去年からいろんなことが起きています。体調、ネット問題、家問題、電気問題、泥棒など、、。

でも。
しいちゃんってほーんと、ポジティブだよねっ!!
ポジティブ大会で優勝するよっと言われました。

もちろんネット問題などは愚痴りまくったり、。
戦う元気が出ないと言ってるんですが、、。
そうだな。今度の泥棒事件は思ったほどのショックは受けず、、。

その大きな原因として、とっても私を元気づけてくれた人たちがいたこと、、もあると思います。

また、起きたことをくやくやしてもしょうがないという考えがあります。これからのことは悩んでもいいけど、過去のことを悔やんでも過去が戻ってくるでもなし、。

どーにもならないことを悩んでも、時間の無駄!
もうやっちゃったこはしょうがない!
だから忘れて次に行こう!って考えですね。



このポジティティブについて、そういえば、最近感じてたことがいくつかありました。


まずは、最近、同僚のスペイン女性アントニアを見ていて感じてたこと。
アントニアはとーっても元気で明るくて。大好きな1人です。
ところがものすごい強風の日に、市の巨大ゴミ箱の下敷きになり、骨盤を負傷。入院後、リハビリをして、今も仕事ができない状態です。

このゴミ箱。近所中が危ない危ないと言っていて、市役所に訴えてたのに、固定されてなかったゴミ箱だったのです。(知ってました?ゴミ箱の下って、黄色い固定レーンがついているのです。あれがなかったそう)
しかも坂の上にあるゴミ箱だったそうで、いつ転がってもおかしくない場所、、。

そこでアントニアは、よりによって、いつもは通らない道を通ってしまった。
よりによって、バルセロナで記録に残るほどの突風が吹いた日だった。
よりによって、、が重なった日だったのです。

これは考えようによっては、「不運だった」でしょう。
たまたま通ってしまって、巻き込まれてしまったんですから。

アントニアは、別の友人が病院にお見舞いにいったら、ポロポロ大粒の涙をこぼした、と聞きました。あのいつも元気いっぱいな彼女が!??

今もまだ仕事ができず、歩けるからといってコルセットをしたままですが、花柄でオシャレなコルセット?を着て美人度を発揮しながら、いつも通りの明るいオーラを取り戻しています。

そんな彼女を見ていると、、、。次のような言葉が頭に浮かびました。

「乗り越えられる人に与えられた試練」。

だってね。気丈な彼女だって最初はめげちゃったほど。あれ、年老いたお婆ちゃんとか、そのへんの同年代の女性とか、普通の人だったら、あんな風に蘇っていません。未だに入院してたり、気落ちしたり、怪我の具合ももっと大変だったかも!?


彼女には悪いけれど、「まだ、彼女で良かった、、、」と不謹慎なことを考えてしまいました。不死鳥のごとく蘇り、もとのようにランランと輝ける女性であって、良かった、、。(バルセロナ市からは賠償として入院費や治療費はまかなってもらえることになりました)

前から危ないって言ってたのに、本当に大変な事故が起きるまで、市はなんの対策も取らなかった。
「見せしめの犠牲者になってくれよ、あんただったら大丈夫だからさっ」と神様が考えた、、??なんてことはないかなと。

・・そんなことを考えていた矢先だったので、今、私に起こっていることも、、、。
「そうか。私は乗り越えやすいから?まわってくるのかしらん」とも考えたのです。

転んでも転んでも、ものともせず、立ち上がれるっ!?

このテーマ、まだ続きます。
スポンサーサイト
私だから? | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示