スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日本語図書館の一時閉室のお知らせが届いていないという情報がまわっているので、このブログを偶然見る人もいるとは思えないけど、とりあえず出してみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会員の方より、一時閉室のお知らせが届いていないとの情報がありましたので、再送させていただきます。ご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

図書室の建物の構造上の問題により、
至急改装工事が行われることとなりました。
そのため、5月と6月の2ヶ月間、閉室とさせていただきます。

*工事中、図書室をご利用いただけない期間の会費については、
5月以降のお支払いを2ヶ月あとにずらすことで相殺させていただきますので、ご了承くださいませ。
例:5月に更新の方は7月に、6月に更新の方は8月がお支払い月となります。

*現在貸出中の本に関しては、返却予定日に関わらず
改装工事終了後、7月中にご返却いただければ延滞とはなりません。

皆様にご迷惑をおかけいたしますが、
7月より新たに生まれ変わる日本語図書室を
どうぞよろしくお願いいたします。

工事の進捗状況などはHPまたはFBで随時ご報告いたします。
http://bibliotecajaponesa.wordpress.com/
https://www.facebook.com/bibliotecajaponesa



・・

バルセロナの日本語図書館とは、週に2日だけオープンしている図書館です。
やしま、山鳥、遊などの日本食レストランを経営している山下グループの好意で場所も貸してもらい、いろんな費用も捻出してもらっています。場所は日本食レストラン遊の上です。

最初は帰国の人たちが置いて行った本からスタートしました。今でも本の寄付はあり、私も処分したい本を持っていったことが何度かあります。現在では日本のブックオフなど、きれいで安く古本が買えるようになったので、それで在庫もどんどん増えました。スペイン関連の本や、まんがから子供用の本まで揃っています。

年に1度は古本市を開催し、ダブった本を売り、それが次の本購入費にもあてられたりします。

普段の運営はボランティアスタッフの働きでやっています。
その図書館の顔ともなっているYちゃんが私のバルセロナ生活1年目からの友人です。
日本語図書館の手伝いをするよ、といいつつも、ただの会員だった私。

といっても、猛烈に本を借りるとき(夏場)もあれば、何ヶ月も行かない時もあります。
水曜日・土曜日の数時間ずつなので、時間があわなければなかなかいけないんですよね、、。
すごく暇という時がなければ、本を読む時間もなければ、借りにいって、返しにいって、というのが億劫に感じてなかなかいけません。

昔は活字不足だったので通っていましたが、今はネットもある時代なので、それほど飢えていないのもあります。


その日本語図書館のお手伝いが、最近、とあるきっかけでスタートしました。
ボランティアの一員として加わると、連絡も来るし、みんなが大変なことも分かるので、がんばって顔を出そうという気にもなり、今までのように「あまり時間がないから」という言い訳も出来ません。

とはいっても負担になりすぎるとボランティアは続かないことも分かるので、無理しないようにしつつ、、。

今回は図書館の建物の構造上の問題から、急に工事が入ることになり、全部の本を箱詰めする手続きなどをやることになりました。

この図書館の一時閉室のお知らせを全会員にメールで送るか、メールのない人には全員に封書で送るという作業もありました。メルアド自体をパソコンに保管などもしていないので、いちいちめメールアドレスを入力したり、切手も貼って、封書の宛名書きという作業も。これらは手伝えなかったですが、こんな作業もやっているなんてこと、ボランティアスタッフじゃなかったら知らなかったことです。本当に頭が下がります。

図書館の箱詰め作業は数日手伝えましたが、初日にして腰痛が出た私に皆さん協力もしてもらいました。家族で来てくれた人もいらっしゃったり、たくさんの新しい人に知り合いました。

実名を出して良いのかどうか分からないので控えますが、山下グループのY子さん。
いつも最後、皆さんをねぎらってくれ、明るくて盛り上げてくれる方で、本当にいつもすごいなと思います。
なんの利益になってないばかりか、出費になっているばかりだと思うのですが、この図書館があるのもY子さんたちのおかげです。

スタッフで一番活躍してくれたご夫婦が、「自分は片田舎で1年生活をしていて、活字不足になっていて、日本語図書館に救われた。最初に本を借りて読んだ時に、1年分のものがすっと身体から消えていくのを感じた」とおっしゃっていました。

私も今でこそネットがあるから大丈夫なんて言っているけれど、ずいぶんお世話になったなとあらためておもいました。

公共資金ももらわず?みんなの好意と協力で、今までずーっと続いている日本語図書館。
そんな素敵な場所があること、たくさんの皆さんに感謝したいです。

話がそれましたが、古本市でお手伝いしてくれたボランティアだったのに、今回一時閉室になることを知らなかった人もいると聞きました。もう知っているだろうと思わず?、日本語図書館会員だろうと思われる皆さんに、「2ヶ月の閉室知っている?」と聞いてみてください!

そのおかげで知らない方が減れば、それもご協力の一環です!
みんなで手伝っていきましょう!
スポンサーサイト
お役立ち情報 | コメント(0)

お母さんに手紙をください

2014/05/17 Sat 07:59

発言小町で、たまたま、2010年の賞を取ったトピが紹介されていて、、。

読んだら、号泣でした。

タイトルは「お母さんに手紙をください」。

楽しい感じのお手紙かな?と思ったのに、亡くなったお母さんへ向けたお手紙から、毒親らしきお母さんへ向けた手紙もありました。

トピ主さんも後に書いてらっしゃいましたが、まさかそんな手紙が来るとは思っていなかったとのこと。

これに対するトピ主さんのコメントも素晴らしいです。文章もうまい。
最初は意図が分からず、1つめのコメントを読んだとき、まさか!と思いました。

最初から最後まで全部の投稿を読んで、どれにも涙,涙,涙。

つらい思いをした人も、みんなみんな、愛にあふれた文章でした。
トピ主さんの優しい心に満ちたトピです。
お母さんへの愛だけじゃなく、子供への愛にもあふれています。

トピの最後の最後に、トピ主さんの本当の意図と決意も書かれていても、強い思いに圧倒されます。これにも深く感動しました。
(トピ主のみ、という投稿もまとめて読めますが、それの一番最後も飛んで読めるので、最後の頃のトピ主コメントもぜひ読んでみてください。最初から全部読んだ方が感動は強いと思いますが、、)

いやー、ネットで泣いちゃうなんてよくあることですが、泣くばかりじゃなく、こんなに温かな気持になり、心が幸せになったことはありませんでした。

トピ主さんありがとうというコメントが多かったですが、ただ読んだだけの私もありがとうを言いたいです。

どのぐらい気に入ったかというと、あんなに泣いたのに、朝起きたら、あのほっこりした優しい言葉を読みたくなって、またのぞいちゃうぐらい!

人間、優しい気持ちや深い愛情を目にすることは、自分にまったく関係がなくても、心地よいものだということにも気づきました。

母が恋しくなりました。母性本能じゃないですが、その逆の、母への気持もかき立てられてしまいました。
母だけに限らず、父にも、親孝行もせねばですね。

お暇な時に読んでみてください。
止まらなくなるので、時間のある時に。

お母さんに手紙をください←左をクリックすると記事が読めます。
■ひとりごと | コメント(0)

滞在許可証の再発行手続き

2014/05/19 Mon 20:56

詳細は別の機会に語りますが、カバンを丸ごと盗まれました。
撃沈です、、。
(母は読んでいないと思いますが、たまーに読んでいる妹よ。心配性のお母さんには内密にお願いします)

今まで何度も、「ふーっ、危なかった!」という未遂もあったし、人の盗難を発見したことや防御したこともあったのに、、、。

本当に盗難にあってしまったのは、スペインに到着した1年目。カフェで勉強していて、テーブルに置いていた定期券をやられてしまって以来です。
ウン10年振り?ってことですね。

今回痛かったのは、よりによって大金を持っていたこと。
その話を聞いて、複数の人が、「そういうことは多い。泥棒は鼻が利くんじゃないか」といったことを言いました。そうなのかな?

しかし大金を持っていたのに、気が緩んでいた自分の馬鹿さ加減、、。

他にも、お財布、クレジットカード、2ヶ月前に大枚をはたいて買った新しいスマフォ、、。←これが一番悔しい、、。(高いスマフォは2度と買わないと決心しました)

幸いだったのは定期入れを家に忘れて来ていたこと。
1年ぐらい前にものすごくプロフェッナルな泥棒による未遂事件があってから、人前でお財布を出さないでいいように、定期券を持つことにしたのです。

そちらには保険カード、Bicing(市の貸自転車)カード、珍しく買った地下鉄の50回券、ジムの会員証などが入っていたので、これが盗られなかったのは幸いでした。

あー、定期券忘れちゃったよ、自転車乗れないじゃん、って家を出た日だったんですが、忘れ物の女王という特技がここで幸いするとは!?

さて。労働許可証を盗られてしまったので、再発行をしなくてはなりません。
前にやり方を伝授したように、永久を持っている人の更新は、ネットで申請をし、最初からhuellas(指紋)という予約をするだけ、となりました。

だから再発行も絶対同じなはず。

ところが日付を申請する時に、許可証の有効期限を入れなくてはなりません。
これがはじかれちゃうんです。まだ申請の時期ではないから。

あー、面倒くさい、あの遠いSant Martiまで聞きにいかなくっちゃかなと思っていたら、たまたまYちゃんが情報を知っていて、教えてくれました。(盗難にあった知り合いから聞いたそう)

その人も警察で教えてもらったそうですが、
許可証の有効期限は適当でいい!のだそうです。
別に正しくなくても構わないそう。それがあっているかのチェックもないそうです。
これは何かの機会に使えそうな情報ですね!?

おおっ、そうかと、適当に今すぐの日付で入れてみたら、予約が1週間以内で取れました!
早速、行ってみて、何の問題もなく、指紋の手続きしてきました。

更新ではなく、再発行なので、写真は同じものじゃないといけないと思って、同じ写真の余ってるのを持っていったところ、「すべての許可証は違う写真でなくてはいけない」と言われました。たまたま別の写真もあったので、それでOKでした。良かった!あれでまた写真がダメだと出直しだったら、ショックですものね。


持っていくものは更新時とまったく同じです。

・写真2枚(前と違うもの)
・有効のパスポートのオリジナルとコピー

だけです。
なくしたNIEのコピーも何も持ってなかったですが、何も言われませんでした。

申請書はその場で書けと言われて、書きました。

去年から、顔と指紋はコンピューター入力されていて、チェックがありましたが、
今回も顔と写真があっているかの照合がされていました。

指紋は分かりますが、写真まで!
以前の写真と、今の写真がコンピューターに出てきて、目の位置と顔の大きさの照合もされてましたよ。写真の目の位置あたりからピーと光線が出て?、2枚の写真が合わさり、、、。映画みたいな照合してました。


あとは取りに行くのは去年と同じマヨルカの警察に。
1ヶ月後にいきなさいと言われました。
すべて更新の時と同じ。税金支払いの紙をもらったので、それをその日までに支払って、持っていくだけです。

役立つ人がいるかと、お知らせしてみました。




滞在許可 | コメント(0)
去年からいろんなことが起きています。体調、ネット問題、家問題、電気問題、泥棒など、、。

でも。
しいちゃんってほーんと、ポジティブだよねっ!!
ポジティブ大会で優勝するよっと言われました。

もちろんネット問題などは愚痴りまくったり、。
戦う元気が出ないと言ってるんですが、、。
そうだな。今度の泥棒事件は思ったほどのショックは受けず、、。

その大きな原因として、とっても私を元気づけてくれた人たちがいたこと、、もあると思います。

また、起きたことをくやくやしてもしょうがないという考えがあります。これからのことは悩んでもいいけど、過去のことを悔やんでも過去が戻ってくるでもなし、。

どーにもならないことを悩んでも、時間の無駄!
もうやっちゃったこはしょうがない!
だから忘れて次に行こう!って考えですね。



このポジティティブについて、そういえば、最近感じてたことがいくつかありました。


まずは、最近、同僚のスペイン女性アントニアを見ていて感じてたこと。
アントニアはとーっても元気で明るくて。大好きな1人です。
ところがものすごい強風の日に、市の巨大ゴミ箱の下敷きになり、骨盤を負傷。入院後、リハビリをして、今も仕事ができない状態です。

このゴミ箱。近所中が危ない危ないと言っていて、市役所に訴えてたのに、固定されてなかったゴミ箱だったのです。(知ってました?ゴミ箱の下って、黄色い固定レーンがついているのです。あれがなかったそう)
しかも坂の上にあるゴミ箱だったそうで、いつ転がってもおかしくない場所、、。

そこでアントニアは、よりによって、いつもは通らない道を通ってしまった。
よりによって、バルセロナで記録に残るほどの突風が吹いた日だった。
よりによって、、が重なった日だったのです。

これは考えようによっては、「不運だった」でしょう。
たまたま通ってしまって、巻き込まれてしまったんですから。

アントニアは、別の友人が病院にお見舞いにいったら、ポロポロ大粒の涙をこぼした、と聞きました。あのいつも元気いっぱいな彼女が!??

今もまだ仕事ができず、歩けるからといってコルセットをしたままですが、花柄でオシャレなコルセット?を着て美人度を発揮しながら、いつも通りの明るいオーラを取り戻しています。

そんな彼女を見ていると、、、。次のような言葉が頭に浮かびました。

「乗り越えられる人に与えられた試練」。

だってね。気丈な彼女だって最初はめげちゃったほど。あれ、年老いたお婆ちゃんとか、そのへんの同年代の女性とか、普通の人だったら、あんな風に蘇っていません。未だに入院してたり、気落ちしたり、怪我の具合ももっと大変だったかも!?


彼女には悪いけれど、「まだ、彼女で良かった、、、」と不謹慎なことを考えてしまいました。不死鳥のごとく蘇り、もとのようにランランと輝ける女性であって、良かった、、。(バルセロナ市からは賠償として入院費や治療費はまかなってもらえることになりました)

前から危ないって言ってたのに、本当に大変な事故が起きるまで、市はなんの対策も取らなかった。
「見せしめの犠牲者になってくれよ、あんただったら大丈夫だからさっ」と神様が考えた、、??なんてことはないかなと。

・・そんなことを考えていた矢先だったので、今、私に起こっていることも、、、。
「そうか。私は乗り越えやすいから?まわってくるのかしらん」とも考えたのです。

転んでも転んでも、ものともせず、立ち上がれるっ!?

このテーマ、まだ続きます。
私だから? | コメント(0)
もう1つ最近思ったことがあるのですが、、。

私は昔から、「私は運がいい人間」と思っています。
皆さんはどうですか?
いつも「わたしってラッキー♩」って思っています。そう思う出来事にたくさん遭遇するんです。

今もいろんなことに遭遇しながらも、結果的にラッキーだったなと思うことがいろいろありました。
すごく友達の親切に助けられて実感したとか。
お金を盗られたので部屋を貸すことにしたら、早速おもしろい人が借りに来たとか。
お金が必要な時には向こうからやってくるとか。(これは前もあった)

この運がいいか、悪いか。
先日ちょうど見たAll About記事で、どんな男性を選べばいいかというテーマの中に、「自分は運がいいと思っている人」という意外な意見が出てきて、思わず読んじゃいました。

自分は運がいいと思っている人間の場合、ものごとがうまく行く傾向にあることはもちろんのこと、うまく行かない時にもポジティブに乗り越えられる、とありました。

ああ、そうか。

ポジティブに考えている方が、ものごとがうまく行くというのは思ってましたが、ポジティブな人間は乗り越えるのもうまいんだ。

最近のトラブル続きは世間的にはどう見ても運が良いようには思えない。(・・と私の友達は思っているかも。運が良かったーなんて思ってる私の横目に、しいちゃんっ、どう考えても不運だよっ思ってる!?)
でも運が悪いなんて、ちらりとも思っていない、私みたいな人間は乗り切っちゃえるってことなんですね。
なるほど。


知り合って間もない、すごい親切を与えてくれた同僚がいるのですが。
すっごーく、素敵な女性です。
幸せオーラの中にいて、誰にでも会ってすぐ気に入られるような女性です。
人生うまくいってるみたいな雰囲気が漂っています。
その彼女と話をしていたら、すごく運の良いこともある反面、えーっという目にもあっているのです。

いくつか聞いててびっくりした1つがバルセロナの貸自転車Bicing。
最近エシャンプラ地区で歩道を自転車がいくと罰金を取られる、信号無視も取られる人がいるという記事を読んではいましたが、、。
なんと、彼女自身、自転車に乗っていて、信号無視で、警察に捕まり、罰金を取られたとのこと。
ええ!!
聞いてはいたけれど、本当に、身近に、罰金取られた人がいるとは!?

私は個人的には自転車で行く時。急ぐとストレスになるので、99%ほど信号をきちんと守って自転車に乗ってる人間なのです。歩道も滅多にいきません。でもバルセロナの自転車族は運転マナーが悪い人が多く、本当に多くの人が信号無視をしています。でも罰金を取られたなんて見たことがありません。(音楽を聴くなど、耳を夫塞いでいないかのチェックは見ました)

あんなにみーんなでやれば怖くない的に自転車で信号無視している人が山ほどいるのに、そんなにひどい信号無視をしたとは思えない彼女(心穏やかで、急がなさそうな雰囲気)が罰金を取られるなんて。なんて不運なんでしょう。

でもその幸せオーラの女性はたぶん不運とは思っていない。
もちろんその時はええっ!ってショックだったと思うけれど、たぶん彼女も基本は「私は運がいい人間だわ」と基本思っている。そんなほんわかオーラに包まれた人なんですよね。

彼女を見ていて、、。

私、運がいい人間と思ってたけれど、他人から客観的に見たら、「気のせい」だったかも!?という気がしてきました。(笑)やっぱり人生は山あり谷ありで、どっちもあるんでしょうね。

だけど運が悪いと思わないところが、やっぱり幸せなんだなと思いました。

だから今後も「私って運がいい」と思い続けることにします!

最後もう1つ続きます。
私だから? | コメント(0)
今回の泥棒騒ぎで、知り合った人がいるのですが、この人がおもしろい!!

海外に住んでいると、「おもしろい人生を歩んでるなー、この人っ」って人に知り合います。特に昔はそんな人が多いです。あの時代に海を超えて、遠い異国にいくような冒険心のある人たちは、経験もおもしろいんですよね。スペインに前にいろんな国を経てからたどりついた人も多いです。

最近の人は、、。それほどおもしろい人生の人はいませんが、彼女はすごい!!
本書いたら!?すごいねっ!って本当に言いたくなるような人生。

さて、この彼女ですが、バルセロナに住みたくてスペインを目指したけれど、ひょんなことから他の町に住んでいるという人です。このたびその町で、新しくアパートの契約もして、引越、となった矢先。

不動産にお金を持ち逃げされ、アパートにも入れず、住んでいるところは出ることになってたので、突然家なき子になってしまったそうなのです!!

これっ、究極の不運じゃないですかっ!?
なんという災難!

ところが、そこで、彼女。

「家がなくなったのもなにか意味があるかもと思い、家がないなら行きたかったバルセロナにいってみよう」
と思ったという人なんです。

すごいっ!
私と思考回路が同じだ!!と嬉しくなっちゃいました。

家がなくなってお金も持ち逃げされたのに、めげないところや、
トラブルには「何か意味があるかも」と思うところや、
進もうとしているがうまく行かなかったら、「進むな、、」というサインであると考えて、方向転換するところなど、、。

意外とこんな同じ考えを持つ人は少ないんですよ、、。

私も今回いろんなトラブルを経験していますが、
自分を反省して今後の勉強にしたいところが出て来たり、
まったく今まで考えてなかったけれど、がんばりたい目標ができたり、
新しい交友関係が広がったりしています。

結果、こうなるために、今回のことが起きたのかもしれない!ぎゃふんという目にあわなくちゃ、新しい目標を持ったり、大きな方向転換ってしないもの。
今回のことは自分の今後の人生でも、糧となっていく良い感触がありますよ♩

皆さんもポジティブに人生を歩んでいきましょう!
(あ。もちろん彼女は不運だったなんて感じてないでしょう。ピンチはチャンスぐらいの気持ちで構えているはずです)

私だから? | コメント(0)

美しいワンちゃん

2014/05/25 Sun 15:33

会社の同僚や先輩やそのご主人と,,.車で遠出してワイナリーに行き、美味しいランチをしてきました。
(写真ないけど)

美味しいもの食べて飲んで。幸せなひととき。(これはもう2週間ぐらい前の話で、ちょうど泥棒にあってお金がない時だったが、美味しいものはいつも通り食べて帰ってきました)

帰りはその先輩が郊外の家なのでそこの駅まで送ってもらい、友達と2人でそこから電車に乗って、バルセロナへ戻ってきました。

ひさしぶりに乗ったカタルーニャ州営鉄道ですが、こんなかわいらしい電車がいました。
IMG_0200_2.jpg

IMG_0199_2.jpg
サンモリッツというバルセロナのビールメーカーの宣伝かな?と思うのですが、お祭りに出てくる巨大人形などもいます。

市内について、グラシア地区を横断して家に帰っていると、そこもお祭りの雰囲気でした。

以前に住んでいたサンツもお祭り多いですが、グラシアも多い地区です。
今回はここ数年あちこちでやっている,商業祭り(週末にお店をあけたり、お祭り気分にさせて?みんなに買ってもらおうちう試み!?だと私は勝手に思っている、、)の1つのようでしたが、巨大人形もちらりと歩いていました。

そこであまりにも素敵なワンちゃんたちを見つけたので、思わず写真をぱちり。
IMG_0201_2_20140525233129007.jpg
顔はどこ?ってぐらい、ふさふさの毛並み。

わんちゃん美容室の前でした。
お得意様わんちゃんを連れてきてもらったんでしょうか?
まるでお祭りの演出?のように、ここいらで一番にぎわっていました。
(他はお洋服屋さんとか靴屋さんとか普通のブースだったので)


IMG_0206_2.jpg
動いているのでぼけちゃってるんですが、耳?の髪型?がかわいかったです!

IMG_0205_2.jpg
お立ち台もあります!

IMG_0210_2.jpg
左の子はおしめ付き!?

人だかりがしていたのがこちら。
IMG_0208_2.jpg
遠目から見ても「オーラ」が、、。

IMG_0211_2.jpg
ふわっふわっ!触りたくなります!!

IMG_0209_2.jpg
ちなみにこの真正面には、ちょっと距離をあけて(遠巻きになるようになっている)、たくさんの一般人が大勢カメラで写真を撮っていました。ちょっとした記者会見並みです。

IMG_0212_2.jpg
この高貴な立ち居振る舞い!
犬もみんなに美しいと言われて、扱いが丁寧だと、「私は美しい」って思ってるんでしょうかね?

恐れ入りました!とぺこりとしたくなるぐらいの、堂々たる姿でした。
この美容院でいつもきれいにしてもらってるのかな!??
■バルセロナ | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。