FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ちょっと話題がそれますが、ゴム弾について。
10月1日の警察とのもみあいで、大けがをしたと大々的に報道された、一人の女性の話は狂言でした。あとで判明しました。

しかし、男性がゴム弾のために片目を失いました。ゴム弾は禁止されているのに!!!と独立反対派も含めて、大騒ぎでした。

しかし実は禁止されているのはカタルーニャ警察に対してだけです。
それも禁止が決定したのは3年前のことです。

2012年のゼネストでゴム弾のために片目を失った女性がいたため、2014年カタルーニャでカタルーニャ警察がゴム弾を使うことが法律で禁じられました。

カタルーニャ警察だってほんの数年前は同じレベルだったんです。
同じことをして、片目を失った人が出てたんです。

調べてみると、2012年バスク地方でもゴム弾で死亡した若者もいたのですね。
ニュースはこちら(スペイン語)
スペイン全警察で禁止すべきでしょう。

しかしなぜ禁止されているゴム弾が出たのか!というのが大きな疑問だったのですが、Policia Nacional(スペイン国家警察)やGuardia Civil(スペイン治安警察)にとっては禁止されていなかった、まだゴム弾使用が当たり前の警察であったなら、使った背景も理解できます。

むしろ、逆にそんな危険性があるのに、なぜカタルーニャ州政府は強硬な選挙を実施し、一般市民が巻き込まれるような自体を引き起こしたのか? カタルーニャ州政府だって責任を問われるべきことに思えます。


スポンサーサイト
■社会・経済などまじめな話 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。