スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSCF7381.jpg
牛追い祭り目前ということもあり、町はお祭りムードです!

DSCF7404.jpg
DSCF7433.jpg
薬局では巡礼者の足用のクリームなども売ってました。
さすが巡礼の町!?

DSCF7416.jpg
闘牛になりきって突進している男の子。隠し撮りしようと思ったら気づかれました。ちなみにこのタイヤ付き牛の頭がお土産屋さんで販売しています。そして絶対にスペイン親父たちが冗談で牛のふりして遊んでます。
ちなみにそんなおばかさんなこと?をするのは、必ず男性なんですよね。おばさんや若い女性が闘牛になったふり?ってのは見ないですが、男性は年齢を問わず、よく見かけます、、、。ぷっと笑っちゃいます。
DSCF7419.jpg
街角には闘牛士の大道芸人。

DSCF7455.jpg
広場はお祭りモードで、たくさんの子供達が遊びまわってました。音楽隊も。

DSCF7459.jpg
DSCF7462.jpg
DSCF7397.jpg
大きな街なので、続々到着する巡礼者たち。

パンプローナの宿は大きく最悪の口コミだったのですが、思ったよりきれいな宿でした。(しかしシャワールームは汚く、ベッドマットはダメ)
DSCF7384.jpg
写真に写ってますが、お隣のベッドはオーストラリア人カップル。なんと!新婚旅行で巡礼に来たんですってー、素敵!ご主人の方はスーパーフレンドリーで優しい人でした。巡礼のあとはパリで豪華な滞在もするそうで、いやー、思い出に残るハネムーンですね!

DSCF7428.jpg
もともとは修道院だったかな?こんなホールもあります。

DSCF7430.jpg
夏にぴったりの中庭まで。


DSCF7385.jpg
パソコンも完備。気に入ったのは左の足マッサージ!!
私的にはすごおおくよくて、思ったよりずーっとよかったです!!
・・が、しゅうさん曰く、日本のマシーンに比べたら全然ダメなんですって。日本のお母様に買ってあげたそうですが、ふくらはぎだけでなく、足の裏のほぐしだけでもいろんな方向にマッサージしてくれて、日本製は本当にすごいらしいです。話を聞くと断然欲しくなってきましたが、大きすぎて持ち帰りは難関だなあ。

ちなみに私がやっているを見て、スペイン人は興味しんしん。でも勇気が出ないようで、真似をする気になったのは1人だけでした。温泉で気軽に機械を使う私達とは違いますね。


さて、2日前にも食べたお気に入りのバル!早速ランチに出ました!!!

DSCF7391.jpg

DSCF7390.jpg

DSCF7388.jpg
DSCF7389.jpg
DSCF7394.jpg

あー、うまい!
同じ店に夜も行っちゃいました。昔24時間に3回訪れた私ですが、2日で3回訪れる私達も負けてません!?

これ以上食べ物の写真ばかり出すのはやめておきますが(もっと食べました)、びっくりしたことに、来る度にピンチョスの種類が違う!ほとんど全種類食べてるつもりなのに、さらに違う種類が出てくるなんて、本当に立派な店です。


さておなかいっぱいで、幸せに寝たはずの夜、私、すごい悪夢を見たのですよ。
スプラッターで血がいっぱい出る夢で、強烈に強烈に覚えています。映画みたいにリアルで、人が殺されるところや死後の場面を3つ続けてみました。テレビ見てるみたいに次々と場面が変わって3つも!!

人生であんな夢、1つだって見たことありませんよおおおっ!!!! 朝起きたら2つしか記憶になかったけれど、一部をしゅうさんに語ったおかげで、2場面は今でも鮮明に覚えています。(自分で怖すぎて全部語れなかった)なんだったんでしょう?

あのアルベルゲ、、。昔、誰か何かあった??。
誰か霊感の強い人に、あのアルベルゲ行ってみて欲しいです。ちなみに私には霊感はありません。(ないと信じたい)しかし巡礼中ちょっと変な場面に遭遇したのは(今回は夢だけど)2度目です。大勢の人が歩く道筋には良いものも悪いものも宿りがちだと誰かいってましたが、そんなことってありますかね?

書きながら自分で怖くなってきたので、このへんで。
今日は20.5km。楽勝コースです。昨日と合計で約45.5km。

そうそう。初日のアルベルゲであった、呼吸器をつけていて歩みの鈍かったスペイン女性が遅くに到着していました。今,ついたの!?と驚く時間に・・。すごいなあ、。。脱帽です。

スポンサーサイト
フランスの道 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。