日常的にはたいして経済危機の実感のない毎日を送っていますが、さすがにスペイン政府からは最近はたくさんの改革が発表されています。ヨーロッパの国々に怒られちゃいますからね。

まずは消費税。
日本ではまだまだ議論してますが、買い物にかける税金が一番公平な気がしますが、どうでしょうか?
相続税や住民税、所得税などから自動的に取られちゃうよりは、買い物をするかしないか、個人が自由に選択できるわけですから、納得できる人が買えばいいのです。

日本は増税に反対した政治家が離党をしているそうですが、じゃあどこから収入を得るのかという具体案は何かあるんでしょうか?税金があがるときついですが、理想だけでお金は入ってこないのです。


スペインは不況になる前は16%の消費税でした。
しかし不況になってからは早かったですよ。すぐに18%に値上げしました。(2年前かな?)
いつも手続きのおそーいスペインでは、異例の早さだったと思います。

今も数日前には「消費税は今のところあげない」とラホイ首相が宣言してましたが、今日は21%に値上がりすると発表されました。舌の根も乾かないうちにびっくりですが、仕方ないでしょうね。
(ちなみにラホイ首相は就任後、次々に、公約を撤回しました。野党なんて、どこもそんなもんです。)

日本もぐだぐた論議していないで、一刻も早く行動に移すべきでは??


スペインの消費税の良いところは、国民の生活に必要なものは税金が安くおさめられていることです。
洋服や靴など普通のお買い物消費は18%が21%へ値上げします。
交通費や外食費などは2年前に8%に値上げしましたが、これが10%になるそう。
食品や本や一部の薬などは4%で、値上げせず。これは2年前にも値上げしませんでした。

日本も一律挙げようと思わずに、食費など、生活に必要なものだけでも税金を安くおさえればいいのに。
食品も税金の高い食品もありますが、野菜、フルーツ、牛乳、パンなどが安いです。
それが国民の最低の生活を守るということですね。


ヨーロッパは消費税が20%のところも多いですし、北欧やルーマニアやポルトガルなど25%前後です。
他のヨーロッパ国のレベルになるだけだ、ということで、まあ、仕方ないと思っているようですね。

さて、スペインの改革まだまだ続きます。
スポンサーサイト
■社会・経済などまじめな話 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示