スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スペインの失業保険

2011/05/05 Thu 11:50

DSC00035.jpg【聖週間(セマナ・サンタ)=イースター=復活祭の頃。バルセロナでは町中のチョコ屋・お菓子屋さんがチョコレートの彫刻というのを作り、ウィンドーを飾ります。】


今日の話題は失業率。スペインでは失業者数がヨーロッパでもトップ・クラスで、20%を越えていますが、じゃー、悲壮な雰囲気が漂っているかというと、ちっともそんなことはありません。

私の周りだけかもしれないけれど、失業中で困っている・・・というケースを1人も知らないのです。5人に1人なんだから誰か身近にいてもよくありません? 誰か知っている?とスペイン人の若者に聞いたところ、「失業中の子はいるけど失業保険があと1年半残っているから、まだ探してない」ですって。


「失業保険は1年、働かないともらえないんだよ!1年は長すぎる!」と悪友ぐうたらのスペイン人が言っていて、「1年ぐらい我慢して働けー」と日本人友の驚きを買ってました。このスペイン人、1年働いては失業保険をもらって、日本や外国に旅行するということを繰り返しているのです。1度やってみて、味をしめちゃったんですね。

1年働いては失業保険・・というのを繰り返しているスペイン人は多いと聞いたことがありましたが、本当にやっている人に出合ったのは初めて。しかも仲良しの友達なのに、ヤツがそんなことをしていたとは最近知ったのでした。私達の働いた税金は、おまえみたいなスペイン人のために使われているんだなー(怒)!


調べてみると、日本の失業保険は厳しいんですね。最長でも11ヶ月! しかも雇用保険に20年以上(!)加入していて会社の都合で失業した場合で、11ヶ月です。加入5年未満の場合は会社の都合でも90日なので、だいたいの若者はこれにあたります。自己都合の場合は最長で5ヶ月、加入10年未満は90日まで。しかも支給を3ヶ月待たされます。



スペインは?なんと1年ごとに4ヶ月の失業保険なんですよ。友達は1年は長い!とバカなことを言ってましたが、1年働いて4ヶ月の休み!すごいですよねー。こりゃー、スペイン人じゃなくても、心が動きます。

しかも働いた年数x4ヶ月なので、5年働いた人は20ヶ月ももらえます!!たった5年で20ヶ月!スペインはいったいどこからそんなお金を捻出するのでしょうか。

最長で2年が限度だそうだし、金額は途中で下がるそうですが、それでも良いですよね。ちなみに自己都合だと一切もらえないそうですが、会社とネゴして、会社がやめさせたようにしてくれるところも多いそうです。これは実際に何人にも聞いた話なので、広く横行している習慣のはず。

しかしこんな甘い支給システムだから適当に働いてはやめてを繰り返してるスペイン人が多いんでしょう。良すぎますよねっ!


DSC00023.jpg


上の悪友が言ってましたが、不況になる前は履歴書を送ると、電話が1日中、鳴りっぱなしだった、というのです。(注。たいした職歴の人ではありません。語学力は複数言語あり。)それも驚き。辞めて繰り返す人が多いせいと、短期雇用が多いせいでしょうか。

最近、2ヶ月も前に履歴書を送った会社から連絡が来た、それは遅すぎると彼は驚いていましたが、2ヶ月も前の履歴書を会社がひっぱってくるって当たり前と思っていました。私は逆に、こんな不況でも2ヶ月も前の履歴書をひっぱるなんて人材がよっぽど足りないようで、そっちの方に驚きました。スペインの就職事情って不思議ですね。

この悪友は「職種・条件を選ばなければ」仕事には困らない、と今でも豪語しています・・。


日本はちゃんと職安に顔を出さないと失業保険はもらえませんが、スペインではネットで申告ができるそうで、「あなたは今スペインにいますか?」「はい」なんて質問に、日本から答えるだけでOKだったそうです。
はああ。なんちゅう、甘い仕組みでしょうか。ちょっとあきれたシステム、紹介しました。



DSC00033.jpg
↑ 【スペインでは脱毛をやってくれる店が町中にありますが、この店名。bye bye Pelos。直訳すると「バイバイ、毛」みたいな感じです。響きはバイ・バイ・ペロス。私には冗談にしか思えませんが、まじめに店名になっています。この響き、果たしてスペイン人にはオシャレな英語に聞こえるんでしょうか?】
スポンサーサイト
■社会・経済などまじめな話 | コメント(3)
今回のブラジル旅行では飛行機のトラブル?、エピソード?が盛りだくさんでした!皆さんの今後の参考になるかと、書いてみます。

rio (31)
【写真 リオ・デ・ジャネイロは自然と丘の多い大都市でした】

・バルセロナからフランクフルトへ
対応のきちんとした印象のルフトハンザ航空ですが、なんと空席待ちの人が10人以上いました!「翌日24時間後に別の飛行機(他社)で移動しても良い人には、600ユーロと、フランクフルトのホテル代を払います」と放送があります!!


>>続きを読む・・・
ブラジル | コメント(0)
日本に住んでいる人には絶対にわからないけれど、スペイン在住者の中でよく苦労話が出るのが、スペインの会社のアフターサービスの悪さです。

電話会社で嫌な思いをしている人が多いと思うんですが、そもそもホームページを見ても、サービスセンターの電話番号が絶対に出てこないようになっているところから、会社の姿勢が分かります。新規契約のための電話番号は出ていますが、問題が起きたときには電話がなかなかつながらないように出来ています。

かかった人の対応も悪く、途中で「聞こえないフリをして電話を切る」というケースが続いたことも。他の友達も言ってましたが、あれは彼らの手口のようです。(笑)


いかにサービスが悪いかには、長い愚痴になりそうなぐらい、話のネタがあります。でも私に限らず、誰もが苦労エピソード、持っていると思います。最近もネットや携帯電話など、ここ2年ぐらいトラブル続きです・・。あー、日本ではあり得ない・・。


故障やトラブルがあると、それを解決することよりも何よりも、「あー、お客様係に、電話するの、嫌だなー」という気持ちが一番先に浮かんじゃう!そのぐらい、問題を解決が大変だし、その電話に出る人の対応もひどいものなんです。。。うんざりして、疲れちゃうんですよ。


いつものように前置きが長くなりましたが、そんなサービスの悪いスペインで、皆さんにお勧めしたいのがガス湯沸かし器Calentadorのメーカー、Junkerです。

このメーカーを設置したのは、うちのアパートを修理した人が買ってきたため。でもこの会社、いつもとてもサービスが素晴らしいんです。

前回も設置しても点火されない・・という自体になったのに、設置した人が翌日からバカンスなので、「メーカーに直接電話をして見てもらいないさい」と言い渡され、放置されたので自分で電話したのですよね。この時も電話するとすぐ翌日に来てくれるし、サービスの電話も応対も素晴らしい。来てくれた人も5分で問題を解決する・・というプロぶりでした。

私の電話番号で管理されているので、次に電話したときもすぐ記録が出てきます。

・・で、今回また調子が悪くなったのです。先日友達が来たときに、ガスが点火せず、お湯がなかなか出ない・・という目にあいました。それからちょっと直った・・と思ったのですが、また同じ目に。毎日10回ぐらい点火を試みないとお湯が出ない状態になりました。

これは困った!また問題か・?と思い、恐る恐る、面倒だなーという気持ちで、メーカーのJunkerに電話してみました。するとテープが流れるのですが、「アフターサービスの契約のある方は1番、ない方は2番を押してください」のところで立ち止まってしまいました。

前回は設置してすぐだからいらないと言われましたが、今はどうなんだろうか?1年ぐらいサービスがついているのだろうか。で、よく分からずに、電話を切ったのです。

すると?? 間髪入れずに、電話がなりました。これを取ってみると、「今、うちの会社にお電話されましたか?」と。これにはびっくりしました!! なるだけクレームの電話を取らないように、取らないように、という姿勢の強いスペインで、こちらから切った電話に対して、電話を掛け直してくれるとは!!

かくかくしかじかと話をすると、すぐに明日午前に伺います、と承諾。しかも来てくれた人はやっぱり5分で問題を解決。本当に素晴らしいです!!

しかも10月に設置したばかりという話をしたせいか、5分で終わったせいかは知りませんが、修理費などの総額を取ることになっていたが、取り消してもらってあげる、と言ってくれて、その場で会社に電話をしてくれました。

昨日の、「あー、電話しなくっちゃ・・」と憂鬱な気分がいっぺんに吹き飛びました!お湯はちゃんと出るようになったし、スペインではなかなか出会えないアフターサービスの良さに感動です!!


・・ということで、これからCalentadorの購入を考えている方はJunkerお勧めします!!アフターサービスが素早いのが一番ですよ!会社はドイツで、組み立てはポルトガルでやっていて、アフターサービスの会社はここの会社だ、、と言っていました。在住者にお勧め情報でした!


■ひとりごと | コメント(2)

タイ料理&メキシカン料理

2011/05/15 Sun 12:08

写真が増えているので、まとめてアップします。まずはタイ料理レストランのPetit Bangkok。


最近タイ料理といえば、うちの近所のBangkok cafeばかりに行っていますが、ここができる前はPetit Bangkokも好評でした。今はコックが変わったそうで、前よりもっと美味しくなり、予約がますます取りにくくなった!と話を聞いて、ひさしぶりに行ってきました!

カメラを忘れたので、携帯の写真からどうぞ!
DSC00015.jpg
店内はとっても狭いです。写真に写っているのの、倍ぐらいしかテーブルはないかな。Bangkok Cafeも小さいですが、もっと小さいです。


>>続きを読む・・・
和・アジア・エスニック | コメント(0)
スペインでは寿司ブームです。私が来たばかりの10数年前頃は「生の魚を食べるなんて・・」と毛嫌いされたものなのに、変われば変わるものですね。しかも右を見ても、左を見ても、寿司・寿司・寿司。まあ、寿司といってもスペイン人にとってのSUSHIとは巻き寿司のことなんですが・・。おえっと思うぐらいの量の醤油にびちょびちょに浸して食べています。

そんな寿司ブームに便乗したスペイン人や中国人の経営する、偽日本食レストランも多いですが、やっぱり日本人経営のレストランを応援したいです。


今日紹介するのは前置きに反して、お寿司は置いていない、お母さんの味?の日本食レストランです。つまり寿司ブームに便乗していないお店。
以前はMuntaner通り沿いの、ホテル・ダンテの近くにあったUna mica de Japo。アラゴン通りに移転しました。

abril 104

店名が大きく書いてないのでどこかしら?と思うかもしれませんが、白い扉と、お弁当の大きな文字が目印です。


>>続きを読む・・・
和・アジア・エスニック | コメント(0)
お知らせです。

6月19日(日曜日)、バルセロナの日本語図書館で古本市が行われます。
時間は11時から17時。
本のお値段は0.50ユーロ均一です。

住所はValencia通り 204、Principal 1r (AribauとMuntanerの間)
レストラン遊の隣の扉です。



古本市は毎年恒例ですが、今回は東日本大震災に伴い、図書館でも義援金を集めるためのチャリティーバザーを同時開催することになりました。お手元にある不要な品で、売れそうなものがありましたら、寄付をお願いします。

古本市の日までに図書館の開館時間内にお持ちください。
チャリティーバザーで集まったお金は全額日本赤十字に寄付されます。


またはお友達をお誘いのうえ、買いたいものがあればご協力ください。


図書館の開館時間は
水曜日の12時から17時まで。土曜日の12時から16時まで。
詳細は図書館のホームページよりどうぞ!(←ちょっと古い情報で更新されていませんが、土曜日は16時までに変更となりました)

**追伸**
バザーの品物ですが、「日本ぽいもの」のようです。日本語図書館だから、そうですよね。
なんとなく、なんでもいいんだと思っていて、まず第一弾として和風な、しかもとっても小さなものを持っていったのですが、それでOKでした!(第2弾は全然関係ないものを持っていこうとしてましたが。汗)こんな小さな小物売るというより、あげてくれていいんだけろなんて思ってましたが、皆さん、和紙で小さな手作り品なども出品してありました。

私自身誰かにあげようと思って持ってきたものもありましたが、スペイン人にプレゼントするにいいかのが見つかるかもしれません!私は巡礼中に誰かに小さなものをあげたいと思っていましたが、自分が手元に持っているものは重すぎるので出品。逆に見せてもらったものは本当に小さくて軽くて和風でかわいいものがそろっていたので、自分が買いに行ってしまうかもしれません!?

追伸でお知らせでした!


■バルセロナ | コメント(5)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。