スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日本語図書館の一時閉室のお知らせが届いていないという情報がまわっているので、このブログを偶然見る人もいるとは思えないけど、とりあえず出してみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会員の方より、一時閉室のお知らせが届いていないとの情報がありましたので、再送させていただきます。ご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

図書室の建物の構造上の問題により、
至急改装工事が行われることとなりました。
そのため、5月と6月の2ヶ月間、閉室とさせていただきます。

*工事中、図書室をご利用いただけない期間の会費については、
5月以降のお支払いを2ヶ月あとにずらすことで相殺させていただきますので、ご了承くださいませ。
例:5月に更新の方は7月に、6月に更新の方は8月がお支払い月となります。

*現在貸出中の本に関しては、返却予定日に関わらず
改装工事終了後、7月中にご返却いただければ延滞とはなりません。

皆様にご迷惑をおかけいたしますが、
7月より新たに生まれ変わる日本語図書室を
どうぞよろしくお願いいたします。

工事の進捗状況などはHPまたはFBで随時ご報告いたします。
http://bibliotecajaponesa.wordpress.com/
https://www.facebook.com/bibliotecajaponesa



・・

バルセロナの日本語図書館とは、週に2日だけオープンしている図書館です。
やしま、山鳥、遊などの日本食レストランを経営している山下グループの好意で場所も貸してもらい、いろんな費用も捻出してもらっています。場所は日本食レストラン遊の上です。

最初は帰国の人たちが置いて行った本からスタートしました。今でも本の寄付はあり、私も処分したい本を持っていったことが何度かあります。現在では日本のブックオフなど、きれいで安く古本が買えるようになったので、それで在庫もどんどん増えました。スペイン関連の本や、まんがから子供用の本まで揃っています。

年に1度は古本市を開催し、ダブった本を売り、それが次の本購入費にもあてられたりします。

普段の運営はボランティアスタッフの働きでやっています。
その図書館の顔ともなっているYちゃんが私のバルセロナ生活1年目からの友人です。
日本語図書館の手伝いをするよ、といいつつも、ただの会員だった私。

といっても、猛烈に本を借りるとき(夏場)もあれば、何ヶ月も行かない時もあります。
水曜日・土曜日の数時間ずつなので、時間があわなければなかなかいけないんですよね、、。
すごく暇という時がなければ、本を読む時間もなければ、借りにいって、返しにいって、というのが億劫に感じてなかなかいけません。

昔は活字不足だったので通っていましたが、今はネットもある時代なので、それほど飢えていないのもあります。


その日本語図書館のお手伝いが、最近、とあるきっかけでスタートしました。
ボランティアの一員として加わると、連絡も来るし、みんなが大変なことも分かるので、がんばって顔を出そうという気にもなり、今までのように「あまり時間がないから」という言い訳も出来ません。

とはいっても負担になりすぎるとボランティアは続かないことも分かるので、無理しないようにしつつ、、。

今回は図書館の建物の構造上の問題から、急に工事が入ることになり、全部の本を箱詰めする手続きなどをやることになりました。

この図書館の一時閉室のお知らせを全会員にメールで送るか、メールのない人には全員に封書で送るという作業もありました。メルアド自体をパソコンに保管などもしていないので、いちいちめメールアドレスを入力したり、切手も貼って、封書の宛名書きという作業も。これらは手伝えなかったですが、こんな作業もやっているなんてこと、ボランティアスタッフじゃなかったら知らなかったことです。本当に頭が下がります。

図書館の箱詰め作業は数日手伝えましたが、初日にして腰痛が出た私に皆さん協力もしてもらいました。家族で来てくれた人もいらっしゃったり、たくさんの新しい人に知り合いました。

実名を出して良いのかどうか分からないので控えますが、山下グループのY子さん。
いつも最後、皆さんをねぎらってくれ、明るくて盛り上げてくれる方で、本当にいつもすごいなと思います。
なんの利益になってないばかりか、出費になっているばかりだと思うのですが、この図書館があるのもY子さんたちのおかげです。

スタッフで一番活躍してくれたご夫婦が、「自分は片田舎で1年生活をしていて、活字不足になっていて、日本語図書館に救われた。最初に本を借りて読んだ時に、1年分のものがすっと身体から消えていくのを感じた」とおっしゃっていました。

私も今でこそネットがあるから大丈夫なんて言っているけれど、ずいぶんお世話になったなとあらためておもいました。

公共資金ももらわず?みんなの好意と協力で、今までずーっと続いている日本語図書館。
そんな素敵な場所があること、たくさんの皆さんに感謝したいです。

話がそれましたが、古本市でお手伝いしてくれたボランティアだったのに、今回一時閉室になることを知らなかった人もいると聞きました。もう知っているだろうと思わず?、日本語図書館会員だろうと思われる皆さんに、「2ヶ月の閉室知っている?」と聞いてみてください!

そのおかげで知らない方が減れば、それもご協力の一環です!
みんなで手伝っていきましょう!
スポンサーサイト
お役立ち情報 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。