スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今もあるかどうか知りませんが、私自身が昔ひっかかったアパート探しの詐欺は、、。

スペイン人の友達カルメンと一緒に探していた頃。
きちんとしたオフィスも町のどまんなか(カタルーニャ広場近く)にあった不動産でひっかりました、、。

アパートの広告を見て連絡したところ、見るのに会員にならなくてはならない、というのです。会員になるのにお金を払わなくてはなりませんでした。金額は忘れてしまいましたが、、。日本円で5000円か1万円ぐらいだったでしょうか。払えばいろんなアパートのリストをもらえます。もらったら、不動産を通さずに、勝手にアポをとって見学にいけるとのこと。これを信じてしまったら、、。

使っていないようなアパートだったり、大家さんと連絡が取れなかったり、恐ろしくひどい物件だったり。ほとんど見に行けるようなアパートがありませんでした。

たぶん1軒ぐらいしか見に行けなかったと思います。

貸すのに積極的ではないような物件ばかりを集めてる印象でした。
もしくはほとんど物件がないのに、あると見せかけただけか、、。


今思うと、見に行く前に、お金を払わされるなんて、ありえないわけですが、友達のカルメンも疑問に思っておらず、、、。私もえっ、事前にお金を払うの?とは思いましたが、会員制の不動産もありえるのかと思っただけで、まさか詐欺まがいとは思っていませんでした。

私達がひっかかった2年後ぐらいにも、ひっかかった話を聞いたことがありましたので、しばらく詐欺を?続けてたんでしょうね。私が行った時も、オフィスには5−6人お客さんがいて、繁盛していました。

今は聞かなくなったので、たぶん苦情が出過ぎて、悪徳商法扱いされたんだと思いますが、、。

こんなケースも昔ありました、ということで、頭に入れておきましょう。
なんせ、詐欺というのものは、あの手この手で、手段を変えては、存在していくものだからです。

オフィスがあったからこそ信じてしまいましたが、当時は携帯もメールもなかった時代。

ここ数年でよく聞く手口は別のものですが、現代にあった詐欺になっていて、手口としては同じなのかもしれません。

実際につい先週、友達が騙されそうになりましたので、次回は最近の手口を紹介します。

スポンサーサイト
要注意情報!? | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。