事前に調べたときは、暑いから下はシャツ1枚で良いという人と、薄手のフリースを持っていく人と分かれていました。私も一応フリースを持っていきましたが、昼間に着ることはなく、上着の下は、発汗・早乾性のある薄いシャツ1枚でOKでした。汗が冷えるときはブルブル震えるぐらい寒く、これが雪山の低体温の原因だそうです。休憩や歩き終わった時が注意。できるだけ汗をかかないように薄着で!が基本です。


私達は5月末にカタルーニャの巡礼の道を行きましたが、暑いと体力を消耗します。前回私達は1時間3kmのペースで歩きましたが、今回はずっと早いペースだったのは気候がほどよいためもあるでしょう。荷物も冬の方が重そうですが、水を持ち、日焼け止めを持つと、夏の方が重くなっちゃいます。洗濯も夏の方が乾くと思っていましたが、冬は暖房があるのですぐ乾くところも多かったです。気候的には断然、冬の方が歩きやすいということで二人一致しました。水も夏は1.5リットル持って歩きましたが(途中水が確保できない場合)、今回は500ml、1本でOKでした。

・・・ということで、ブログを見ている皆さんが「寒そう」「大変そう」と思うよりも、ずっと快適に元気にいていく私達でした。


camiaragon (305)

あっという間にルエスタの村が見えてきました!



camiaragon (364)


スポンサーサイト
アラゴンの道

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。