シチメンソウの話題の前に、「いつ行こうかな?いつが一番おもしろいの?」という質問があったので、どうやって日付を選ぶかについて。

2016年の佐賀の世界選手権のカタログを見ると、開催期間は10月28日ー11月6日、と書いてあります。

baloon15.jpg

しかし実際には、最初の週末=10月28-30日はホンダグランプリの競技飛行です。2つの競技が同じ時期に行われます。最初の週末は世界選手権にとっては公式練習日です。

どっちにも参加するチームもいれば、どちらかだけもあります。
外国からわざわざやってくるチームは世界選手権のみ、が多いですね。

ホンダグランプリの競技と、世界選手権の公式練習の飛び立つ時間は、若干違うので、同じ日に2つ見れる可能性があるのは最初かもしれません。世界選手権のチームにとっては公式練習日なのでまだ、ゆったりしていています。競技がはじまってからはナーバスになるチームもあるので、サービス精神が見れるのは公式練習日かもしれません。

その代わり、天候やぬかるみの状態で、キャンセルになりやすいのは公式練習かなという印象も持ちました。
公式練習の時はキャンセル決定が早かったのですが、
競技が始まってからは、キャンセルするかどうかを決めるのに時間をかけてましたから、、。
練習の日は無理して行うこともない、という感じでしょうか。



競技の面からは、バルーンは出発も着陸も、違う場所になることがありえる競技です。
競技内容は当日に決まります。
ですからせっかく朝早くに河川敷に来たのに、一斉に飛び立つ光景が見れない場合もあります。

ただしチームによると、週末は見に来る人が多いので、河川敷スタートが多いとのこと。圧巻の光景が見れる可能性が増すようです。

夜に河川敷にバルーンが集まるイベントは、ラ・モンゴルフィエ・ノクチューンと言いますが、これは最終日に近い週末です。今年は11月5・6日です。

あとは、河川敷で、大きな鍵を気球の上からかっさらう、キー・グラブ・レースも盛り上がります。これは競技が終わったあと。最終日午後で、今年は11月6日です。

イベントの内容的には上記の通りです。
遠方から来る人で、日付を前もって決めなくてはいけない場合は、イベントの内容から決めるのが良いでしょう。

佐賀県民や隣県民で、日付を選ばなくてよければ、実は見れるかどうかは天気に左右されます
続きます。

baloon14.jpg

baloon16.jpg

スポンサーサイト
観光 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示