日本の応援!

2011/04/04 Mon 11:58

町を歩いていると、窓際に日本の旗とメッセージを見つけました。

japo2.jpg


スペイン人も応援している?と嬉しく思いましたが、もしかして住んでいるのは日本人だったりして。


上はフォルサ・ジャポと書いてあり、カタルーニャ語。フォルサとは力(ちから)のことです。下のアニモ・ハポンはスペイン語で、アニモは元気。どちらも「がんばれ、日本!」の意味です。日本の旗を掲げてくれたのが誰であろうと、励ましのメッセージには嬉しくなりました。


ところで、アップルストアーで音楽の購入をしたことは一度もなかったのですが、期間限定発売ということで、

>人気ユニット「DREAMS COME TRUE」、徳永英明、福山雅治、長渕剛、松田聖子らユニバーサルミュージック所属の79組によるコンピレーションアルバム「アイのうた~東日本大震災チャリティ・アルバム」

というのを購入しました。
気持ちながらの応援と寄付の気持ちを込めて。自分も元気になる曲がたくさんです。


同様にアメリカで発売になった、
>マドンナら世界中の38組が参加し18か国で1位を獲得したアルバム「ソングス・フォー・ジャパン」

も購入しようと思いました。値段も高くありません。
ところがアップルストアの購入コメントによると、ミスがあるらしく、同じ曲が2度ダウンロードされたり、曲名と一致しない曲がダウンロードされてしまうとのこと。

アメリカ人にしては?素早い発売でしたから、そんなミスもさもありなん。
でも訂正されるようだったらその後にダウンロードしたいとも思うので、ちょっと待っているところです。曲的にはあまり面白くない気がしましたが、寄付の気持ちなので、いいんです。


ところでスポーツ報日のネットニュースで次のように紹介されていました。

>ドリカムの「何度でも」(05年発売)は、震災直後の1週間(14~20日)で、全国ラジオ局オンエア回数の邦楽1位を記録。あきらめず前向きに生きる歌詞が印象的で「『自分たちは何もできないので曲で励ましたい』と、全国から多数のリクエストが寄せられた」(TOKYO FM)。

私は大のドリカムファンで、今までもたくさん元気をもらってきました。「何度でも」は前半は曲としては難解で暗めな気がして、ちょっと飛ばしたくなっちゃいます・・。が、サビの部分とその少し前あたりは大好きで、本当に元気になりますね。応援歌としてふさわしい曲だと思います。皆さんに、これが届きますように!


また、日本からきた友達が、「CMが自粛されているのでCM製作会社のメッセージ5種類ぐらいが一日中繰り返されて、ノイローゼになりそう」と言っていました。苦情も増えているので少しCMを出す会社も少し出てきたそうですが、それは嫌ですね!日本のCMって楽しくて明るくて、あれだけでも気分転換になるというのに。自粛ムードと経費削減が関係しているんでしょうが、そろそろCMスタートしてもいいんじゃないでしょうか。


私は震災の暗いニュースがある中で、なぜか、ずーーーーーーっと「今こそ見たい」と思っていたCM映像があったのですが、それが日本生命の浅田真央さんの出るCMです。嘘のないスポーツ選手のドラマはだいたい感動的なものですが、あれを見たいとずーっと思ってきて、上の「CM自粛」話を聞いて、見たい願望がより強くなってしまいました。「たくさんの支え」編と「わたしはひとりじゃない」編があります。探してみると、この2つをつなげたYOUTUBEが出てきました。最近アップされたようで、同じことを考えている人がいたんだな・・と。曲もメッセージも良くて、これを編集して、被災地励ましCMにして欲しいぐらい。ちょっと見てみてください!




スポンサーサイト
■ひとりごと

カタルーニャ独立の投票?

2011/04/10 Sun 21:34

そろそろブログを普通に明るく、再開したいと思っています。

明日で震災から1ヶ月になるんですね。1ヶ月もたった気がせず、原発がいまだに安心できる見通しもないところが不安ではありますが、1ヶ月というと、そろそろ普通の生活に戻らなくてはなりません。

そもそも東京の友達のリアルなメールを読むと、彼らはとっくに普通の生活(そうでない部分が多少はあっても・・)に戻っています。毎日会社にも行かなくてはいけないし、子供の世話もしなくてはなりません。原発が心配だからといって立ち止まるわけにはいかないのです。


外国に住む日本人は必要以上にナーバスな状態になっている人も多いそうで、なんとか症候群・・と名前までついているのだそうです。隠す日本と違い、海外のマスコミでは誇張表現も多いため、日本の状況が大げさに伝えられているのもあるでしょう。また結局は蚊帳の外。遠くから離れて想像しているためにドラマチックに捉えてしまう人もいるかもしれませんが、日本に住む人々は現実に対応していくのに一生懸命で、悲しんだりするヒマはないのでしょう。



ところでここ3日ほど陽気・・というより暑くて暑くて顔を上げては歩けないぐらいの気候が続いていますが、昨日こんな集団を発見しました。


abril 021
ランブラス通りは黄と赤のカタルーニャの旗で埋め尽くされているようでした。どんな団体さんだったかは分かりませんが、今日、バルセロナでカタルーニャ独立の投票(非公式)というのを行ったので、それと関連するかもしれません。

カタルーニャ独立の投票というのはすでに過去に何度かカタルーニャの田舎で行われています。その結果は、8割9割の確立で「独立賛成」の結果。今回はバルセロナ市で行われましたが、都会はどうかしらん?と思っていました。地方からの移民も外国人も多いし、投票率も低そうだなと。(早速ネットの新聞に21,37%の投票率と出ていました)

スペイン人の友達が言った台詞ですが、「カタルーニャ独立?じゃー、サッカーはどうなるんだ?今週もバルサ対エスパニョール、来週もエスパニョール対バルサ?。いや、バルサ対サバデイ、バルサ対オルタ?。」
そう来ましたか!めっちゃ受けてしまいました。サッカーに視点が行くところが、さすがリーガを大事にする国民ですね。



■バルセロナ

皿割り女と怖い人形

2011/04/15 Fri 08:33

世の中にはよく皿を割るタイプと、全く割らないタイプがいるそうですが、私は明らかに前者です。

どのぐらい割るか、普段は気にしていないんですが、1日に2度(朝と晩)、割ったことがあります。また半年で4つのマグカップを割ったことも。なぜ覚えているかというと、夏に2名の同居人が入ることになり、2つマグカップを買ったのです。それまで2つあったので、4つになりました。・・で、12月にパリンと最後のマグカップが割れてしまい、戸棚に1つも残っていないのに気づいた時、「6月には4つ存在した事実」を思い出して、我ながらそんなに頻繁に割っていたのかとびっくりしたものです。

結婚式の引き出物などでもらった高いワイングラスやシャンパングラスなど、日本からわざわざ持ってきたものもあったのに、同じ運命に。唯一残っていた高いグラスには青いペンキを2滴ほど垂らしてしまい、お客さんには出せません。ワイン祭りなどでもらった安グラスばかりが何故か残っています。


・・・・そんな私だったのに、最近、さらに割合が増えてるんですよー。週1ぐらいの割合で何か割っちゃってる感じ。友達が飲みに来た先日も!グラスを片手に、キッチンのドアを開けながら、「最近、すごくグラスを割っちゃうのよー」と話し始めた、その瞬間!その瞬間ですよ!!ぱりんと斜めにドアにぶつけてしまい、見事に目の前でグラスを割ってしまいました。二人で唖然!身をもって表現したというか、漫才みたいな場面でしたが、友達には「衝撃的な場面だった」と言われてしまいました。言っている最中ですもんね!


その時割ったのはIKEAで買った格安のシャンパングラス。6個セットで箱に入れて収納します。去年のクリスマス前に買ったのですが、すでに1個割っていたので、もう4個しか残っていません。箱の隙間がわびしいです。こんなに割っていたら高いのは買えない!とも思いますが、案外高いグラスを買えば大事に大事に扱って、割れないかもしれません?やっぱり扱いが不注意でゾンザイなんでしょうねー。(しかし自分でも疑わしいと思うので買う勇気なし・・)

ところが!そんな皿割り女としてはお皿やグラスの1枚や2枚、割ることにはもうなーんとも不感症になっていましたが、昨日、ショックなことがありました。まだ中身の残っていたコーヒーメーカーがゆらりと倒れてしまったのです。倒れた先にあったのは砂糖壷と塩壷。土器みたいな入れ物で、蓋がついていたのですが、蓋の横から流れ落ちたため、塩や砂糖が、土器の形に淵が茶色となり、なんだかマーブル色になっております・・。

新たな失敗だったのでひさしぶりに動揺しました!塩も砂糖も安いものだから取り替えればいいんですが、もったいない。真ん中部分はどちらも真っ白なので、コーヒーが乾いてから真ん中部分だけ取り出してみようか模索中。
(そんな模索せずに、早く片付けろ?)


japon 706
話は変わりますが、フィゲラスの町並みでのウィンドー。スペインのお人形ってリアルでかわいくないですが、これ、怖い!


japon 707
こっ、怖い!!スペイン人は怖いと思わないんでしょうかっっ!!ピンクのハート型をしてても、怖いです!!スペインの不思議の1つ・・・。


私だから?

来年の案内、カルソッツ!

2011/04/17 Sun 12:54

いつもながら「季節が終わっちゃう!」と慌ててアップしていますが、今回はごめんなさい。もう季節、終わっちゃいました!?。でも来年のために(?)紹介しておきます。カルソッツ。カタルーニャが世界に誇る?、とーっても美味しくて楽しいネギ料理です。


カルソッツは食べられる場所が限られていますが、郊外やVallsやCambrilsなど数々のレストランに行ったと思います。しかしここ数年ずーっと通っている一番のお気に入りのレストランがあって、これがValls。車がないといけません。今日紹介するのはバルセロナから電車でいける、郊外のレストランです。


知り合いがこのレストランをやっているのですが、お店の名前はTorre de la Liebre。
バルセロナから30分ぐらい。Rubiの州営鉄道の電車の駅からすぐです。すぐといっても、歩くと思ったより遠い。そこに見えているのに!という遠さを感じましたが、帰りは感じなかったので、腹ペコだったからでしょう。線路の上を通る陸橋を渡って、目の前のレストランです。


japon 664
カタルーニャな気分が盛り上がります。マシアタイプの一軒家。カルソッツだけでなく、他のお料理も美味しいレストランです。


>>続きを読む・・・
レストラン・バル・カフェ

ボヘミック

2011/04/18 Mon 10:07

ブログを長いこと書いていないのと、「やっぱりネタがそんなにないよねー?」とよく言われます。誰も私が単なる怠け者ということに気づいてなかったりするから驚きです。

もちろん仕事が忙しいとネタもなくなるでしょうが、比較的時間に余裕のある仕事をしているため、人と会ったり、遊んだりと、行事イベントは多い人間なのですよ。私自身、祭りなどのイベントがあると、皆に声をかけて行くことも多いです。

多忙な時期を除くと、だいたい週に3回ぐらいは誰かと会って、ご飯かお茶か飲みをやっている・・でしょうか。だからカフェかレストランのネタはたくさんあるのですよね・・。逆にネタがたまってしまい、あーー、どっから手をつけていいやら!!の悪循環になっちゃうのです。一度書いたレストランは今のところ書かないことにしました。だってまだ書いていないレストランがあるのに!しかし同じレストランに2ヶ月以内にまた行くことになる・・ということもたびたびあります。

最近「ひとりごと」の記事が多いですが、今書きたい!というネタがある時の方が先送りせず、書いていますね。


前置きが長かったですが、レストランの紹介です。Bohemic。

bohemic (4)
昔のパリ的雰囲気。隠れ家みたいなレストランです。

>>続きを読む・・・
レストラン・バル・カフェ
先日、最近、物をよく割るという記事を書きましたが・・・。
記事を書いた同日に、またやってしまいました。

abril 055
去年のクリスマスに友人からもらったばかりの、オキシタンの石鹸と、葉っぱの形をした、陶器の石鹸置き。洗ってたら、手がつるりとすべり、葉っぱが欠けてしまいました。先っちょが割れただけで分からないかなーと思うけど、割れたり欠けた皿などは早く捨てた方がいいと友人がいうのですよね。石鹸置きもでしょうか!?かわいかったのに・・。


また、嘘のような本当の話ですが、この同じ日に、座っていた木の椅子が突然壊れたのです。びっくり!
もともと釘が甘くなっていて、ぐらぐらしていたのですね。でも座っている最中で、特に大きな身動きもしなかったのに、いきなり床に片足ついた時は何が起きたのかと唖然としちゃいました。これは修理できそうなのですが私の力ではできず、友人待ちです・・。

しかしこう続くと、何か不幸でも続いているのかと思っちゃいますよね。それとも私の不注意ではなくて、ポルターガイスト!? (幽霊が脅かそうとしているのに、私が気づいていないとか?笑)

また、友人と話していて、さらにびっくりが!!レストランで働いているのに皿を1度も割ったことがないという友人が、私と会って、次に再び会う、たった数日の間に、2度も皿を割ったというのです!?伝染したんでしょうか。

なんか、皿が割れているのは私の何かの身代わり??なんじゃないか・・という気さえしちゃいました。身代わり観音みたいに、何かから救ってくれてるんじゃないかしらん。


話はまた変わりますが、月曜日。ビーチで友達としゃべっていて、ちょっと足を焼こうかなーと思い、足をさらけだしたまま4時間しゃべり続けてしまいました。

気づくと、真っ赤。今年初めて足を太陽にさらけだしたせいか、必要以上にひどいことになったようです。その夜は水風呂に入り、冷やし、アロエジェルを百万回塗り、良いか悪いか分からないけれど、家にあった火傷の薬を塗ったり、いろいろやってみましたが、本当に痛い!!痛い、痛い、痛い、痛い!!!寝ようとしても寝れずに、氷で冷やそうとするけど、氷との接触がもう痛すぎるんです。水が一番柔らかいので、寝る前にもう一度水風呂。翌朝も朝の出勤前の7時半に30分間、水風呂。本当につらかったです!!

翌日もその足でアロエジェルを1日塗りまくりしたが、靴下があたるのが痛いのですよ。夕方仕事が終わって薬局に行って見せたら怒られました。塗り薬をもらい、アロエジェルも併用して何度も塗っていいと許可をもらい、水もたくさん飲みなさい、といわれた次第。今日が3日目で、痛みは治まってきましたが、まだだいぶ赤いです。

ちょっと恥ずかしいですが、大根足を披露すると・・。

20110421021314a70_20110425194036.jpg

きゃー、ですよね。(すみません、太い上に、ポーズも変なので、なまめかしい足になっています。知り合いの男性も数名ブログを読んでいるのは知っていますが、ほとんど読者は、女友達と、知らない人だから、ま、いいか、出しちゃえ!!恥ずかしいので、画像は小さくしてあります・・)

しかし痛い!!というの、分かるでしょ??

変な焼け方をしちゃったので、この夏はスカートは、はけません。くっきり線が残ってるはずだから。

こういう、不注意で焼けたことって、過去に5-6回あるのですよね。ネタもたくさんあり。しかしもう20代の若者じゃーあるまいし、この年でこんなことするなんて思いませんでした。恐るべし、スペインの太陽です!



さて。今日はお知らせも兼ねてブログをアップしたのですが、本題。4月23日サン・ジョルディの日に、知り合いの日本人女性がチャリティーを兼ねて、街角に立って歌うそうです。スペイン在住の人はご存知かもしれませんが、テレビ番組で、有名なペネロペという歌を、日本語で歌って有名になった人です。ちなみにこの訳、上手に訳されて感心します。

みんなが元気をもらった、このテレビ出演、youtubeからご覧ください
本人は、とてもチャーミングで明るくて、素敵な人です。

ランブラ・デ・カタルーニャ通りの知り合いの花屋さんの前で歌うそうです。Diagonal通りに近いあたりと言っていました!!お知らせでした!!


■ひとりごと
 | HOME |