春の日本に帰省しています。目的は桜
春に帰るのは20年ぶりです。

せっかく帰ったのに、花が見れないと悲しいので、1か月の帰省にしました。航空券を買う時期と開花予想って難しいですからね。

帰省前に友達から指摘されて気づいたのですが、
私は田舎への帰省を楽しめる点をたくさん持ったラッキーな人間です。

帰る実家がまだあり、
年取った両親は今のところ健在で、
姉妹が二人いて(兄弟はお嫁さんに遠慮が出るが、姉妹は帰りやすいといいます)、
この姉妹とも仲が良い。
高校の友達など田舎にも会える友達がいて遊んでくれて、
田舎の周辺も帰りたいと思わせる環境がそろっている。

例えば周りの人の話を聞くと、、、。
もう実家がない、
もう両親がいない、
両親の介護が必要(これは今後ありえますが)、
兄弟・姉妹と仲が悪い、
兄弟・姉妹に無職がいて親が面倒を見ている、
田舎に戻っても遊べるような友人がもういない、
田舎が田舎過ぎて帰ってもすることがない、
日本の実家が都会過ぎて、疲れてしまう、
などの話を聞くのです。

ですから、そっかー、私が帰省が楽しくてしょうがないのは、幸せな環境にあるからなんだ、と思っていました。

ところが今回春の佐賀は本当に大当たりでした!


>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
■ひとりごと | コメント(0)
 | HOME |