今年は故郷の佐賀で、熱気球世界選手権がおこなれています。
私はなんと(!)、このバルーンの世界大会のためだけに、(春も帰省したくせに)再び佐賀へ戻ってきました。
秋の帰省は初めてです。

スペイン人チームの競技クルーのボランティアをやっていますが、毎日とっても楽しいです。
DSC_0201.jpg
私の担当チーム。Ultramagicは数機いますが、この気球のパイロットがオーナーさんです。気球を作っている業者さんでもあります。


DSC_0199.jpg
ヒーローみたいに、みんなに手を振ってもらって、嬉しそうーーーーなカタルーニャ人。
たぶんカタルーニャと言いたいが、カタルーニャってどこ?と通じないだろうから?、「バルセロナ!」と叫んでいました。

そのチームの話は後日アップするとして、、。

まだバルーン期間中なので、わざわざ見に来る遠方の方たち向けに、お役立ち情報をお伝えします。
(今日は天候のため、競技がキャンセルだったので、時間のある時だけになりますが)


まず交通です。

バルーン期間中は、JRバルーンさが駅が河川敷までいきます。
当日は大変混みあうので、可能な方は電車がおすすめです。

特急料金が別途必要ですが、早い電車もたくさんとまるそうです。
いつもは鈍行しか停まらないのでびっくり。

ちょっとぴかっと光ってしまってみにくいですが、駅に張ってあったバルーン期間中の時刻表はこちらです。
DSC_0140.jpg


鈍行で良いなら210円で、普通電車に乗れます。佐賀駅から2つです。


注意点ですが!!
佐賀駅からの電車は、普段は1両編成で小さくて、すみーーーーっこの方に停まっています。
駅のホームの一番端。
見えにくいところで、誰も気づかない場所です。

バルーン期間中はもっと大きな電車が来るかもしれないし、駅係員も教えてくれるとは思いますが、
私がバルーンスタート前日に行った時には、うっかり気づかずに、1本逃してしまうところでした。
何度も乗ったことがある私でさえ、うっかり忘れちゃうほどの、目立たない場所に停まるんです。

人の少ない時期・時間帯に出かける方は注意しましょう。


その他、バルーン会場から、バルーンミュージアムまでは100円バスが結んでいます。
朝6時から17時まで。夜のイベントがある日は20時10分まで、です。

ついでに佐賀の観光もしてみようかな?という方、
もしくは雨や風で競技が中止になってしまった場合には、土日や祝日であれば、日本で最大規模を誇るシチメンソウ会場や、世界遺産になった三重津海軍所跡などを結ぶシャトルバスも100円で使えます。

吉野ヶ里歴史公園まではバスやJRで移動しています。
JRではバルーンさが周遊きっぷ&佐賀バルーンフリー(福岡・長崎の主要都市から来る場合)きっぷもあるので、JRで来る方は駅で聞いてみてください。

JR駅すぐ隣にはタクシーもたくさん待機していました。

温泉&ランチを楽しみたい人には、
竜登園のランチバス、
古湯・熊野川温泉郷ランチバスも出ています。(バス・ランチ・入浴料混みで2000~3500円)

詳細はJR佐賀駅の降りてすぐ、
もしくはJRバルーン佐賀駅を降りてすぐに案内所があるので、聞いてみてくださいね。

観光ついでに、次はシチメンソウ群生地情報です。




スポンサーサイト
観光 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示