DSCF7752.jpg
巡礼中にワインがただ飲みできる場所がある、という噂は大昔からよく耳にしていました。巡礼に行くと決めた時から、一番楽しみにしていた場所です。


DSCF7753.jpg
5日目その2。イメージ的にはワインが湧き出る泉か蛇口が村にあるというものでしたが、ここはワイン酒造所メーカーだったんですね。なるほど。

ところでこのワイン。不評でした。カップになみなみと注いだのに、うえっと全部捨てちゃう人も。

いやー、そこでどんなに不味いワインでも、捨てるなんて!と思ってしまった私は貧乏性なのか、真の酒飲みなのか!? ビュッフェでも、いったん皿に載せたものは責任を持って食べなさいと言うように、ここでがっと捨てちゃうのを見て、「もったいない」と思ってしまいました。まずかったらお代わりはないけど、注いだ分は責任を持って飲むな、私は(笑)。ということで普通に私は飲みましたよ。

美味しいワインを飲み慣れている人はちょっぴし味見程度にしましょう。無料ですからね。どんなにワインメーカーが太っ腹でも本当は買って欲しいわけで、おいしいワインは期待できません。

巡礼者データによると、2011年の巡礼者数は18万人強。2010年は過去最高の27万人越えだったそうで、この村を通った人はもっと少ないとは言っても(一部だけ歩く人も多いため)、すごい数字ですよね。そんな人たちにガバガバ、ワインを飲まれちゃったら、大変な損出です。

ランチでこのワインをペットボトルに入れて飲んでる人もいましたから、ワインぐらいたまには飲みたいけれど、お金ないなあっていう巡礼者用だと思えばいいですね。私たちみたいに毎日一人で1本か2本(昼も夜も)飲んでいるような巡礼者はお金を払って飲みましょう!?


DSCF7757.jpg
同じ村にあるIrache修道院。
トイレを借りたり、スタンプ押したりしながら、木陰で休憩しました。

P1150859.jpg


DSCF7759.jpg
休憩後、再びドイツ人ルカス君と歩き出しました。
しゅうさんと2人で双子みたいな後ろ姿。

DSCF7761.jpg
DSCF7763.jpg
DSCF7770.jpg
DSCF7771.jpg
DSCF7769.jpg
DSCF7773.jpg
今日泊まる予定のVillamayor de Monjardinの街につきました。

DSCF7774.jpg
こんな広場があります。

まず最初に公共のアルベルゲへ。
公共ってあまりキレイじゃないところが多いですが、しゅうさんが「ここは嫌だ」と言いだしました。もう1つ別のアルベルゲがあったはずだけれど、こちらは老朽化のため閉鎖したばかり。

他の宿泊施設はというと、Casa Ruralがあります。田舎の一軒家タイプの家庭経営のホテルです。見せてもらうとかわいいし、お値段も高くありません。1日ぜいたくすることにしました。



DSCF7783.jpg
DSCF7784.jpg
DSCF7787.jpg
DSCF7785.jpg
DSCF7789.jpg
DSCF7788.jpg


DSCF7775.jpg
宿が決まったら、村の広場にお昼ご飯を食べにいきます。
パエリャメニューがありますが、巡礼者の外国人用でしょうか。いまいちな感じがしたのでパス。

DSCF7777.jpg
自転車族も休憩。

DSCF7776.jpg
女の子ににらまれているかも? 子犬ちゃんがいたので、そちらを撮影したかったのですよ!

DSCF7781.jpg
この日のランチは大所帯となりました。右の写真の女性はアルゼンチン人。おもしろい人で、私達がバルセロナに帰る頃、歩かずバスで移動しているところに出くわしました。


P1150882_20130122203710.jpg
写真の一番右は一人で毎日35キロ歩くつもりのスペイン人女性。サラゴサ出身でエステか美容院かの仕事をしていると言っていたでしょうか。彼氏がいるそうですが、歩くのに煮え切らないので一人で歩いている、と言ってました。なんとなく歩き終わったら煮え切らない彼とは別れるんじゃないか?という気がしちゃいました。


P1150881.jpg
ドイツ人ルカス君はもっと先まで歩くつもりだったので、サラゴサの彼女を次の旅仲間として、去っていきました。

ここでルカス君はコカコーラを買おうとして「高い」とやめていたのを見て、初めて、長い旅人はお金の節約をしなくっちゃいけないというのを実感しました。というのはバルセロナの観光地に比べれば、全然高くなかったからです。毎日外食している私達とは違うのですよね。

写真にはうつっていませんが、一人旅の韓国人女性とも長いおしゃべりをしました。
この日はたくさんの人とおしゃべりした1日でした。


DSCF7806.jpg
食後はお散歩。

DSCF7802.jpg
DSCF7817.jpg
DSCF7820.jpg
出た! この村でも庭師が力作を発表!?

DSCF7821.jpg

さて。この日、ちょっとした事件がありました。
スポンサーサイト
フランスの道 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示