何度かお伝えしているように、このブログは美味しいランチやスペイン生活を紹介した楽しいブログではなく、伝えたいことがある時に書いています。だから愚痴や文句も多いことはご勘弁を。

・・と前置きして書きますが、、。

読売新聞の大手小町に「魔性の女から良き主婦に ペネロペ・クルス」という記事があって、ひっかかりました。

「映画のライブ・フレッシュ」に出たそうなんですが、?? そんなのあったっけ?スペイン語ではどれ?」と思ったんです。

そこで探してみて、仰天しました。
スペイン語名(原題)は、Carne trémula(カルネ・トレムラ)。

ああっ!あれだったのか。

Carneとは肉。trémulaとは震える、と訳せます。
原作はルース・レンデルの小説から来ていて、このタイトルは『引き攣る肉』でした。
土臭い、でも肉感的なイメージを受け、スペイン語で見ると,映画のイメージとぴったりの題名です。
ポスターも肉体がドアップな画像でした。

ライブ・フレッシュは英語版のLive fleshから来ています。

いや、私は英語版の批判はしません。
訳しずらいこの訳を工夫を凝らして訳した結果であることが分かるし、fleshには肉のフレッシュさも思い浮かべることができます。(carne=肉体、と思っているからかもしれませんが)

アメリカ人がlive flesh と言って、あの肉体ポスターを見れば、スペイン語のCarne trémulaと似た印象を持つことができるでしょう。
DownloadedFile_20140526060305758.jpeg

しかしこの画像に、日本語題名がライブ・フレッシュ!?
カタカナで読んで、肉感的なイメージ湧きましたか?

ペドロアルモドバルほど「カタカナの似合わない」映画はないと思うのです。

あのスペインっぽい、異色感。
狂気。
どたばた劇。
あり得ないほどの、どろどろの濃い世界。
強烈な印象を残す、登場人物たち。

こってり、どっぷり、ディープで、決して表面的な薄っぺらい世界じゃありません。なのに、
あのアルモドバル映画に、カタカナだあー!?
しかも自分で考えないで、英語の直訳かよー!??

(↑大声です)

ペネロペのデビュー作、ハモンハモンはいいんです。カタカナでも。
英語じゃなく、スペイン語そのままです。でもあの映画を知ってるせいか、ハモンという言葉に肉感的な響きも感じます。

他の訳はどうなってるのかな?と思って、調べてみました。

ライブ・フレッシュ Carne trémula (1997)
オール・アバウト・マイ・マザー Todo sobre mi madre (1999)
トーク・トゥ・ハー Hable con ella (2002)
バッド・エデュケーション La mala educación (2004)


このへん、全部カタカナです、、。ありえん、、。

ボルベール〈帰郷〉 Volver (2006)
これは良い!
スペイン語で書いてるところも良いし、ボルベール(volver)は「戻る」という意味なんですが、この日本語訳(帰郷)も素晴らしい!日本語の帰郷だけだったら邦画っぽくて違和感を持ったかもしれず、スペイン語につけたたところがいいんでしょうね。帰郷という言葉もあの映画のイメージにあっています。2度は使えない手口?かもしれませんが、新しいタイトルの付け方。これを考えた人、あっぱれです!!



最新作がこれ!
アイム・ソー・エキサイテッド! Los amantes pasajeros (2013)

はあ!?ですね。
スペイン語のlos amantes(愛人) 
pasajeros(一時的な、通過性の、ひとときの)とは大違い。

これがアイム・ソー・エキサイテッド!だああ!!
冗談にもほどがあります。
これも英語の訳だろうと思って探したら案の定でした。

スペイン語の訳者が少なくて、英語からの翻訳者が訳してるんでしょうが、せめて原題を探して、ふさわしい日本語タイトルにしてくださいよ!!本当にぷんぷんしちゃいます!!

100歩譲って原題を探さなくてもいいですが、英語タイトルのカタカナ書きは止めてください。
というか、訳してないじゃん!
訳者として、アイムソーエキサイテッドで、いいわけないじゃん!?と思っちゃいます。

たしかにそのまま訳すと、アルモドバルの映画はださいです。ださすぎる。恥ずかしくなっちゃうほどです。

抱擁のかけら Los abrazos rotos (2009)
私が、生きる肌 La piel que habito (2011)
私の秘密の花 La flor de mi secreto (1995)


読むだけで気恥ずかしい。もしくは時代遅れに見える。
でもその気恥ずかしいタイトルがそのまんま彼の映画なんです。それが出てなくて、どうするよ!
だから恥ずかしいですが、これらは英語カタカナじゃなくて、まだ良かったんです。

昔の映画タイトルは良かったですよ。

アタメ ¡Átame! (1990)
ハイヒール Tacones lejanos (1991)
キカ Kika (1993)


キカは人の名前ですが、これはこのままでよろしい。原題通りです。
インパクトもあるし、短いし。映画を見てもキカという主人公のイメージがちゃんと残ります。

ハイヒールはtacones lejanos「遠くのハイヒール」みたいな訳ですが、こりゃあ訳せん。難しい訳です。ただの遠くじゃなく、遠方というか彼方といか、微妙に文学的なニュアンスがあり、私も訳せません。

これをシンプルに余計なことを書かずにハイヒール。それだけでも十分に映画のイメージです。これもよろしい。

アタメは訳すと、「私を縛って」です。しかしそう訳するのはちょっと、、。(アダルト映画と間違えられそう。というか、すでにありそう、、さすがアルモドバルさん、すごい題名つけましたね。)
あえて、そのままスペイン語をカタカナ表記にしていて、これも良し。
下手に英語でカタカナ訳にされるより、よっぽどアルモドバルっぽいです。

見てないので映画のイメージにあってるかどうか分かりませんが、思い切って訳を変えたなー、と感心するのが
バチ当たり修道院の最期 Entre tinieblas (1983)
スペイン語では「闇の間」みたいな訳になるでしょうか。
がらっと変えてありますが、もともと翻訳というものは良い訳が見つからない時にはこんな風にがらっと変えてもよいとされます。特に映画や本の題名は重要なので、みんながイメージ出来る、覚えやすいか印象深いタイトルにする。昔からよくやってきたやり方です。

カタカナにしたらイメージって残りませんよね。
カタカナをタイトルにするのはとっても注意しないといけないと思うんですよ。

私にとってアルモドバルの映画で一番のタイトルは・・?
神経衰弱ぎりぎりの女たち Mujeres al borde de un ataque de nervios (1988)

「神経のataque(発作)の際(きわ)にいる女たち」
みたいな意味ですが、上手い訳です!
映画見る前から、インパクトありと思っていて、名訳の1つだと思います。


将来翻訳家を目指す皆さんがここを読んでいたら!
お願いだから、スペイン映画に似合わない、薄っぺらなタイトルはやめてください。
せめてイメージにあうものを自分で考えてくださいね!!!


これが伝えたくて、記事を書きました。
スポンサーサイト
■旅行 | コメント(0)
巡礼の旅。
とぎれとぎれになって、読みにくくてすみません。
これを書き上げろと言われているので、巡礼日記が終わらないことには、次の日記がかけないのですよね。
今時間があるので、いっきに書き上げることにしました!

もう全然覚えていないよって人は、フランスの道を最初から順番に読んでくださいね。
(間に他の記事が入って読みにくいので、投稿日付をあわせました)

DSCF7898.jpg
Torres del Rio=川の塔という名前の村にいます。レストランを探しながら、村を散策します。

DSCF7899.jpg
別のアルベルゲ。
この村には3つもアルベルゲがあり、競争率が高そうでした。

私達の宿は途中に宣伝などがあったのかな? 歩いていると時々、宣伝用の写真が出たりするのです。
目をつけていて、前から泊まろうと決めていたところでした。
到着してみて分かったですが、一番街の入り口から遠い。みんな最初に見つけたアルベルゲから泊まっていくので、だから宣伝も必要だったんでしょうね。そういうアルベルゲの方が質が良かったりします。質を工夫しないと競争に負けてしまうので。


DSCF7900.jpg
スペインって洗濯物がいつもカラフル!
日本人より、色物を好むのかな。

しかし、こんなにくっついて、乾くのは、スペインの強い日差しだから!?

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
7日目その1。Torres del Rioの村を出ます。巡礼の旅も、あと一息です。

DSCF7967.jpg
今日も早い時間に出発します。

DSCF7966.jpg


DSCF7968.jpg
夕方じゃなく、朝焼けの時間帯です。

DSCF7969.jpg
野に咲く花も撮りながら、進みます。朝はいつも元気です。



Vianaの村につきました。
ここで朝ごはんします。

DSCF7972.jpg
夏祭りの準備らしき、雰囲気でした。スペインは夏にお祭りが多いんです。

DSCF7973.jpg
意外に大きな町でびっくり。
DSCF7981.jpg
教会前のバルで普通の朝ご飯です。

DSCF7985.jpg
アーチの向こうに小さく写っているのは、しゅうさん。朝ご飯したカフェのテラスです。

DSCF7977.jpg
ちょうど目の前がアルベルゲだったようです。大きな街なので宿泊巡礼者も多いようで、みんなが出掛ける準備をしてました。こちらは水を汲む自転車巡礼者だったかな?

DSCF7982.jpg
出発は早い人とゆっくりの人がいるので、幸運を願いながら挨拶する巡礼者たち。

DSCF7983.jpg
あらためてみんなの格好を観察。傘を持つ人って日本人巡礼者にはいないと思うのですが、欧米人っていますね。体力もあるので、重さは気にしないのかな。


DSCF7984.jpg
夏場なので家族連れも多いです。

DSCF7992.jpg

朝ごはんを食べたら、私達も遅れを取らないように、出発です!

フランスの道 | コメント(0)
7日目その2。 ヴィアナの町を出て旅を続けます。

野原にはたくさんの植物もあります。
DSCF8001.jpg
ぎっしりのカタツムリ!

DSCF8002.jpg
DSCF8003.jpg


DSCF8004.jpg

DSCF8005.jpg


家が見えると、よその家や庭を見ながら行くのも楽しいです。

DSCF7999.jpg
DSCF8006.jpg
DSCF8009.jpg
DSCF8008.jpg
遠くに巡礼者の姿と町が見えてきました。


DSCF8010.jpg
ログローニョに入る前に、巡礼グッズを売っているおうちがありました。しゅうさんがテレビで見たことがあるって言ってました。

私はボロボロの巡礼手帳の透明クリアケースを買いました。巡礼者の絵柄つき。

DSCF8013.jpg
みんなも惹き付けられてストップしてます。ところでこの自転車の人。荷物を後ろに乗っけて。良いアイデアです。でもしっかりした製品を買ってないと、漕ぎづらいでしょうね。

DSCF8014.jpg
この自転車の男性は、子供と2人連れでした!自転車につけている旗見えますか?車へのアピールもしつつ、いろんな旗をつけて、楽しい飾りでしたよ。



DSCF8017.jpg

レンガの合間から、わんちゃんがコンニチハ。

DSCF8018.jpg

今回の旅の最終地点,ログローニョ郊外まで来ました!
DSCF8020.jpg
大きな町に入ると、とたんに迷いやすいですが、ログローニョは町のあちこちに表示があるので、歓迎してくれてるように感じました!

DSCF8021.jpg
DSCF8023.jpg
美しい町が見えてきます!
ログローニョ前も訪れたことがあり、全然美しい町のイメージはないんですが、美しく見えます!(笑)

DSCF8022.jpg
到着!!
DSCF8025.jpg
ここはワインの町です。ログローニョ,バルがたくさんあって、とっても美味しい町。フランスの道第一弾を飾るにふさわしい町です。もう祝杯のことに頭がいっぱいになってきます、、。

フランスの道 | コメント(0)
7日目その3。
最後のアルベルゲへ。とても大きな施設でたくさんベッドがありました。

DSCF8031.jpg
洗濯もたくさん干せます。

DSCF8032.jpg
大きくなキッチン付き。荷物をおろして散策です。

DSCF8027.jpg
アルベルゲのすぐそばに、巨大な壁画がありました。ログローニョのブドウやバル巡り。巡礼者のホタテ貝や杖。楽しい絵です!

DSCF8028.jpg
バルのピンチョス=串刺しの影は、、ひょうたんを下げた巡礼杖!?

DSCF8044.jpg
ログローニョ。こんなに大きな街だったっけ?っていうぐらい、都会に感じます。

DSCF8046.jpg
敷石のデザインもワイン!あ。間違った。ブドウ!

DSCF8047.jpg
町をぷらぷらしながら、バルセロナまでのバスのチケットを取りにいきます。

DSCF8051.jpg
ログニョーロはバルはしごの文化があって、前に訪問した時にとーっても美味しかったため今回とても楽しみにしていました!!

DSCF8053.jpg
外に樽があるバル街。 
以前あまりの美味しさに2回訪問したレストランがあったのですが、どのお店か分からなくなっていました。しゅうさんが私を信じて、レストラン探しにつきあってくれましたが、最後は断念。
DSCF8058.jpg


DSCF8059.jpg
しかし嗅覚の効く私達。おいしそう!ってレストランを見つけて入ってみました。これが大正解です。

DSCF8062.jpg


DSCF8065.jpg
DSCF8066.jpg

DSCF8069.jpg
DSCF8071.jpg

DSCF8076.jpg
いちどアルベルゲに戻ってきたら、巡礼者たちも増えてました。
しかし明日からまだ歩くっていう状況と、明日はもう歩かないっていう状況。雲泥の差なんですよね。もう気分は巡礼者ではなく、すっかり旅行者です。巡礼者を見ても仲間意識が湧かない!(笑)


DSCF8085.jpg

さてちょっと休憩したのかどうか覚えていませんが、夕方にはお楽しみのバル巡りに出掛けました。
DSCF8087.jpg
ログローニョはバルやレストランの看板がユニークでした!

DSCF8088.jpg
DSCF8089.jpg
DSCF8091.jpg

DSCF8100[1]
幸せ顔のしゅうさん。まずは1軒目でビールです。
フランスの道 | コメント(0)
本格バル巡りへ入ります。
ログローニョはバル巡りのしやすいバル通りがあって、とっても楽しいところなんです!
DSCF8099.jpg
タラのすり身のフライです。さっきビール飲んだ1軒目で食べたのかな?

DSCF8101.jpg
昔週末で混み合っていたログローニョのバル街。まだ早い時間なので、こんな時間から飲み始めるのは、朝早起きの巡礼者ぐらい?

DSCF8104[1]

ビール2軒目。またもや幸せ顔のしゅうさん。

DSCF8105.jpg
暇そっ!?って思うでしょ?違うんです。
こちらははしごの文化で次々に回っていくので、人が入ってきてぎゅうぎゅうになったり、人がいなくなって、ガラガラになったりするんですよ。

混んでる週末夜はもちろん、次から次へと人が入ってくるので、ガラガラになることはないですが、すいている時間帯だったら、混んだりガラガラになったり、、。あっという間に混み具合で変わっちゃうのです。

DSCF8106.jpg
ここはマッシュルーム屋さん。
はしごするんなら、つまみは1種類で足ります。だって1つ、つまんだら、次の店へ行かなくっちゃですから。
DSCF8107.jpg
ものすごおおく、美味しいです!
ログローニョいちおし!

DSCF8108.jpg
ほらっ。次のお客さんが来た!! 何人で飲むの!?
みんな同じものを1杯+同じつまみ(=ここはマッシュルーム)を注文し、次々にはしごしていくんです。
まだまだいきますよ?


DSCF8111.jpg
3軒目。
DSCF8112.jpg
DSCF8114.jpg
DSCF8115.jpg
3種類食べたのかな?

DSCF8116.jpg
DSCF8117.jpg
4軒目は今風のワインバー。
DSCF8118.jpg
サンブリーニャという貝です。

DSCF8119.jpg
もう何を食べたのか覚えていません!
バル巡り、楽しみながら最後の夜を過ごしました!

しかし毎日5時に起きたりしているので、普通の人の夜遊びに時間にはもう眠くなります、、。
アルベルゲも門限があったかな?
■旅行 | コメント(0)

フランスの道 帰途へ

2014/06/05 Thu 15:07

バル巡りの夜が終わり、ログローニョの朝。
とうとう旅が終了しました。

昨日は20.5 km歩きました。
今回のフランスの旅はフランスに近い、Navarro地方のロンセスバージェスからスタートし、ワインで有名なリオハ地方のログローニョまで、139.22km。7日間で歩きました。平均20km。アキレス腱を痛めたせいですが、今までよりもやや少ない距離で歩きました。30キロ以上歩いていた前の巡礼道が懐かしいですね。


出発前にお散歩します。



DSCF8122.jpg
広場の床。分かります? すごろくで遊べるようになってるんです。
DSCF8121.jpg
歩いて来た巡礼の道の風景も楽します。

DSCF8124.jpg
同じ広場の壁。落書きアート、うまいなあ。

DSCF8125.jpg
ちゃんとプロに頼んだような壁絵?もあります。

DSCF8139.jpg
市場! ぎゃー!?

DSCF8145.jpg
今日も町中に続々、巡礼者が到着しています。みんなが記念撮影するところ。巡礼を表してるってだけで、それが姿だろうが、ホタテだろうが、杖だろうが、写真撮りたくなっちゃうんですよねー。

DSCF8158.jpg
このお店はすごかった! アーケードみたいに商店が並ぶところにある、巡礼グッズ屋さん。あちこちで見つけられますが、ここが一番品揃いが豊富でした。ずっと探していた巡礼の地図もここでゲット!

DSCF8159.jpg

DSCF8146.jpg
ちなみに私の戦利品。左が、巡礼手帳。かわいい巡礼者姿の透明カバーは、ログローニョに入る直前の野外おばちゃんのところで買いました。(自転車の父親と坊やがいたところです)

右は途中の主な村でゲット。だいたい主な町で1つ。紋章だったり、伝統人形だったり、巡礼のシンボルをかたどったものだったりします。これがたくさん増えていくのも楽しみ。(しかし幾つか、途中でなくしたりもします。スペインのピンは外れやすいです)

DSCF8173.jpg
バスに乗る前にカフェのテラスで朝ご飯。

DSCF8171.jpg
コーヒーと、
DSCF8172.jpg
サンドイッチ!
朝からがつんと食べる癖がついています、、!?

DSCF8176.jpg
バスセンターです。このバスセンター面白いんですよ。周りは、普通に人が住んでいるアパート。
囲まれて、形も不規則。おもしろいとこにあるんだなーって感じです。でも住民は夜もうるさいし、排気ガスが、、。

なんとこのバスセンターで!
懐かしの巡礼者に会いました!
5日目その2の記事で紹介した、アルゼンチン人女性。
DSCF8176.jpg

もう高校生か大学生かの息子さんもいるのに巡礼中。パソコンを持ち歩いていて(盗まれないかと私は心配でした)、新しい出会い?を探し求めているような、おもしろい女性でした。無料ワインを大事にペットボトルに入れて、飲んでいた。彼女はどこからか、ふっとバスで到着!(笑)

時々途中をバスで歩くのも、やっている人はいるもんです。帰りの飛行機があるのでちょっと急がなくっちゃというような人。ただこの彼女はさぼってる,,的な雰囲気でしたが。ははは。

今回もいろんな人に会い、きれいな景色を見た巡礼の旅。真夏の一番巡礼者が多い時期に旅行したのはこの時だけでした。次回はその半年後。2012年2月の季節に歩くことになります。今度はこの勢いで、近々アップします!


フランスの道 | コメント(0)
2年半の遅れで発信していますが(汗)、2012年2月におなじみ巡礼の道=フランスの道第2弾へ出発しました。

今回はログローニョからブルゴスまで歩きました。フランスの道の中で一番らくちんな日数だったかも?
季節もよかったし、観光も出来て、とーっても良いコースでした!!

別の友達が来ようかどうか迷って、結局来なかったのですが、初心者でちょっと歩いてみたい人には一番のコースだった気がします!!歩くばっかりだと飽きちゃうかもしれないので、なんちゃって巡礼者は観光も含めるのがお勧めです!

さて、到着した日。ログローニョの街ではカーニバルのパレード日でした!

IMG_0006.jpg
パレード出演者?以外にも、町中の人が仮装していて、楽しいです。特に子供は張り切ってます!

IMG_0007.jpg


IMG_0011.jpg
かわいいと注目されて、ちょっと照れているボク。
パパは嬉しそう♩

>>続きを読む・・・
フランスの道2 | コメント(0)
 | HOME |