初日の朝。パラパラと小雨が降ってました。ちょっと寒い朝です。レインコートを着て、皆さん朝早く、次々に出発していき、私達は最後に残った少数のうちの一組でした。朝8時には出て行ってというお達しのアルベルゲなので、私達にしては早めのつもりでしたが、みんなもっと早くて感心しました。

DSCF7128.jpg
アルベルゲの窓からの景色。素敵な場所にあるでしょう?


初日ですから、るんるん!気分も高揚しています!
出発してすぐ、アルベルゲ(巡礼宿)の下で道が二手に分かれていました。懐かしの巡礼印のモニュメントを確認して、出発です!!


DSCF7143.jpg

早速、こーんな道を歩くことになりました。
navarra (60)

防水のはずの靴が二人ともぐちょぐちょに!前回の泥まみれ騒動で靴をごしごし洗いすぎたせいか、二人とも靴が水を染み込んで防水がきかなくなってました。靴中がたっぷたっぷしてます。

私の方は全く気づいていなかったのですが・・。
突然、しゅうさんが「あまりにも長いこと、矢印がない」と言い出しました。

はっ!!!!!



ひさしぶりなので矢印を探すの、忘れてましたっっ。道が分かれていればもちろん探そうという気にもなりますが、ずーっと野道で分かれ道がなかったので、矢印がないことに疑問も持っていなかったのです。しかし歩く人の多いフランスの道。頻繁に矢印が出てくる、との噂は聞いてます。


・・ちょっと戻ることにしてみました。この時点で歩き始めてから30分経っています。

・・戻り初めても全然道が分かれていないのですが、「絶対に間違ってる」と思ったのは誰にも会わないことです。最後の方だった・・といっても私達のすぐ後に出発しそうな人が数名いたのでした。しかし誰ひとり会いません。



結論から言うと、スタート地点で方向を間違えてました!! スタート地点ではちゃんと矢印を確認していたのですが、これは別の巡礼の道だったのです。たぶん横道の1つのようでした。

再び出発地点のアルベルゲについたのはちょうど1時間遅れ。もう誰もいないし、アルベルゲも完全に閉まっています。記念すべき初日に、一番遅い出発の巡礼者となってしまいました。

フランスの道は人が多いので迷子にならないと聞いていたのに、出だしから間違える!全くの初心者だったら「間違えないようにみんなについていく」でしょうが、私達は「ちょっと経験があるので知っている」と過信していたねーっと反省です。気を取り直して出発します!!


navarra (70)
最初の頃はフランスに近いだけあって、フランス風のかわいい村が多かったです。だんだんスペイン風に変わっていきます。

navarra (73)


navarra (75)


navarra (76)
遠い野原に牛がいるのはよく会いましたが、巡礼の道の両脇で何頭も牛が草を食べてるのは初めてです。牛達も迷惑でしょうなー。ぞろぞろ隣を巡礼者が歩くなんて。

navarra (80)
歩いていると、他の巡礼者にもちらほら、追いつき始めました。
(↑今、考えると、この3人は夜の食事で一緒になるかも??・・)


私達は1時間出遅れちゃったので、その私達が追いつく人たちというのは、歩くスピードが遅い人達です。追いついた中では、ゆっくり歩いていた1人のスペイン女性以外は全員外国人でした。

navarra (86)


navarra (96)
どこでもワンちゃんは大歓迎してくれます。


navarra (98)


navarra (103)
絶対、双子の猫ちゃん。だってまったく同じ動作で振り向き、まったく同じ動作でそっぽむくんですよ。冗談みたいでした。


navarra (104)
この素敵な眺めの先で、昼食を食べました!


navarra (107)
巡礼中は巡礼途中でなくなった方のお墓があったりするのですが、見事なお墓がありました。まだ新しく、韓国を始め世界の巡礼者が持ち物の中からお供え?もしてくれてます。近寄ってみて見ると日本の方のお墓でした。



navarra (108)
お墓の写真を撮るとは失礼なようですが、日本からスペインまで来れない身内の方がご覧になるかもしれないので。合掌・・。



navarra (109)
噂には聞いていましたが、これ。フランスの道では、特に夏場、お水や食べ物の出店が出現します。苦労して水や食べ物を持ち歩く必要もないんですよ。

こういう車何度か見ましたが、一番驚いたのが森の茂みに立っていた男性です。(車はありません)足下に荷物があり、「地元の人が何か作業でもしにきたのだろうか」と思って、後ろを通り過ぎようとすると、「Hay agua(お水あるよ)」と声を掛けられたのでした。しかも背中を向けて、首だけ横向いて。おっさん、怖いよ!

暗い木陰に立っていたのは、飲み物を冷たくキープする意味もあるんでしょうね。もし取り締まりがあっても彼だったらばれません。あっぱれ商売根性です!


一番遅い出発の巡礼者だったものの、無事、初日の村Zubiriに到着しました。

スポンサーサイト
フランスの道 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示