スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
パソコンのソフトや技術はどんどん進化していて便利になっています。数年前はできなかったことが可能になったりするので、びっくりです。スペインに住んでいると、日本の人ほどしょっちゅう、パソコンやデジカメを買い替える人もいません。商品にも限りがあるし、新情報に乗り遅れることも。

そこで浦島太郎のスペイン在住者に向けて、有益情報を(?)、日本在住者には私達の苦労の歴史?をお話します。



以前は海外在住者にとって、「パソコンを外国で買ってしまうと、変な日本語しか入力できない」というのが常識でした。windowの英語版やスペイン語版では、日本語表示や入力ができません。外国のホテルでパソコンを使おうとして、「日本語が出ない」「打てない」という経験がある方もたくさんいると思います。

日本語のソフトを入れることはできましたが、この表示が変だったり、文字化けしたり、という問題を起こしていたものです。

私がスペインで初めてパソコンを買った時はデスクトップでしたが、パソコンの仕事をしている日本人に来てもらい(今もプロとして仕事をしており、自宅まで出張してくださいます)、中身をそっくり入れ替えてもらいました。windows外国語版を消しパソコンの中身をカラっぽにしてから、windowsの日本語版を入れてくれたのです。すごい発想だなと思ったものです。


その後はノートパソコンをいつも日本で購入してました。最初から日本のパソコンを買っておけば文字化けの心配がないし、日本の方がパソコンは種類も豊富&値段も安いです。

今ではほとんどの人がこの方法でやってらっしゃると思いますし、つい先日も友達が「日本で買わないと、日本語が変になってしまう」と言ってました。

しかし!私も今回パソコンを探し始めて知りましたが、今は日本語の問題だったらこちらで買ってもOKなのですよーーー!!


まあっ、その前に、日本語の歴史、続きを。(いつも文章が長くてすみません)

2009年4月にパソコンが壊れた時です!!私は過去に何度も、雑誌の仕事など滅多にしない仕事が回ってきてでどうしてもパソコンが必要な時に限って、パソコンが壊れてしまうというハメに陥っており、「仕事上パソコンは安いものでいいから2つ目を用意しておく」と思いつつ、怠っていたのです。(今は2つ持つことにしています)

当時ちょうど日本に帰ったばかり。翌年まで帰ることができません。Macは一番最初に言語が選べ、日本語版がインストールできると聞き、初めてmacを購入しました。 この日本語問題の解決のためです。

ところが!このmacもちょうど人気時期で在庫待ちでした。待ってる間に「もしかして、ちょっと進化してないかしら、、」と思うところがあり、お店へ出掛けてみました。そして店頭パソコンの「言語を追加する」で選べるところがないか、全部触って調べていると・・!

台湾のパソコンメーカー、Acerはスタンダードで日本語が入っていることが判明しました。インストールはされていませんでしたが、欧米言語と同じように幾つかアジア言語が選べるようになっており、変なダウンロードをせずにとも、すぐにインストールできるのです。(他のメーカーはこれさえ、できません)

日本のパソコンメーカーも、同じ日本人が外国でも自社製品が変えるようにしておいてよーと思ったものです。
携帯電話もそうですが、日本は自国だけで鎖国っぽいやり方ですよね。日本国内だけで十分に売れるからと思いますが、今の時代、グローバルな仕様の方が世界で使ってもらえるのに、と思います。

ちなみにacerは、当時たったの229ユーロで購入しました!3万円。メールができ、wifiがついてりゃーいいやと思ってましたが、本当にこれで十分でした。メインはmacのつもりだったのに、せっかくやってきたmacもあまり使わないまま。激安windowsのパソコンがメインとなってしまい、229ユーロで2年間酷使したら、死んでしまいましたが。

十分使えたので、今後パソコンは別に高いものを買わなくっていいんだと、見直すきっかけになりました。microsoft officeは入っていませんでしたが、openofficeという無料ソフトを入れれば、microsoft officeも使えます。


今日の本題に入りますが、windowsはwindows 7 から、最初のインストール時に日本語を選べば日本語版が導入できるそうですっ!!スペイン人から知らされました。(恥)
いつから?と思って調べると、Macを購入した2009年4月の時点では発売はまだ。2009年9月からだったのですね。

そして、windows7 の入っている、サブパソコンとして安いパソコンを探しに行ったところ。windows startar, windows premium の2種類がスペインの街角で販売しています。念のため一度家に帰って調べてみました。

そうすると、startarの方では日本語は選べない。premiumを購入しなくてはいけない、と出てきます。
よしっ!と思って購入し、家に帰って早速最初にインストールをしようしました、、。すると・・!?

なんと、スペイン語、カタルーニャ語、バスク語、ガリシア語の4言語しか選べないようになっているのですよー。結局スペイン語のみじゃないですか!

がーーーん。

グローバルじゃなかったの!?
話が違う!!と思い、もう一度調べてみると・・。

windows 7 の中でも、エディションは Ultimate か Enterprise でないと日本版が選べないのだそうです。


知りませんでした・・。これからご購入される皆さんはご注意ください。

そこで今度はこれをどうにかできる方法がないか、インストールをストップしたまま(一度選んでしまうと変更できないと書いてあります)、ネットで探してみました。(2つパソコンがあると、こういう時便利ですね)

そうすると、
なんだか難しそうなやり方を説明したページが出てきました。ちょっと素人が実行するのは不安なのでストップしてみます。(しかしこういうブログを参考して、携帯を日本語バージョンに変えた経験はあります。何もなければこれでやってみるか、、とは思っていました)

もっと簡単そうなやり方を発見。



これでやってみることに。これは要するに、日本語バージョンをインストールするというより、日本語表示ができるようになるというだけのよう。acerのパソコンと同様になるということですね。しかしacerの日本語も全く問題がなく、メールはかえってmac の方が時々文字化けします。

たまーに、日本語の古い形態で作られたソフトなどをダウンロードすると、文字化けすることもありましたが、ほぼ、問題なかったです。今まで問題なかった状態になる、ということでこれでokとしましょう。

やり方はほとんどこのページで紹介されているものと変わりませんでした。
インストール最初はスペイン語で選びますが、次に進むと、日本語が選べます。そこで時間と通貨も日本語を選んでおきます。時間はスペインの方が良いと思っていましたが、このページによると、ここを日本語にするのも重要そうなので日本で。(インストール後、パソコンの時間表示はちゃんと現地のものとなっていました)IMEだけが選ばれた状態となり、その下のキーボードを選ぶというのは出てきませんでした。

これで完了です。

日本語表示に悩んでいる皆さん、これでやってみてください!!

スポンサーサイト
■パソコン、デジカメ、電化製品 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。