スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今あちこちで宣伝していますが、引っ越しのため、13年住んでいたアパートを出ます。

小さな欠点はあるものの、眺めがよくて、便利がよくて、住んでいた地域がとっても好きでした。

値段も高くないし、大家さんもきちんとした人なので、誰か興味ある方いないかな?と思って、宣伝します。別に私が探さなくてもいいんですが、、もったいない気がして、、。

家賃620ユーロ(安いですよ!!)
4部屋。
といっても1部屋は大きくありません。
私は主寝室、お客様用寝室、サロン、仕事部屋として使ってました。

ひとりで住むには広くて、二人で住むにちょうどいいぐらい。
部屋が3つあるので、もちろん3人で住めば安くあげられます。
昔はスペイン人の男の子が3人でシェアーしていたそうです。

8階でエレベーターつき。
ガス式。

私は9月末まで契約していますが、もっと早く出ていくことも可能です。
家具なしのアパートですが、希望者がいればちょっと家具を追いていくことも可能です。

スペインではavalという保証金制度があり、半年分の家賃を入れた銀行口座を作る、、などの大家さんが多くなってきましたが、うちの大家さんはまだ2か月の保証金を預かるだけです。私の前の子は全額返してもらってました。部屋のチェックも一切なしに、、、。


部屋の写真をまたアップしますが、窓からの眺めだけ。
pisosants (2)
目の前に何も建物がないので、開放感があって良いです。
カーテンがなくても、裸で歩いても、誰にも見られません!

pisosants (1)
ちょうど真ん中あたりにある茶色の長い屋根の建物が図書館です。
本も借りれるし、勉強にも行けるし、ネットもできます。

pisosants (3)
写真の向きがずれてますが、真正面にティビダボ山が見え、夜は教会がライトアップします。



場所は地下鉄1号線と5号線、すぐ近くです。
ちょっと歩けば3号線もあって、とても便利です。
サンツ駅にも、サンツ駅横の長距離バスセンターにも歩けるので旅行好きな私には便利でした。

真下に肉屋、パン屋、スーパーCondis、八百屋があります。
その裏に図書館、SSの病院診察所、Centro Civicもあり。

お祭り好きのところもとっても好きでした。
パッカパカーンなんて音で日曜日に目覚めることも多かったし、plaza de Santsではしょっちゅう、青空市や出店も出てました。

友達が引っ越したところが、移民が多くて、夜はラティーノがうるさくて、パン屋も近くになければ、美味しいバルもない、本当におもしろくないところだ!と言っていて、バルセロナにもそんなところあるんだーと思ってしまいました。

そう思うと、このサンツ地区、幸せだったなーと思っています。


スポンサーサイト
■ひとりごと | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。