韓国料理Seoul

2010/09/09 Thu 09:37

スペインでは週末の朝早い時間に地下鉄に乗ると、朝帰りの若者達に遭遇します。スペイン若者の週末は夜中12時から踊りに出かけ、朝5-7時に帰ってきます。


先日、朝早く地下鉄の切符改札を通ろうとすると、朝帰りの若者に遭遇しました。20代らしき、かわいい男の子4人組。皆、それぞれ手に地下鉄の切符を持ち、改札の向こう側(つまり地下鉄内)で、なにやら騒いでいます。あきらかに酔っ払っている様子。

近くまで行って気づいたのですが、なんと!そのうちの1人が、中から地下鉄の切符を機械に通そうとしているのです!!そして「通らない」と騒いでいます・・。

・・・・・ 


スペインでは入るときに切符を機械に遠しますが、出るときはフリーパスです。地下鉄の改札を既に通っていて、中から切符を通すというのは変。当然ながら機械には通りません。

・・この人たちは切符を通し忘れて、律儀に通そうとしているのかしら・・などと思いつつ、隣の機械に自分の切符を入れて、改札を通りました。すると・・!?

おおおおおおお!!!
若者4人がどよめくのです。
まるで私がすごいことをやってのけたかのように!!

私は急いでいたので、横を通りすぎて階段を降りかけていたのですが、「よし!向こう側だ!」と、そのうちの1人が突然改札バーを飛び越えました! 酔っ払っているので、かなりがんばった!という様子で。身体も重そうでしたがどうにか飛び越えました!!残りの3人は、また、どよめき。「No puedo(飛び越えられないよ!)」などと悲観的な様子で騒いでいます。




・・・・・ 




何故、頭が疑問符でいっぱいになったかというと、出るときはフリーパスのスペイン。別にバーを無理に飛び越えなくても、改札口のすぐ隣のドアから誰でも外に出れるからです。その駅もすぐ隣に出口のドアがあり、老人でも犬でも?押せば外に出れるようになっています。



明らかに酔っ払ってましたが、4人の行動は漫画みたいで、後から何度思い出しても笑えます。時間があれば「何をしたいの?」と聞いてみたかったところです。もしかして改札を出たいだけだったのかしら。地下鉄はフリーパスですが、国鉄では切符を通さないと出れない駅もあるので、切符が通らず外に出れない!!と思ったのかもしれません。隣にすぐ出口のドアがあることは気づかずに。あはは。


brog 069
本題ですが、今日は韓国料理店Seoulへ。サグラダ・ファミリア近くのお店です。



brog 065
韓国料理も中国料理もそうですが、野菜がたくさん食べえるところがいいですね。

brog 066
麺が食べたくなって、チャプチェ。


brog 067
おなじみビビンバ。3人で夕食の予定だったのに、急に体調を壊した子がいて、2人です。

brog 068
2人なのに、食べすぎ? 身体があったまりましたー。


バルセロナの韓国レストランは他に、
グラシア地区のSan Kil。
大学近くのHanin。
料理人の奥様が亡くなってしまったので、本国から別の料理人が来ているという、通称李ーさんの店。(本当の店名は知りません)などがあります。

そのうち、今回行ったソウルはわずか2度目で、一番少ないかな?。
スペイン育ちらしい、スペイン語の流暢な韓国人のお姉さんがいます。



スポンサーサイト
和・アジア・エスニック