スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSCF7468_20121230174830.jpg
パンプローナの街がまだ寝ている時間に出発。

DSCF7478.jpg
DSCF7476.jpg
しかし教会を見つけて,ちょっと観光。

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
フランスの道 | コメント(0)
Obanosの村へ到着。宿の前のベンチにのんびり、しゅうさんが待ってました。宿はまだ閉まっていると。そんなに急がなくてよかったんですね。

ちょうど私が到着する頃に巡礼宿があいたのですが、アットホームな宿でした。
DSCF7528.jpg
広いけど人があまりいないので、好きな場所を取り放題。

DSCF7529.jpg

DSCF7531.jpg
中庭があったので太陽の下で洗濯物が干せました。

ここの宿で知り合ったのは、、。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
DSCF7540.jpg
Obanosの村には大きな教会があるので、こちらでミサに参加。
そのあと、村の子供達による、英語の観光ツアーに参加しました。無料です。

英語じゃなくて私達はスペイン語でいいわけですが、子供達に英語を練習させるという意味もあるようです。アルベルゲで一緒になった日本人のおじさんと3人で参加しました。

この英語ツアー。なんと子供達は初デビュー日だったのです。私達は記念すべき第一号のお客様でした。英語の発音はうまくはなく、聞き取りにくいですが、相手は子供さんですからご愛嬌。

DSCF7555.jpg


>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
フランスの道,4日目の朝。フランスの道とアラゴンの道の合流点オバノスの村を出発します。

宿で靴を履いて、すぐに、、。
「あー、アキレス腱が痛い」。。

昨日、靴を脱いでからは我慢して歩けていましたが、改めて靴を履くと、「今日は歩けないかも」と真剣に思ってしまいます。心の中でちょっと真っ青・・。一人旅だったら自分のペースで歩けばいいですが、連れのシュウさんに迷惑をかけたくありません。ちょっと不安になりました。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
Villatuertaという村へ到着しました。

村へ到着する頃に、アジア人家族と知り合いました。
中国人のご主人と韓国人の奥さん。そして奥さんのお母さん。3人は後で同じアルベルゲに入ってきました。

この日の宿泊客は、このアジア人家族と、イタリア人男性1人。それだけでアットホームです。
少人数で、皆さん騒がない人柄だし、部屋でのんびりしていて外に出てこないので、ほとんど私としゅうさんだけの貸し切りな感じで良かったです。

DSCF7635.jpg
部屋は男女別に分けてくれました。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
DSCF7677.jpg
VIllatuertaの私営アルベルゲでの朝ご飯。
こーんなにたくさん用意してくれていて、気持分のお金を貯金箱に入れてね!という仕組みです。
ありがたいです。

しっかりいくら、、とお金を取るところは公共アルベルゲでもあるというのに、お金のある人とない人がいる、という状況をよく分かっているのでしょうね。


P1150510.jpg
ところで、この頃のデジカメ、穴が開きました、・・・。カメラに穴があくって、どういうこと?とみんなから言われるので、写真で紹介。
レンズの手前に、ほくろのようにあいてしまった、穴、、。
私はよく、カメラを、がつんとか、ごつんとか、ぶつけているらしいです。ごめんね、、。

DSCF7680.jpg
今日の巡礼道も景色がいろいろで楽しかったです。
次々とどうぞ!


>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
DSCF7752.jpg
巡礼中にワインがただ飲みできる場所がある、という噂は大昔からよく耳にしていました。巡礼に行くと決めた時から、一番楽しみにしていた場所です。


>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)

フランスの道5日その3

2011/07/03 Sun 18:12

ちょっとした事件とは、、?
実はオバノスで出会った韓国人の家族。宿がいっぱいで泊まれなかったのです。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)

フランスの道6日目その1

2011/07/04 Mon 04:00

6日目その1。

DSCF7831.jpg

暗いうちに村を出発します。
この巡礼中、一番早く起きました。
3時半とか?忘れましたが、早い起床だったと思います。

ところが宿から出れない事件が!
Casa Ruralなのでレセプションに人がいるわけではなく、鍵の開け方が分からない!!!せっかく早起きしたのに出れない??と思いましたが、ずいぶんあせって、すったもんだしたあげく、同じ宿に泊まっていた別の人を起こして?あけてもらいました、、。(ごめんなさい。そんな時間に起こされるなんて、とんだトバッチリでしたね、、)


DSCF7835.jpg
しかし外に出ると、きれいな朝焼けです。

写真の記録を見ると、まだ朝の、4時10分。


>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
6日目その2。Torres del Rioの町をバックにパチリ。
DSCF7881.jpg

町の入口に、冷たげな川があるのを発見。あとで足を冷やしにいこうと決めます。



DSCF7883.jpg
Torre del RIo 川の塔という名前の村なので、塔らしきものがあるだろうと思っていました。川は先ほど隣村から確認。

DSCF7888.jpg
ここに泊まろうと決めていたアルベルゲを目指します。今は予約がOKの私営のアルベルゲ。複数の宿があるので競争があるんでしょうね。

DSCF7889.jpg
キッチンがあるので、巡礼中初の?簡単お料理をしようかとなりました。

DSCF7887.jpg
洗濯機も自動販売機も揃っています。

DSCF7890.jpg
お部屋は二人部屋へ!!

DSCF7885.jpg
このアルベルゲは広いテラスがあります!

DSCF7892.jpg
もっと上の階にあがると、大きい窓がいっぱいのサロンもあります。眺めも良し!

DSCF7893.jpg
上から下のテラスを見下ろしたところ。
もちろん洗濯物も、太陽の中たくさん干せました!


DSCF7895.jpg
宿が決まったので、散策と、昼食へ出かけます!
フランスの道 | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。