愛すべき87歳女性

2013/03/05 Tue 13:34

日本とスペイン北部の旅から帰ってきて、ようやくバルセロナの日常生活に入りました。
突然ですが、我が甥っ子も写真を見てくださーい。9ヶ月です。

IMG_0001_8.jpg

私にはなんと6人の甥っ子・姪っ子がいます。
今度最後の?(はずの?)甥っ子が生まれましたが、かわいいんですよー。
6人はみんな生まれた頃から、性格も違い、興味も違い、反応も違い、それぞれかわいかったです。しかし今回の子は、いっつも、ニコニコ,ニコニコ。幸せオーラの漂っている子で、年が離れたひさしぶりの赤ちゃんのこともあり、本当に家族親戚全員がメロメロになっています。

・・

話は変わりますが、母の友人の87歳女性について紹介します。
たまたま私が滞在中にお会いし、たくさんのエピソードを聞いて、元気をもらった人です。

87歳って、あと3歳で90歳ってことですよね?
あまりに年齢を信じられないエピソードが多いので、話を聞くたびに、母に向かって、年齢の確認をしてしまいました。お母さん、何か勘違いしていない? 87歳って私が考える通り、90歳に近いってことよね??と。

うちの叔母たちだって妖怪みたいな元気なおばあちゃん達になると思っていましたが、この女性はスーパーに若々しい、まさに、がばいおばあちゃんです!



温泉で出会った時にもオシャレで、ライオンの私が恥ずかしくなるほどで、うちの母よりもしわもないって伝えた通り、どうやらモテモテのおばあちゃんのよう。

母が足が痛いと言った時、すっと軽やかに足を出して、「おとうちゃん、もんで♪と、おとうちゃんに足をマッサージしてもらいなさい♩」と言ったのですが、その甘え上手なセリフと、軽やかな足の動きに、びっくり。ユーモアもある女性だと見ました。


このがばい女性(おばあちゃんと言ったら、怒られそうなので書きません)、すごいんです。
プライベートのことなのであまり詳しくは書けませんが、80歳を超えてるというのに、ある男性と「結婚」の話が出て、一緒に5年ほど過ごしたそう。残念ながら男性は亡くなられてしまいましたが、お互いに年齢も年齢なので籍こそ入れなかったものの、楽しい時間を一緒に過ごされたようです。そんな話が出ることが、どれほどの女性かわかるというものですね。


母が先日お宅にお邪魔した時にはちょうど食事中だったそう。全部自分で作ったのとびっくりする品数のお料理と、どんぶりで白ご飯を食べていたそう。母にもおやつを用意してくれていたそうですが、ご自分も「途中でやめるのはよくないから、このまま食べさせてね」ということで、その場でもりもり食事をされてたそうです。87歳とは思えぬ、食べっぷり!! その食欲が元気のもとの1つでしょうか。


しかもおしゃべりの中で、にこやかな彼女が「憤慨」していた話を聞いたのですが、これがまた笑えます。何かの集まりがあったそうなのですが、「最年長女性」ということで記念品をもらったそうです。これに憤慨。

「男性ならともかく、女性に向かって、最年長と人前で言うなんて失礼だ!!!。そんな記念品も欲しくない」。


この方、永遠に気持ちの若い女性なんだなと思いました。私なんてその年齢になったら、最年長と言われて記念品をほいほい素直に受け取りそう(笑)。まだまだ修行が足りません。私も憤慨する女性にならなくっちゃ。

いくつになっても女性に向かって「最年長」なんて言うと、嫌がる人もいるというのも、目からウロコでした。世の中の皆さん、気をつけてくださいよ。


もう1つの憤慨話。
みんなでわいわい飲んでいたところ、80代の男性が、「○○さんの隣に行きたい」「○○さんに、キスしたい」などと言ってきたそうなのです。いやー、佐賀のおじいちゃん、おばあちゃんも、刺激的な?会話をしているんですね。草食系の若者男性に聞かせたいものです。

そこで彼女はまた憤慨。
「男性は飲むと本性が出る」。
そして、よりによってその人が「禿げて、歳取った人なのよー!!」と怒っているのです。

私からすると80代の男性なんですから、「禿げて」「歳とってる」のも当たり前な気がしますが、彼女にも好みもあるし、おじいさんの中にもいろいろいるんでしょうね。前述の最後を連れ添った方はそれは素敵なおじいちゃんだったに違いありません。

そんなセリフの数々にも、ますます、「若い!!!」と感嘆。本当に聞けば聞くほど、若いんですよ!

しかも普段寝るのは夜の12時だそう。
私はてっきり世の中の80代のみなさんは早く寝ているもんだと思っていました。1-2年前まで遅くまで起きていたうちの母も、さすがに今年は夜10時半には寝るようになってきましたが、そんな生活も型破り!

ある日母がばったり町で出会った時は、荷物をたくさん抱えていたそう。
どうしたのかと聞いてみると、「ひさしぶりにパチンコをしたら、2000円勝った。だからお菓子をたくさん買ったのよ♪」と。

87歳でパチンコへ行くのも若いし、買ったところでそれを全部お菓子に変えるのも若い。


ちなみにうちの母は去年彼女と旅行に行き、また次の旅行の計画もあるのですよ。誘ってくるのはもちろん彼女です。うちの母はいつも「あー、○○さんは楽しいわー」と笑いながら帰ってきては、彼女のエピソードを披露してくれます。


87歳なんてタイトルに書いちゃいましたが、これを彼女が知ったら、「女性の年齢を書くなんて」と怒られますね。いやああ、本当にそんな元気な人。私も彼女みたいなおばあちゃんになりたいです!!!


最後の締めはまた、甥っ子で。

IMG_0003_4.jpg

IMG_0012_4.jpg
すみません。叔母ばかで、、、。時々見て,癒されてます・・。







スポンサーサイト
■ひとりごと | コメント(0)

バルセロナのあれこれ・・

2013/03/24 Sun 09:45

写真の整理ついでに、皆さんにバルセロナの紹介を。
突っ込み写真も入っています。

PA170002.jpg
バルセロナのベイ・エリア。ヨットが並びます。そのオシャレなベイサイドで、、。

PA170001.jpg
最近はヨットで生活している家族もいるとは聞いてましたが、洗濯物!??


P9240195.jpg
コロンブスの塔の下の立派な立ち姿のライオン像。これにみんな、、

P9240193.jpg
登りたがる、
P9240191.jpg
背が高いのでのぼるの大変、
P9240194.jpg
必死。。

P9240196.jpg
P9240197.jpg
誰かがやると、みんなやりだす、、。
P9240199.jpg
*注意ー観光地では場所によっては建造物にのぶることを禁止されているので、良い子の日本人は真似しないように。

P9220110.jpg
街角を歩いていると上も見上げてごらんください。
P9220115.jpg
しかし、白馬って発想が、日本じゃあり得ない感じ??


P9100047.jpg
上から猫ちゃんがこんにちは、のことも。
P9100046.jpg
アップでどうぞ。
P9100048.jpg
ちなみにこのおうちのドアはこんな感じ。

PA290285.jpg
ダリ美術館で有名なフィゲラスの街角。いらなくなった携帯電話、プリンターのインク、ワインのコルク、などなど分別で捨てれるゴミ箱がこんなにかわいいです。


PB030338.jpg
見てください!あまりにびっくりした、スペイン人友ヘー君の勉強ノート。左がスペイン語、右が日本語ですが、この几帳面さ!!写真じゃ分かりませんが、これミニメモ帳で、ぎっしり小さく、きれいに字が並んでいます!!!おおらかな感じのヘー君、実は几帳面な人だったんだとこれを見て初めて気づきました。私のなぐり書き、見せられんなあ!!

P9180070.jpg
私が来た頃にはコンビニもお総菜屋も存在しなかったスペイン。今は移民経営のコンビニみたいな店もでき、市場やデパートの食料品コーナーにもお惣菜コーナーができました。週末はぐるぐる回ってるチキンを買いにいくってのは昔もありましたが、おしゃれなお惣菜屋さんもできました。これは隣の肉屋さん経営で、週末はご覧の通りの行列。ぜったい美味しいに決まってるから、いつか買いに行こうと思っているお店。





P9100053.jpg
バスで目の前に座ったおばあさん。こんな素敵な帽子は初めてみました!!!

P9210084.jpg
スペインだからやっぱりタコなんだなって思ってたら。「違うよ!!これは、パウルだよ!!スペイン中探して買ったんだよ!!」とおじさんに言われました。皆さん、覚えてます?ワールドカップでスペイン優勝を当てた,今は亡き、予言タコのパウル君!そうか!!君だったのか!??(私も欲しい、これ)
■バルセロナ | コメント(0)
 | HOME |