ゴシック風レストランへ行ってきました。

ゴシックな趣味の人は好みそうです。大きなテーブルがあったり、お部屋風な家具があったり、内装は素敵でした。ロマンチックにデート・ディナーをしたい方向き??
しかし、なんせ、店内は暗すぎ!! 暗くて写真が撮れません!!

P8200001.jpg

P8200002.jpg

ピンぼけ写真ばかりで、すみません。

暗くて写真が撮れない!!というのも理由のひとつですし、買ったばかりのデジカメが全然使いこなせていないのも、この悲惨な写真たちの言い訳です。オートでは暗すぎか、光りすぎてダメ。オートできれいに撮れないカメラは気に入らん!と思いますが、ポジティブに考えて、これは「マニュアル撮影が駆使出来るようになって、写真撮影が上手になるかも?」ってことでしょう!!きっと!

P8200003.jpg


P8200004.jpg


P8200005.jpg


P8200017.jpg

写真よりも、実際の方がずっと素敵な店内ですよっ!!

ちなみにワインリストは金色のペンのような手書きなのですが、店内が暗い上に、金色が反射して、どう読もうと思っても読めなかったです!!!座っていた席にもよるのでしょうけど。通訳が必要でした・・。

・・しかし内装は素敵でしたが、掃除はどうでしょうね?
私は椅子に白い粉が落ちていて、手にべたっとついてしまいました。汚れてるので吹いてもらえませんか?と伝えると、トイレに手を洗いに行っている間に素早く拭いてくれてました。対応も早し。しかしなんとなく、窓際は埃っぽかった気がしないでもありません。

そのせいか、そんなに清潔ではないイメージもあります。

しかしお料理は美味しかったです!

P8200006.jpg


P8200007.jpg
お通しが出てくるお店とは思っていなかったので、スタートから好印象です。

P8200008.jpg
スイカのガスパチョ。

P8200009.jpg
ガスパチョにはこれを入れます。


P8200010.jpg


P8200012.jpg

P8200013.jpg
イベリコ豚とホタテ。

P8200015.jpg
がっつり、肉。
・・夏なのに食欲が落ちないのはどうして?


P8200016.jpg
おなかがいっぱいだったので、デザートは二人で半分。

ホールは最後はお客さんでいっぱいでした。ホールはオーナーっぽい男性と、女性の二人だけで切り盛りしていました。2人だけって結構大変なんじゃないかな?と思う広さでしたが。
ちょっと待たされるかもしれませんが、それでもサービスは素早く、お二人とも感じは良かったです。


・・ところでこの日。ネット予約の40%引きで食事をしたのです。(飲み物などには40%は適用されません)
ちゃんと割引になっていたようですが、一人25ユーロ。

しかしそもそも、このぐらいのお値段にすべきじゃない?という話にもなりました。割引適用じゃなければ、40ユーロぐらい? 確かにイベリコ豚など材料は高そうですし、お料理も工夫がありましたが、普通に30ユーロぐらいで夕食済ませたいよね、と、最近、「バルセロナって高すぎじゃない?」モードの私は思ってしまいました。

高くて美味しいお店はたくさんあるので、昔のスペインのように、安くて美味しいお店、探したいものですねー。

<注>・・あとで思い出しました。関西女のパンダちゃんが、「割引の時は、高い皿を注文するでー」と言うので、高いお皿を注文したのでした。普通に選んで食べるにはもうちょっと低価格かもしれません。
それと、イベリコ豚って、うすーい切り身で出てくることも多いので、あんなにがっつりあったのはやっぱりコストは掛かっていますね。

場所はボルン地区の市場のすぐ山側です。窓際に座ると、市場が見えます。
レストランのweb.
<住所>C/Fusina, 5

スポンサーサイト
レストラン・バル・カフェ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示