スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スペインの年金制度

2011/07/16 Sat 17:20

日本の国民年金の納付率が過去最低になったというニュースを読みました。2010年は59.3%。半数に近い人々が払っていないということです。
海外にいても私は国民年金を払い続けているというのに!
これはとっても心配な数字です。

「国民年金は破綻する」「私達が歳を取った頃にはもらえない」という意識は相当に浸透していて、よく耳にします。

しかし、(最近はNHK受信料や子供の給食費も払わない家庭が増えているそうですが)「どうせもらえないから」と理由をつけ、払わない人が増えてしまうと、その人たちのせいで悪循環に陥り、きちんと支払っている国民の将来を脅かしていきます。払ってない人は払ってくださーい!!

「どうせもらえない」という意見は多いですが、国が破綻しない限り、それは絶対にないと思います。
金額が減ることは過去にもありましたし、他の国でもあります。しかし最低金額はある程度保証されるはずです。でないと国民が怒っちゃいますし、本当に誰も払わなくなっちゃいます。だから「心配だから払わない」という人も心配せずに、1つぐらい年金を持っていようという気持で払ってみてはどうでしょうか?

あんなにひどい状態のギリシャだってスペインだってどうにかやっているじゃないですか。日本も税金を高くし、保険料をあげたりしながら、どうにか工面するはずです。

私が国民年金を支払い続けているのは、海外在住の子供を心配する親を安心させるためでしたが、今では安定した保険と思っています。金額は少なくなっても、絶対にちょっとはもらえます。収入がなくなった老後ではお金の心配が生まれるそうで、少しでももらえるものは嬉しいようですよ。

日本ではプライベートの保険に入っている人も多いです。国には保険を払わず、貯金で貯め込む+個人年金を掛けておく、という話も聞きますが、銀行や個人年金の会社だって破綻する可能性があります。(スペインはだいぶ前に保険会社が倒産したので、スペイン人は保険会社は信用していません。銀行のやっている年金に入っている人は多いです。)銀行も保険会社もいざとなれば日本では救済策が出ると思いますが、その破綻率が最も低いのは、絶対に国の年金だと思っています。



ところで前々から日本の国民年金について考えていました。会社員はどうなっているのか分かりませんが(日本でもスペインでもよく分かりません)、日本では国民年金は一律です。今、1.5万円ぐらいでしょうか。これは安すぎませんか!!??

国民年金は自営業者が払うことが多いと思いますが、自営業者といえば会社の社長レベルの人だっているでしょう。稼いでいる人もそうでない人も均一とは!稼いでいる人にとってはバカバカしくて払えないのかもしれません(?)。給料額に応じておらず、 x人数分しか徴収できないのですよ!!!つまり納付率が100%になったとしても限度があるのです。


スペインの国民年金は「もらいたい年金額を自分が選ぶシステム」です。つまり高収入で将来年金をたくさんもらいたい人は毎月高い掛け金を支払い、それに応じた年金がもらえます。収入の少ない人は少ない金額を支払うのです。人数に限らず、納税額が増える可能性があります。絶対に良いシステムなので、日本も導入すべきだと思います。

収入の少ない人は少ない金額でいいと書きましたが、スペインの最低金額は安くありません。しかも毎年ちょっとずつあがっていきます。私は自営業で、最低金額を支払っていますが、年金と健康保険をセットになった金額で約255ユーロ。今のレートで3万円強を月々支払っています。(日本円のレートが悪いときは月々4万円の計算でした)


仕事を始める時に、同業者に「普通は最低金額を選ぶ」と言われた時には「それでいいの?」と思っていましたが、社会保険事務所で表をもらって仰天しました。最低金額が十分に高いのと、それ以外にどれぐらい選べるかというと、約100パターンから金額が選べるのです。金額は少しの差ですが、ぎっしり数字が書いてある表をもらいました!

今、手元に昔のスペインの表があります。ペセタの表記ですが、ご紹介すると・・。
・最低料金が月々3万2075ペセタ。
・最高が11万3138ペセタ。
なんと!月々11万、年間で135万ペセタ(100万円ぐらいでしょうか?)!!
そんなに支払っている人たちがいるんですね。

もちろん多くはないと思いますが、国民年金側もありがたいですよね。民間保険会社だって掛け金や受給額が選べるのですから、国だって同じことを適用するのは自然なんじゃないでしょうか。


ちなみに何歳か忘れてましたが、1度「掛け金をアップできる年齢」があるそうです。(一度決めたらいつでも変更はできないようで、それは知りませんでした!!)老後が視野に入ってくると、経済的余裕もあるし、年金額も増やしたくなります。スペイン人の友人は「知らなかったので年金をアップできなかった」と言っていましたが、スペイン在住者で自営業者はこのアップできる年齢もチェックしておくといいでしょう。
スポンサーサイト
■社会・経済などまじめな話 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。