石鹸とジローナの街

2010/11/20 Sat 20:17

最近聞いた台詞で、もっとも衝撃的だったのは石鹸に関してです。
オリーブ石鹸を作って、販売している友人がいるのですが、その友人が突然、言いました。「今度、生ハム石鹸を作ってみようと思うんだよー」

はっ!??なっ、生ハム・・ですか?(声が裏返ってしまう)






生ハムって、いかにもスペインっぽいし、その石鹸なんてレアものだろうし、し、しかし、生ハムー??

そんなことをグルグル考えて、まだ思考回路もまとまっていない時に、別の友達がさら衝撃的な台詞を吐きました。


「私、手作りの、チョリソ石鹸をもらったことがあるんです、スペイン人から」


へ!?
チョっっ、チョリソ石鹸?


チョリソですよ!?


生ハムよりも、さらに色が真っ赤でどぎつい腸詰め。石鹸の色はもしかして真っ赤・・!? 色は聞き忘れましたが、仰天ですよーーー!!

しかも作ってみようかという仮定の話ではなく、実際に作り、他人にプレゼントしちゃったんですよー、つわものですよね!!!

まったく男っちゅうものは妙な思考回路じゃ!!・・と思っちゃいました。(生ハム石鹸を作りたいのは日本人のおじさん、チョリソ石鹸を作っちゃったのはスペイン人のおじさんです)
女性だったら、絶対に生ハムやチョリソの石鹸を作ろうとも、使おうとも思わないと思いますが、皆さん、どうですか?

生ハムは大好きで、日本へ休暇で帰る最後に食べるものが絶対に生ハムなほどの私ですが、石鹸を使いながら、あの香りに包まれたいとはさすがに思いません!
食べ物は食べ物! 美容や衛生に使う商品とは混ぜないでほしいですよね!


いや、違うな。ハチミツの香りやチョコレートの香りなどは食べ物を連想したとしても、あまーく幸せな気持ちになるので、やっぱりハム・ソーセージ類など、酒のつまみであるっというところがよくないんでしょうか。
しかも身体に悪そうな感じもあり、どんな効力があるかは不明です。

それとも男どもは、嬉々として♪チョリソ石鹸で身体を洗うんでしょうか。使った時の彼らの気持ちを聞いてみたい気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
訂正です!(今日は12月)チョリソ石鹸を作ったのは、スペイン人のおばちゃんでした!!!上の批判は全く的外れでした。失礼しましたー!!
しかしここでもっと衝撃な事実が!!石鹸のために摘出したり工夫したのではなく、チョリソを料理した時に出た油を使ってあるのだそうです!!
えーーー!!もっと気持ち悪い・・。

想像してみてください。オリーブオイルを使った石鹸が、実は誰かが料理した残りかすのオリーブオイルで作ってあったら・・。余ったものは再利用という感覚なんでしょうか。チョリソという物質以上の衝撃を受けてしまいました。恐るべしスペイン人!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そういえば、ムール貝やカタツムリが食べれない人は原型の動物を想像してしまうから、食べれない、と聞いたことがあります。薄くて硬い肉はゾウリみたいな感じがしてダメ、などという人も、食べ物を違う物質として捉えてしまい、「これが食べ物である」と思えない人だと。

食べられないものがない私はその話を聞いて、「大丈夫!私達は食べ物になっていたら、もうそれは食べ物として受け入れるよね」なんて話したことがありますが、逆に私にとっては生ハム石鹸は生ハムを強く連想させてしまい、石鹸として受け入れられそうにもありません・・。



いつもながら前置きのおしゃべりが長く、本題が短い私ですが、今日はジローナの写真をお届けします。

バルセロナから日帰りコースのGironaの街。久しぶりに行くと、この街にも貸し自転車が登場してました。

girona.jpg
街が小さいせいかバルセロナほど流行ってはいなさそうでしたが、かわいい配色ですよね!



girona (3)
この日は青空市が出ていました。


girona (40)
カテドラルから一望。ちょっと夕方になってきました。

girona (45)
夜景がこんなに美しいとは!


girona (37)
笑えるネタをご紹介。

カテドラルですが、皆が、ダリだ!ダリだ!と騒ぐほどダリ似の顔の彫刻。














girona (9)
ジローナは伝説の多い街で1冊、伝説に関する本が発行されているほどです。

そのうちのひとつが聖ナルシスのハエにまつわるエピソードのあるジローナの守護聖人で、結構、愛されている様子。








老舗のチョコレート屋には丸いメダル型のチョコに、ハエの模様を押したチョコを販売している店もあります。
いつもこのお店のショーウインドーをのぞいてしまうのですが、新しい形のハエ・チョコを発見しました!


girona (10)
こっ、これがハエ? 
小さいですが、ハエの姿そのままのチョコが販売されているとは驚きました!
もみ手みたいな手が妙に人間ぽいですね。


ちなみにこのお店ではPets de Bispe(司教の屁)という名前のお菓子を販売しています。今回初めて買ってみましたが、おいしかったです!軽くて安いのでお土産に最適です。サクサク・スカスカした感じのお菓子ですが、屁は屁でも、すかしっぺというところですね!
スポンサーサイト
カタルーニャ