スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
・JacaからSomportへバス遠足

バスに揺られてソンポートへ。事前の調べと違って、向こうにちょっとしかいれないことが判明しましたが、ハカのアルベルゲは夕方まで開かないし、行ってみようと乗り込みました。スクールバスと化していたバス内も、子供達が降りるに連れ静かになっていき、最後は私達二人だけに。

nov 010
巡礼の道の中間地点 Canfranc Estación。その名の通り、立派な駅舎が残ります。横着してバスの中からパチリ。この時点で標高1190km、雪が見えてきました。この後、Candanchuの村だったでしょうか、素晴らしい眺めの村でした!



Somportへ到着!
camiaragon (5)
見事な雪山でした!びっくり!こんなに雪山になっていようとは夢にも思っていませんでした!後で調べると標高1632m。ハカの倍の高さまで一気にあがってきたんですね。本当に美しかったですが、ここの歩きを省いてよかったです。深い雪になっていて、巡礼道は隠れていたでしょう。初心者の私達じゃ、とても歩けませんでした。

降りたところは小さなアルベルゲが一軒(カフェや売店も併設)とバルが一軒。どちらも閉まっていました。(アルベルゲはもうすぐ、12月1日にオープンすると書いてありました)あとは国境のフランス側とスペイン側の税関だか警察だかの建物があるだけ。なぜかかわいい村になっていると思っていたのですが(←下準備ゼロ)、何もない!!!バスがもうちょっとしたら戻ってくるというのは幸いしました。当初の予定では1時間ぐらい滞在する予定でしたが、冬空の下、寒くて凍えちゃってたでしょう!


camiaragon (8)camiaragon (10)
誰かがカメラで見張っているんでしょうか。誰の姿も見ませんでした。
左がフランス側の建物。国境を過ぎて写真を撮りに行ってもお咎めもなしでした。右がスペイン側の建物。このあたりは除雪車がたくさん作業をした後でした。


camiaragon (15)camiaragon (13)
巡礼者向けのモニュメントや十字架があります。左の赤い十字架はサンティアゴの十字架。右はひょうたんと巡礼杖を持った巡礼者の姿のようですね。天気が良い日は近くまでいけそうでした。


camiaragon (11)

思いがけない、美しい雪山に大満足。旅の初日にふさわしい幕開けです。
バスに再び乗り込んでハカへ戻ります。




ところでそろそろこの辺で、私の人生最大級の失敗を告白します。この日ハカ到着してすぐ、銀行に立ち寄って初めて気づいたのですが、なんとDNI(身分証明書)を家に忘れてきてしまったのですこれって大変なこと。スペインでは外国人&スペイン人にかかわらず、身分証明書の携帯が義務付けられています。警察に呼び止められると厄介なことになるし、これを持たずに何日も旅するとは、外国人がパスポートなしで旅するようなものです。(こんなブログで告白するだけでもお咎めを受けそうに思うほど)
おまけに地元にいるときと違って、旅行中はホテルに泊まったりクレジットカードを利用したりする際に、何度も見せることになります。実際、一人旅だったらどこのホテルにも泊まれなかったことでしょう。同行者のしゅうさんがいてこそ。大変お世話になりました!

この私の身分証明書忘れのために、道中ドラマみたいな展開となるのですが、これについてはお楽しみに♪ 

次はハカの観光と最初の夜の模様です。
スポンサーサイト
アラゴンの道

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。