スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スイス航空情報

2012/01/11 Wed 14:22

帰国すぐに、由布院&別府の鉄輪温泉に旅行して、さっき佐賀へ帰ってきました。
羽田空港で暇な時間に書いたブログネタをアップしておきます。
参考になるかもしれないので、どうぞ。

今回の飛行機。
スイス航空ですがバルセロナからの飛行機が30分以上遅れて出発しました。

乗り換え時間が少なかったので、間に合わないかも、、とも思いましたが、小さな空港なこともあり、スムーズ。重い荷物を持って、走ってゲートへ急いで、へとへと!しかし飛行機が到着して20分後にはゲートへ到着できました。20分!びっくりです!!

このチューリッヒ、乗り継ぎに手荷物検査がありませんでした!




去年も同じルートでしたが、去年は確かに検査あったんですよね。知り合いがバルセロナから同じ飛行機に乗っていて、その人の目の前で、荷物を出されたら恥ずかしいなーと思って、ずらして(笑)検査に並んだ記憶もあるのです。移動途中、エスカレーターが見えてきて、「ここをあがったところが荷物検査だったな」と場所までちゃんと覚えていたので、絶対に確かです。エスカレーターをあがると記憶どおりに荷物検査場がありましたが、真ん中はただの通路になってました。荷物検査がない!ヨーロッパで乗り継ぎ空港で荷物検査がないのはフィンランド空港だけだと思ってましたが、チューリッヒもなくなったんでしょうか!

乗り継ぎなんだから手荷物検査、なくてもよいと思いませんか?
バルセロナでもやって、乗り継ぎ先でもやって、どうして2度もやらなくっちゃいけないんでしょう!
どこかで他人から荷物が受け取れてしまう空港であれば困りますが、手荷物検査を受けた人しか内部に入れないようになっていれば、そのままでもいいはずです。

・・・しかしこれは利用者からの意見ですが、スペインの検査なんて信用できるか!とイギリスドイツあたりには思われてるのかもしれません・・・・。(実際スペインでは甘いのに、ドイツ、イギリスは厳しいです)

マイレージがつかなかったのでスイス航空は2度と使わないことにした私ですが(注・私の場合ですね)、荷物検査がないのには心が動きました。それと機内にニコニコしたスチュワートのおじさんがいて、みんなに幸せオーラを振りまいてました。外国は怖い(?)キャビンアテンダントも多いし、スペイン在住のせいか、スイスの優しいー♪雰囲気は癒される思いになることも。


話は戻りますが乗客少ないな・・と思ったら、天候のせいで遅延便が多かったのか、ハアハア搭乗券を握りしめて走って入ってくるお客さんがたくさん、いました。「あとはパリ便待ちです」とキャビンアテンドさん同士が報告してるのも耳にしました。スイスも意外とハブ空港になってるんでしょうか。

荷物は間に合わないかなと思ってましたが、飛行機出発も少し遅れ、最後には放送で「乗り継ぎの方の荷物の積み込みをやっているので遅れています」との案内が。おお!だったら私の荷物も到着しそうだと思ってたら、無事到着しました。

最近の航空会社はお客さんも荷物も待ってくれないイメージがありましたが、スイス航空、その辺もポイント高し!です。

日本国内便は、初めてANAを使いませんでした。
実はマイレージが貯まるまで待ったせいで、国内の予約に遅れをとってしまい、片道で3万近いチケットしか残っていませんでした!(涙・涙・涙)

2月はまだ1万3000円ぐらいのチケットが残っていたので、ただ単に私の予約が遅かっただけですね。
(しかし帰りはJRパスで旅することにしました)

普段はマイルを使うか、片道1万円のスターアライアンスのジャパンエアパスか、往復で2万4千円というvisitジャパンのチケットが買えます。しかし今回は特別航空券が使えない期間だったのです。(今年は1月9日まで使えず・・)

本来は使える時期まで待つのですが、今回はアフリカ在住のいとこに会うために早めの帰省だったので仕方ないですね。しかしどうにか安く帰りたい・・。

ネットを見ると佐賀空港行き、十分余裕があります。安いチケットを冬休みに売りたくないのは分かるけれど、学生が使うスカイメイトのように、空席があったら当日売ってもよいと融通を利かせてくれてもいいのに!ANAさん、見てたら改善お願いします!(見るはずもないけれど、先日からANAに要求ばかり書いてます。笑)

毎年搭乗率アップに貢献しようと、ANAの佐賀便を使っているのですが、さすがに片道3万はあきらめ、生まれて初めてスカイマークという格安航空会社を使いました。割引ありで1万8500円でした。

帰って1日たってから、親戚と由布院へ。1泊2泊旅行のはずだったのに、到着した昼頃に「明日は別府の鉄輪温泉へ泊まらない?」と誰かが言い出し、誰も反対することもなく、6名で翌日は別府へ。6名もいて、誰も異議なく、旅行が変更できちゃうところがすごい!従妹は、アフリカへの帰国前日の夕方に博多へ戻ることになります。うちの親戚はこういうお騒がせ親戚なのですが、想像通りの(?)旅行となりました。
スポンサーサイト
スペイン | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。