スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

誕生日第3弾!

2011/11/09 Wed 11:13

11月3日(木曜日)。誕生日第3弾を、家で祝いました。

昔は大勢で(日本人+スペイン人総勢20人、30人)フィエスタなどをやったものですが、だんだん年を取ってくると、大勢でわいわいするよりも、本当に仲のよい人だけでこじんまりと会いたくなるものです。

それは私の友人たちも同様で、フィエスタ好きの人もいないし、年齢的に落ち着いてきています。人見知りの人も多い。この人はどんな集まりに呼んでも大丈夫だろうという人はわずかです。


それもあって、今年の誕生日、ちょこちょこ祝う、というパターンになったのです。全員といっぺんに祝っちゃえば簡単なのだけど、もうそんな大勢パーティをやる雰囲気じゃない。違う友達と、回数を分けて祝うことになりました。


この日は学校時代からのお友達のレベッカとその仲間たち(レベッカの彼キム、誕生日に呼んでくれたマリッサ、スーパー感じがよいけどなかなか会う機会のないブランカ)の4人組と、大食い3羽ガラスの2羽パンダちゃんとEちゃんを呼びました。(あ。3羽目はもちろん私です)

そこに、お料理学校に一緒に通ったヘラルドとRちゃんカップル。カタルーニャ語の練習を手伝ってくれているモンセも来ることに。こじんまりした集まりのつもりだったのに、思わず大きな集まりになり、我ながらびっくりしました。人数数えてればいいのに、みんなが集合したときに、「え!こんなに集まるんだったけ? 飲み物、食べ物、椅子、すべて全然足りないんですが、、」とちょっと真っ青に。私も入れて10人でした。5-6人の感覚だったのに!!


もともと、今年レベッカのお誕生日のときお呼ばれしたときのように、夕方のおつまみのつもりだったのですよね。スタートはキムがその時間にしか来れないということで19時半だったのですが、Rちゃんやモンセが「遅れて21時になっちゃう」と言った時、「みんな帰っているかもしれないけれど、それでもいいなら、いいよー」と答えたのでした。

主婦もいるし、早く帰っちゃうかと思ってたら、ちゃんとみんな22-23時まで飲み食い。しまった!皆が夕食のつもりで来るのなら、もっと食べ物もいろいろ用意しておけばよかったです!!


私は今まで人を夕食に呼ぶときには、一応お料理してたのですが、お料理が得意じゃないのです。

でもスペイン人は、パン、ハム、チーズだけ、という簡単な会を開くので、お手軽でいいじゃない!私にも気軽にできる!と初めての試みだったのでした。


やっぱりこの人数のためのお料理は準備もお皿を洗うのも大変だったと思うので、この手抜きスペイン式パーティ、これからもやってみたいですね!


pb030334.jpg
軽食のつもりで用意したのは、たったこれだけでした。

あ。写真にはありませんが、ブラジルのパオ・デ・ケイジョも出しました! 一応それだけは作ってみました
ブラジル旅行後、ハマリ、先日ラテンアメリカの食材屋(Layetana通り)で粉を見つけたのですたが、量が足りなかった!でもみんな絶対に好きだと思ったら、やっぱり一番好評でした。あっという間に消えました!


pb030337.jpg
半分ぐらい食べちゃったあとですが、キムのおかあさんの手作りPanellets。コーヒー味などバリエーションもありました!お店のと変わらない味。


デザート、チーズ、ソーセージ類などは持ってきてくれた人もいたので、おかげで最後はそれなりにおなかいっぱいになったかな?


疑問なのですが、スペイン人って誕生日に呼ばれたら、必ずプレゼントを渡すものなんでしょうか?

私は仲の良いスペイン人に呼ばれたときはもちろん持っていきますが、持っていかなかったこともあります。その時は親友カルメンの彼の誕生日でした。みんなは持ってきていたけれど、私は「彼とはお友だちってわけじゃないから、いいだろうー」と思ったのです。

それからレベッカ本人の誕生日の時にも「必要なかったのにー」と言われたし(口だけ?)、マリッサの誕生日に呼ばれて、レベッカに聞いたにも「必ずしも必要ない。来てくれるだけで喜ぶわよ」と言われたのです。


実際、スペイン人の誕生日に呼ばれると、必ず一人ぐらいはあげていない人がいました。(友だちの連れなど、そんなに親しくないことが明らかに分かる人でした)、あげる人でも500円ぐらいかな?というプレゼントの人もいます。(メモ帳とか、キーホルダーとか、しおり、とか)

要するに、スペインでは気持ちが大事で、誕生日に来てくれればいいのよ!楽しくやりましょう!という感じだったのですよね。誕生日にあげるものは、仲良さ度で大きく変わる気がします。メンバーにもよるかも。


マリッサの誕生日では、レベッカの友だちという関係で、そんなに親しかったわけではないけれど、私は大好きな人なのでプレゼントを持っていきました。だから今回、もしかしてマリッサからはお返しがあるかも?と思ったのです。


ところがブランカからもプレゼントが!これにはびっくり。いつも笑顔で、かわいくて、おしゃべりで、素敵な人なのですが、過去にあった回数も数えるほど。友だちの部類にはまだ入っていないし、会いたいから呼んでみたのでした。

しかし今回ブランカも含めて、呼んだ人のほぼ全員が何か持ってきてくれたのですよね!


そうすると、なんだかプレゼント欲しさに呼んだ感じにならないだろうか?(笑)
私は彼らの誕生日、あげてないのに!!


Eちゃんや、突然呼んだヘラルド夫妻は、仲がよいけれど、突然だったし、まさか何か持ってきてくれると思わなかったのです。ましてやブランカは真実の仲良しの部類にはまだ入っていないと思うので、気を使わせちゃったんじゃないかと恐縮です!!しかもセンスのある、お金も多少かかってそうなプレゼントを持ってきてくれました。


そんなに仲がよい人じゃなくても、やっぱりプレゼントは小さなものでもいいからいつも持っていくべきだなんでしょうかね??人によるのかなあ、、、。スペインの習慣、まだまだ知らないことが多いです。


この日は新しく顔を合わせたメンバーも多かったのですが、みんながみんな相手を気に入ってくれて、「あなたには素敵な友だちがいる!」と褒められました!!私は幸せものです!


誕生日祝い、まだまだ続きます!

スポンサーサイト
■ひとりごと | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。