スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016年リオのオリンピック。日本勢は大活躍で、盛り上がっていますね!

ところで前から誰かに言いたかった話。
オリンピックの心に残る、名実況とは?、について語らせてください。

今でも絶賛されますが、アテネオリンピックの体操男子。
冨田選手のフィニッシュの時の、「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」という言葉。

名実況と今でもいわれますが、私はまったくそうは思いません!!(あくまでも個人的な意見です)

あれが名実況と思われているのは、今は頭も心も冷静になった私たちが、後であの場面をテレビや動画で見るからです。

何度も繰り返し聞き、言葉を噛みしめ、意味もわかり、いいセリフだなあ、と思うからです。

誰かに聞いてみたいのですが、あの実況を生で聞いていた人に、本当にあの瞬間に、あの長いセリフと、あの難しい言葉が頭に入りましたか?と聞いてみたいです。・・というのは、私自身は聞いた覚えさえ、なかった、からです。

私はアテネオリンピックの時代はすでにスペインに来ていたし、今ほどネットに熱心な時代でもなかったので、オリンピックを見てません。つい最近、この1-2年ぐらい前に?動画で見たのですよ。

見たのはこちらの動画。
14分ほどの決勝のダイジェスト版ですが、すべての演技がカットなしで、全部通しで一気にみれます。
https://youtu.be/YxheBA8YwIo

最後だけではなく、ずっと流れを見てきて。
どんどんどんどん期待が高まってきて、最後の最後に本当に盛り上がり、そして有名な冨田選手の演技。
解説も含めて、全部ノーカットで見れます。

私はまったく知らなかった(冨田選手の演技も名実況も本当にまったく知らなかった)ので、全部を通しでみて、本当に大興奮。
あの「新月面」の時は、本当に最高潮に気持ちが高まった状態で見ました。

アテネ知ってる人も絶対にあの感動を再びなので、全部通してのダイジェスト版。見てください。
他の選手の演技も、みなさん素晴らしくて、どんどん期待感が膨らんでいって、卒倒寸前みたいな状態になります。(笑)


(ついでにこちらの動画。すごく良い動画なので、知らない方はぜひぜひ御覧ください。
https://youtu.be/ymR0j34OSmU
オリンピック前から当日までのチームの様子を取材した、ものすごく良いドキュメンタリーです)


刈谷アナウンサーの名セリフは、違うところにあります。

日の丸があがった時に、
「日はまた昇りました」

解説の小西さんが泣いているのを見て、
 「小西さん、どうぞ泣いてください」
「小西さんの目から大粒の涙が出てきました」

そしてなんといっても名セリフだと思うのは、
「冨田が冨田であることを証明すれば、ニッポンは勝ちます」。
特にこのセリフはもちろんその時も頭にすっと入ってしびれたし、私にとって、アテネオリンピックの体操の場面として繰り返され、ぞくっとするセリフです。

もちろんそれ以外にも一貫して素晴らしいお仕事をしてらっしゃるのが、上記ダイジェスト完全版を見ると本当によくわかります。

そんな私がなぜ、「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」の実況を聞いた覚えがないのか?

スポンサーサイト
■ひとりごと | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。