スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
東京オリンピック開催になりましたね!
おめでとうございます!!!

実は、「日本はその前に被災地や福島の汚染水問題など、やることあるでしょう!?」と個人的には思っていました。

でも東京都が主導しているのかな?と思っていて、日本全体というイメージもなかったので、東京都がやりたいなら、他の県民や海外組に文句を言う権利はないかな?とも思っていました。

でもいざ決まってみると、東京だけではなく、日本全体にとって明るい話題ですね。
やっぱり明るい話題って良いと思うのですよ。
暗いことばかり考えるのはよくないし、人が喜んでいる姿、笑っている姿、一生懸命やっている姿を見ていると、こちらも気分が晴れてくるものです。

被災地で元気に加藤登紀子さんのコンサートで歌っていた子供達も思い出されて、あんな風に、子供達が「自国でオリンピックが開催される」という特別な体験を、キラキラ輝く目で楽しんでいる様子も浮かんできました。(←勝手な想像しすぎ??)

決まったからには是非、素晴らしいオリンピックにして欲しいです。
さすが日本と思えるような!
日本に来た外国人や選手や、テレビで見ている世界中にも、日本をアピールする良い機会ですね。

・・

ところで、東京オリンピックの最終プレゼン、ご覧になりましたか?
海外からは見れない動画が多かったので、ニコニコ動画で最初から最後まで見ました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21777939

これを見ると、自動的に最後のビデオまで切り替わって、一度に見れます。ちょっと長いな、、と思いつつ、見たけれど良かったです。


見た一番の感想は・・。
同時通訳の人、大変!!
上手な通訳の人と、下手な人とはっきりしていましたね。首相の通訳は上手な人でした。
ニコニコ動画はコメントが入るので、通訳が下手だの、なんだの、うるさいコメントがたくさん出ていましたが、同時通訳って、普通の通訳の100万倍難しいんですよ!

通訳ってまず2言語を操らなくてはいけない。
海外在住が長いと通訳って簡単にできると思われたりしますが、海外が長いとスペイン語で考えて、スペイン語でしゃべっているので、もちろん言っている意味は完璧に分かるけれど、かえって日本語が出てこない、という現象に陥ることがあります。

日本にいた時の方が通訳は上手にやれたと思う。あの時は頭の中に2言語が平行して存在してたので。
今はスペイン語で聞くときもスペイン語しか頭にないので、日本語を取り出すのに苦労します。
まったく違う2言語を頭から取り出して、相手に分かりやすいように伝えるとは難しいことなのですよ。

それに、日本語は文章の並び方が外国語と違います。
動詞が最後に来るというのが同時通訳者にとっては最大のネックです。
本当の意味では、「同時通訳」はできません。
最後まで聞くまで分からないし、そこまで聞いてから、最初の頃に聞いた動詞をいそいで付け加える。
前から訳ができるところは訳を工夫して可能ですが、どうしてもそれができない文章もあるのです。文章構造的に。

だから一歩や2歩どころか、3歩も4歩も時間がずれていくのです。
最後まで聞いてから、全部しゃべっていると時間がなくなっていくため、一番のポイントを的確に、一言で伝えなくてはならない。
そんな苦労も知らずに、「訳を省いた」などと言う人がいますが、逐一訳はできないんですよ!

それから同時通訳の人は、事前に原稿が渡されたり、概要の打ち合わせがあるんですよ。
完全なるぶっつけ本番ではないのです。
テレビでは各会社が自分の通訳を使っていたりするので、本当のぶっつけ本番。
あれは本当に大変です。

おひとりすごい通訳の人がいましたが、彼女は完全に文章、ずれていました。
それもすごい。
どうして先のものを訳しながら、今しゃべっていることを別の耳で聞け、記憶できるのか?
訳す時には頭も使うと思うのですが、そうしつつ、今しゃべている文章を聞き取るのってできるのんでしょうか?

つまり同時通訳者は、2言語と、2つの違う文章が、いっぺんに頭の中に存在するということです。文章が4つ!?
そんな聖徳太子みたいなわざ、絶対に難しいですよ!!!

おひとり、全然訳ができていない、日本語めちゃくちゃ、無言が多いみたいな通訳さんがいましたが、ああ!気持がわかります。私があの場にいたら、この人ぐらいにもしゃべれないだろうな。


私は人が通訳している場面に出くわすことがよくあって、今の訳は間違えたなんて陰で言っている人がいるのも見ますが(間違えたなんていちいち言っているのは、日本語のできるスペイン人です、、。)、通訳者はいくら場慣れしていても、緊張してます。観客席にいる人とは全然状況が違うんですよ。

私よりもずっとスペイン語ができて、日本語通訳にも慣れている人が、ちらっと誤訳をすることもあるので、あの緊張とストレスの中でしゃべるのは大変なことなんだろうと想像します。陰口を言っているひとは、実際にあの立場にあったら、あわあわしているだけでしょう。


次にすごいなと思ったのは、質疑応答の時の、東京都知事と安倍首相です。
東京都知事は交通手段についての質問に答えたのですが、その質問に最初に答えていた方は全然答えになっていない返答をしてました。(よくスペイン人がやる、常套手段?ですが、、)
そこで登場したのが東京都知事。
数字も挙げて説得力もあり、良かったです。
数字というのは人を説得させるので、大変反応が良くなります。

あの時、ぱっと東京都知事に切り替えたのが良かったです。
「俺に話させろ。日本語で言う」というメモでも渡したんでしょうかね?


もっと驚いたのは安倍首相です。
実は私はこの安倍首相の演説が一番聞きたかったのですよ。

・・というのは、複数のスペイン人に「原発問題は解決したんでしょう」「完璧にコントロールしてるんだってね」と言われたのですよね。あの演説の後に。

こちらでは以前から、日本よりもよく汚染水の問題などが新聞に乗ります。
スペインで記事が一面に掲載された前後、日本では何もニュースになってないこともあるのですよ。
日本が隠しているのか、小さな記事にしているのか、海外が大げさなのか分かりませんが、、。

だから不安に思っていた人が多かったと思うのですが、あれはある意味、日本は放射能問題を解決させたと、世界中にアピールした形となりました。

でもあれって本当なんでしょうか?
最近でもまだ汚染水問題がニュースになっていたばかりだと思うのですが、、。

なのに、オリンピックの最終プレゼンの席で言ったひとことだけで、スペイン人、ころっと信用しちゃったよ、というのに好奇心をかき立てられたのですよね。

いやー、ビデオを見て納得しました。
あれはだまされる。

首相、演説うまい。
常日頃、スペイン人の政治家の口のうまさに感心することは多かったのですが、我が国の首相があんなにうまいと思ってませんでした。

落ち着いているし、説得力もあるし、数字も挙げるし、最後は質問と全然関係のないエピソードまで加えてアピールしてます。さらなるプレゼンテーションの場になっている。途中で見たビデオの内容説明にもつながるし、質問されたことは想定していたと思うので、最初から最後まで計算づくなんでしょうか?

私の人生で初めて、日本の政治家に感心しました。
あれが嘘八百だったらもっとすごい。

これだけは確信もっていえますが、安倍首相以外の人が首相の時代だったらどうなっていたことやら。
安倍さんの時で良かったね!と思いました。
英語もできるし。


投票寸前の3カ国のビデオアピールの内容も、日本が圧勝でしたね。
気合いの入った日本を感じました。

日本も途中のビデオの紹介の中で、観光っぽいところがありました。
ニコニコ動画では「観光案内じゃないか」というコメントも出てましたが、投票権を持つ人たちの間で、あの美味しそうな寿司を見て、「次は日本で、寿司接待されるのもいいな」と思った人も絶対にいると思います。今寿司ブームですしね!

オリンピックではないですが、私は某国の、某スポーツ関係者の御偉いさんたちと接したことがあります。どの人の印象もこんなこと言っていいのか分かりませんが、「腹黒そうな人たち」でした。笑。権力だけ持っていて、私利私欲で動きそう、、、。あの印象があるので、「そうだな。日本でついでに観光するのも悪くないな」と思った人もいそう、、という印象です。(←まったく根拠無しなので、聞き逃してください)



トルコのプレゼンもエモーショナルだったとこちらの記事では出ていました。(近隣国の情勢もあるでしょうが)負けた原因は日本の8km以内という立地のすごさじゃないかと出ていました。トルコは遠かったそうなので。

スペインではアナボテーリャという政治家(現マドリッド市長)が、英語ができなくて、質問と全然違う回答をしてしまったということに批判沸騰中です。しかし東京都知事の発言のように、カバーする人がいなかったのなら、彼女だけの責任ではありませんね。(スペインのプレゼンはまだ見てないので分かりません、、、)

何はともあれ、日本の皆様、東京の皆様、おめでとうございます!!!

<追記>
海外でも見れるビデオを見つけました。

安倍首相の質疑応答場面だけでも見てください!
スポンサーサイト
■ひとりごと | コメント(1)
コメント
Re: No title
スペインでの汚染の記事がぴたっと止んだので、首相のでまかせ?発言効果かと思っていましたが、。。
スペイン人に「東京オリンピックを誘致させないために、スペインでは記事をたくさん出していた意図がある」と指摘を受けました。

ぴたっと止んだのは,もう関係ないから??
そう思うと、どちらの国もマスコミとは勝手なものだと思わないでもありません。
何を信じていいか分からないですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。