友達と有名ケーキ屋さんBUBOに行ったときの写真です。

サンタ・マリア・デル・マル教会の目の前。有名なワイン屋の奥の方にあります。軽食が食べれるカフェと、ケーキの売っているケーキ屋に分かれています。カフェの方はさほどでもないと聞いたので、ケーキ屋で食べることにしました。こちらは定評があります。

nov 020

ずらりと並ぶマカロン。今、バルセロナで流行っています。有名なお菓子屋、どこに行ってもショーウインドーを飾っているのです。
えー!!マカロンといえば、フランスやスイスでしょう!と思って調べてみたら、スイスは関係ないんでしょうか。wikipediaによると13世紀から続くフランスのお菓子と書いてありました。しかしスペインでは伝統的なお菓子でもないし、あまりにどこも一斉につくりはじめたので、私としてはちょっと違和感ありです。

写真では目立たないですが、マカロンの向こうにケーキも10種類ぐらいあります。どれもおいしそうで悩みます。

そういえば店に入ると、試食品をくれましたが、、これがまた美味しかったです!箱に入って販売されていて、お土産にいいかもと思いましたが、お値段は結構しました。

nov 021
こちらはカフェというよりケーキ屋ショップなのですが、イートインできるコーナーがあります。ここに座って、カフェしました。


nov 024nov 025
食べた瞬間、「ん!美味しい!」。
こういう感想を抱くケーキはスペインではなかなか出会えません。
美食家でお料理が得意で、味には厳しい友達も、「美味しい♪」と言ってました。別の友達も一度行って感動したと言っていたので、ほんと、お勧めです。


nov 026
窓際でしゃべっていると、外国人観光客の団体が登場しました。
おいしい?と身振り手振りで聞かれたので、おいしい!と身振り手振りで太鼓判。そんな私達の姿を写真まで撮られたので、お返しにこちらもパチリ。

写真に入ってなくて、とーっても残念ですが、私がカメラを向けると、お尻を突き出してあっはんポーズしてくれたのですよ。爆笑。背景にもウケている連れの人々が写っています。

彼らはこの後、ドヤドヤ店に入ってきましたが、聞いてみるとオーストリア人でした。「ノリがラテンに見えた」と友達。ほんと。どこの国にもひょうきんな人はいるんですねー。



面倒なのでまとめてアップしていますが、続いて、老舗ケーキ屋 Baixasの写真です。バルセロナにはたくさんお菓子屋がありますが、ルレデセール協会?のメンバーなのは、バルセロナではbuboとBaixasだけだそうです。


nov 027
ダリと交流があり、カンプノウのチョコレート彫刻など、様々な話題を振りまいた老舗のお店です。

nov 028

写真、暗くてごめんなさい。ここの店で有名なのはSara。悩んだけれどSara自体好むタイプのケーキではないので、違うものにしちゃいましたが、次回は試してみます。他にTortellsやLos brazos de gitanoなど、昔からあるスペインのお菓子で有名なのですね。
そういえばバルセロナのTime Outで市内No1のクロワッサンのお店に選ばれたのもここです。

nov 029
ケーキ屋の隣がカフェ。1階はあまり広くなく、座れないぐらい混んでいました。平日の夕食前の時間帯でしたが、場所柄、有閑マダム達のおしゃべりの空間って感じですね。
2階はガラガラでしたが、とても広いです。


nov 031
私が食べたケーキ。友達の食べたチョコケーキのアップ写真はうつりがよくなかったので載せませんが、どちらもおいしかったです。ただしBuboの方がやっぱりおいしかったかなあ・・。というか、「ん!おいしい!」と食べた瞬間に思ったケーキって、数あるスペインのケーキ屋でもBuboだけなんですよ。もちろん他のお店も十分おいしいのですが!


この写真は数日前のことです。面倒くさがりの私がなぜそんなに素早く写真をパソコンにつなげたかというと、月曜日から旅に出るからです。カメラをカラにしなくっちゃ!今、サンティアゴ巡礼の道を少しずつ歩いているのですが、北部へ10日間出かけます!ハカからプエンテ・デ・ラ・レイナまでのアラゴンの道。日本の秋ぐらいの気候かしらなんって、のんきに考えていましたが、よりによって寒波の真っ最中。バルセロナだって凍えそうに寒いのに、ピレネー近くということで厳しそうです。霧や雪も出て、前が見えないこともあると脅されていますが、やっぱり楽しみ!遭難せずに無事に帰ってきたら、旅の報告しますね。ではー、行ってきます♪
スポンサーサイト
レストラン・バル・カフェ