Obanosの村へ到着。宿の前のベンチにのんびり、しゅうさんが待ってました。宿はまだ閉まっていると。そんなに急がなくてよかったんですね。

ちょうど私が到着する頃に巡礼宿があいたのですが、アットホームな宿でした。
DSCF7528.jpg
広いけど人があまりいないので、好きな場所を取り放題。

DSCF7529.jpg

DSCF7531.jpg
中庭があったので太陽の下で洗濯物が干せました。

ここの宿で知り合ったのは、、。


・日本人のおじさん。イタリアからフランスースペインと何ヶ月も一人旅している人。巡礼終了後、バルセロナで一度会いました。
・マドリッド在住の韓国人の若いお母さんと2人の子供。本当に小さい子で、5歳と7歳! こんな小さな子も歩くんだなー。5歳ですよ??どうかしら?と思ったようだし、突然歩きたくないーと言いだすこともあるそうですが、案外がんばって歩いているとのこと。
・グラナダからの男の子。思ったより距離が歩けず、お金がなくなってきたので、今回は最後まで行けずに帰ることになりそうだと残念そうでした。
・イタリア人の男性。実は全然記憶にないのですが、メモに書いてありました。たぶん国名ぐらいしかおしゃべりしてないんでしょう。



DSCF7532.jpg
さて、お昼ご飯です。
DSCF7533.jpg
DSCF7534.jpg
DSCF7535.jpg



このObanosの村は、アラゴンの道で一度通った村で、通りすがりでしたが、2人とも「素敵な村だな」と気に入って、絶対に観光したいね!と言っていた村でした。

obanos (3)

obanos (4)

obanos (9)
スポンサーサイト
フランスの道 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示