スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本から帰ってきました!

2011/02/17 Thu 10:24

ずーっと、クリスマスのお尻の写真のままで放置してましたが、ごめんなさいっ!!!

実は1月は3週間日本でバカンスし、帰ってきたところです。
・・というと、もっともらしい理由に聞こえますが、ただのぐうたらです。日本から帰ってきてからもすでに2週間近く立ってます・・。はい、すみません。

「1ヶ月以上ブログ書いてないって、広告出てるよ」と先日も別の友達に言われていたのですが、昨日あった友達に「やめちゃったの?」と聞かれ、これはやばい!!と今日は記事を書くことにしました・・。

ネタがないんじゃないかと思っている人もいますが、ネタを貯めすぎてどこから手を付けていいやら分からないというのが本音でしょうか。12月・1月と遊んでいたので、グルメネタだけはたくさんです。そのうちまとめてアップします。

巡礼ネタも早く続きを書いて・・・!!とのリクエストが多いため、これは昨日もちょっとアップしたんですよ。
日付を巡礼日のままにしているので、12月になっていますが、早く書け!と思っている方、そちらも少し見てみてください。

今ひょんなことから家に同居人もいるんですが、一緒におしゃべりすることも多いので、ぐんとネットをする時間が減っちゃいました。いかに一人暮らしが暇か、というのを実感します。


ところで日本はどうだったか・・っというと!
楽しかったです!!美味しかったです!太って帰ってきました!!

今回は実家が佐賀県佐賀市の一番今ホットな、「夢タウン」という地区に、家を新築して1ヶ月・というグッドタイミングでした。うちの親は大工さんから家を何度か建てている・・という、さすがにいくら田舎の佐賀県でもびっくりされる経歴の持ち主なのですが、その夢タウン地区に、祖父が土地を残していたのです。佐賀駅から近いにもかかわらず昔は農地ばかり。土地持ちだった祖父が兄弟大勢に土地を残しましたが(叔父・叔母は関東在住者も多いため)、その場所に家を建てたのはうちだけでした。さすがに「この歳でまた家を建てるなんてどんなものか」「もういいんじゃないか」と父は思ったようでしたが、遺産で受けた土地はわずかなもの。これを売ってもすぐそんなお金使っちゃうよ!駅から近くで便利な地区だし、家を建てた方がいいという父の友の助言で、家を建てることが決まったのでした。

母は最初から乗り気でしたが!何度か建ててるだけあって、こだわりいっぱいです。
お風呂は檜風呂。ただし、下部分はユニット。手入れが大変だから。ミストサウナもついているんですよ。風呂好き佐賀県民として、よく温泉やお風呂に出かける私達ですが(週1回ぐらい?ほぼお風呂は趣味なんです!)、今回は1度行っただけで、あとは3週間、家風呂を楽しみました!幸せでした!


歳をとったら2階のスペースはいらない、平屋で・・ということだったのですが、完成したのは屋根裏部屋つきでした。この屋根裏はふだんは収納スペースと貸してますが、とーっても広いのです。孫たちは5人・大喜びで寝てたらしいですが、びっくりするほど広いスペース。姉家族、妹家族が来ていた時にはみなで寝泊まりし、客間としても活躍してます。

あとはエコなうち、とでもいいましょうか。外断熱になっているらしく、分厚い壁の中に何かが通り(?)、夏は涼しく冬は暖かいというおうちなのだそう。こういう家を建ててくれる業者は佐賀県でも探すのが難しかったそうです。
夜の電気代の安いうちにレンガを暖めて、昼間自動放出という暖房器もありました。寒くなると勝手に動きだすそうで、1年間さわらなくていいんだそうです。

釘を使わない昔ながらの木造。前もそうでしたが、今時こういう家は少ないので大工さんが喜ぶんですよね。この家もスイスのしっくいというのを使ってましたが、塗る場所もたくさんあり、塗り甲斐があると大工さんが喜んでいたそうです。

・・なんて書くとすごい豪邸のようですが、小さな家なんですよ。なんせ平屋ですしね(しかし平屋も2階建てもコストはあまり変わらないだそう)相続した土地も大勢の兄弟で分けると残りはわずかなので、買い足さなくてはならなかったし。前に住んでいた大きな家ももちろん売らないと建てられないところでした。

うちの母は庭師さんにまかせる予定だった庭も自分でやりたくなり、今は庭の木や植物のことでいっぱいです。我が母ながら、本当にバイタリティーあふれて、前向きで元気な母です。

家の話が長くなりましたが、家が都会に(?)近くなったため、友達とも遊びやすかったです。私は車がないので、親に送ってもらうか友達に迎えにきてもらわないと、動けないんですよね。佐賀は車がないとだめなんです。恒例のみんなでお食事会もあっという間。それ以外にも週末や平日に遊んでくれた友達もいました。片道30分もかけて、仕事の合間にランチに来てくれた子も!みんなとのおしゃべりはあっという間で、しゃべりたりん!って感じですよ。

長くなってきたので、日本ネタはまた明日です!?


スポンサーサイト
■ひとりごと
滞在を1つにまとめて手抜き!ですが、写真をどうぞ!佐賀県ってどこー?っていう人も多いでしょうが、日本でバカンスするには最高の故郷です。

食べ物も美味しく、和風なものも楽しめ、温泉や焼き物で知られます。あまりにリフレッシュするせいか、スペインに帰国すると「顔つきが違う」とまで言われます。やっぱり日本はいいですよね!


今回は友達と大川内山(おおかわちやま)に行きました。佐賀の陶芸って、有田焼、伊万里焼き、唐津焼などが有名です。伊万里市や有田市を訪れる人も多いと思いますが、お勧めの焼き物観光地というと、ずばり大川内ですね。有田・伊万里からもすぐです。
japon 069

japon 073

到着した時にはずらりとSPらしき人物が村中に配置され、要人でも来ているの?という気配でした。
あとで、テレビの撮影隊らしき人達も見ましたが、外国人やマスコミ受けしそうな雰囲気なのです。とってもこじんまりしているので歩いてどうぞ。無料博物館もあります。


japon 082
村には食事をする場所はほとんどないのですが、こういう和風な喫茶店があります。ランチメニューはカレーでしたが、ここでお昼に。

japon 081
ランチメニューについていたコーヒー。

佐賀県では一般家庭でも(お祝い事でよく頂くため)、ごろごろ有名な陶器を食器棚に眠らせています。陶器の町となれば、レストランやカフェで陶器にこだわらないわけがありせん。きれいな食器でいただくことができるので、それだけで楽しめると思います。



友達が茶碗蒸しを探していたのですが好むものが見つからず、有田に移動しました。陶芸の町のはしごです。(昔、スペイン人を連れて温泉のはしごもしたことがあります。恐ろしい行動力の佐賀県民!?)

有田は有田陶器市の時しか来たことがなかった!という友達。陶器市の時はすごい人で、ずらりと店が並びますが、1月の閑散期、あいていないお店も多かったです。しかしどうにか買い物も済ませ、カフェへ。こんな素敵な店を見かけたから。さっきランチしてコーヒー飲んだなんてことは忘れてます。


japon 095

japon 101

有田には器が選べる有名カフェがあり、何度か行ったことがありましたが、ここは初めてのお店です。コーヒーカップは選べるわけではありませんが、ひとりひとりに違う有田焼のカップでサーブしてくれます。コーヒーカップにあわせて、ケーキ皿もスプーンも選んでありました。

友達のカップと皿は、シンプルで統一感のある組み合わせでした。全く雰囲気が違いましたが、そっちも写真撮ってくればよかったかな・。私のはまさに昔の有田焼王道!という雰囲気のものでした。

japon 102
店内の写真です。この後ろのカップ&ソーサーからご主人が選んでくれます。



あとは高校生の時のいつもの友達6人で、恒例の食事&お茶に行ったり。みんなしゃべりまくりすぎて、全員しゃべりたりなかったんじゃないでしょうか!!笑。平日ランチに友達と合流したり(職場を抜けてきてくれた子も)、うちの実家見学に来た子が二人もいたり、妹の住む町までランチを食べに行ったり。買物して、図書館も通って、庭仕事も手伝って(?)2週間半はあっという間に過ぎました。以前は1ヵ月半は滞在していたのですが、去年から節約モードとして滞在を縮めているのですが、後悔しちゃいました!

その他の出来事というと・・。
佐賀にはスペイン在住時にとっても仲良しだった友達が、岡山から新幹線で1泊2日のために遊びにきてくれました。なんと朝8時過ぎまでしゃべり続け、それから4時間ぐらい寝て昼に起きて、19時ぐらいに駅で別れるまでしゃべりまくり。彼女とはスペイン在住時に22時間寝ずに話続けたことがあるし、帰国後も国際電話を6時間ぐらいやっちゃった!とことがあるのですが、今回、数年ぶりの再会でしたからね!岩盤浴の無料チケットももらっていたのに、ほとんどパジャマのまま話し続けて家を出ませんでした。遠くからお金と時間をかけて駆けつけてくれた友達に感謝です。

私が東京へ行く前日に、甥っ子の一人が急性盲腸炎で入院という騒ぎも!姉夫婦が病院に行っている間、甥・姪を預かり、そのまま姉家族は実家に泊まることに。翌日は妹が家族を連れて遊びに来たので、入院中の甥っ子以外の4人の甥・姪が大集合しました。毎回全力で遊んであげるのですが、最後も家中を走り回り、おばさんはへとへとでした!1年ぶりにあうと、みんな妙に大人になっちゃって、習い事やサッカーで忙しいし、もうおばさんと遊んでくれないかも・・なんて思っていたので、あいかわらずの元気ぶり・甘えぶりにおばさんは満足です!!(どっちが遊んでもらってるんじゃ!?)午後の飛行機で羽田へ向かったのですが、ちびっこ一同家族全員で(もちろん母や妹も)空港まで見送りしてくれて、幸せな限りでした!

観光

日本滞在まとめ 東京編

2011/02/23 Wed 20:59

日本滞在まとめ。今度は東京編です!

東京には住んでいたことがあるので、友達がいます。東京滞在は友達に会うことが目的なのですが、今年はちょっと観光してみました。スペイン人向けに日本観光のブログでも作ろうかと思っているため。伝統建築と新建築を探して写真を撮りに出かけました。(えええっ?このブログもろくにアップできないくせに?そうなんですよねー、私ってやらないくせに、やりたいアイデアだけは多い人間なのです

友達につきあってもらって,まずはスカイツリーを訪れました。以前一緒に日本に行ったスペイン人が、東京タワーを見たがってたので。完成までもう少しのとこでした。すでに観光客は来てるし、ガイドブックにも出るし、話題にはなってましたが、まー、なんちゅうことはないですね。騒ぐほどでもない気もします。

友人の中でおしゃべり度No1な友達Aちゃんと、それに負けないぐらいのおしゃべり&酒豪の後輩がつきあってくれました。その後、浅草に行きましたが、駅そばのカフェで遅くまでしゃべりまくり。後輩いわく「浅草に着いて、何も見ないで帰ったのは初めてだ」と(笑)。カフェまで数歩しか歩いていませんからね。弾丸トークをするのいはどこでもいいので、わざわざ電車に乗る必要もなかったわけです。

Aちゃんとは別の日にも夕食につきあってもらいました。彼女はスペインにも時々来るので会うこともありますが、ずーっと会っていなかった会社の同期のKちゃんと会いたい!ということで、3人で!彼女は転職してずーっとがんばっている印象があります。だらーとしたくなったら、ぜひ夏のスペインにでも遊びに来て欲しいものです。


japon 153
スカイツリーにはこんな仮設の「写真スポット」が出てきていて、笑っちゃいました。のぼるといっても、これだけかいっ!みたいな。しかし逆側の川沿いの方が雰囲気は良いかも。ぐるっと回ってみましたが、写真スポットは何カ所かありました。

japon 176

japon 358


japon 216
東京にも面白い現代建築ありますね! 
銀座にもいろいろ建物がありますが、友達がそこらへんの住民なため、たくさん案内してもらいました!

japon 235
今回のビックな目的のひとつは、友達ゆうちゃんの赤ちゃんに会うことー!
日本到着時は成田→赤ちゃん家直行→羽田→佐賀、という強行スケジュール。東京は素通りで、ゆうちゃんとのランチ&ベイビーのお顔拝見だけの立ち寄りでした!(帰りは東京に数泊しました)
実のパパにも愛想がないというベイビーですが、帰りはずいぶん!!笑ってくれました。赤ちゃんはやっぱり良い人が分かるんですねー。(は?)

japon 240
この写真はお出かけ前の固まっているところ。泣いていても乗り物に揺られるとイチコロという便利な赤ちゃんで、乳母車に乗せると2秒でご就寝です。


japon 241
行ってみたいという私のリクエストにしたがって、子連れですごい穴場の食堂的お店に行ってきました。こーんな路地にあります。とっても味わい深い(?)店内で、一見の価値ありです!皿もでかいですが、山盛りの人のお皿を見ると目が点になります。最近はマスコミでも取り上げられているそうです。生後2ヶ月の子連れで行くとびっくりっされそうなお店ですが、すやすや眠っているし、うまいことランチができました。


japon 254
薄汚いところばっかりに行っているわけじゃないんですよー。ゆうちゃんはいつも「美味しい」ものをいろいろ推薦してくれるグルメ通なのですが、ここでお茶しました。

japon 256
彼女の今のいちおしのケーキを食べましたが、本当に美味しいケーキでした!! 見るからに美味しそうでしょっ!???



japon 275
こちらも同じくグルメな友達みかちゃんと食べたアイス。トマト味とかセロリ味とかもあるんですが、どれも美味しいんですよー。これは銀座のどこかのショッピングビル内だったかな? みかちゃんは銀座界隈に住んでいるだけあって、このあたりに詳しい。なんとこのショッピングビルでみんな高い飲み物をカフェで注文するけれど、実は自動販売機で飲み物が変えるのよなんていう素敵なテラスを紹介してくれたりしました。



こちらはそのみかちゃんが家で即席で用意してくれた晩餐会。
japon 293
うちの冷蔵庫とはストックされている品揃いが違います。どれも美味しかったですー。ありがとう!!

japon 295
ワインを土産に持ってくるどころか、みかちゃん家のものを自分が飲んじゃった!?

今回みかちゃん家にお世話になったのですが、本当にいたれりつくせり。急に泊まることが決まったのですが、別のお友達との先約があったために、みかちゃんと過ごす時間があまりなかったのが残念でした。

japon 302
こちらはつかちゃんと食べたランチです。彼女とは、代官山の美容院に同行してもらい、そのまま一緒にランチするというパターンをずーっと続けています。いつからだろう?もしかしてこれも15年ぐらいになるのかしらん?彼女に紹介された美容院なのだけど、美容師のお兄さんは独立して、今ではマンションの1室のようなところに店を構えているのです。彼ひとりなので、おうち訪問感覚。つかちゃんも同行して、3人でコーヒー飲んだりおやつを食べたりしながらおしゃべりします。日本で美容院に行きたいけれど、貴重な東京滞在中に時間がもったいない私にとっては友達が一緒に過ごしてくれて、1石2鳥なんです。

つかちゃんは大学の3ー4年のゼミ仲間なのですが、今回は10年ぶりぐらい?にゼミ仲間に呼び出しをかけました。彼女がその幹事を担当してくれていましたが、私が日本帰国した後にご家族に不幸がありました。そんな大変な時に(今日お通夜なんて時にでも)私の飲み会のお世話を気にしてくれて、本当に感謝です。


そのゼミ仲間ですが、めちゃめちゃ楽しい&懐かしい集まりでした。うちのゼミは大学では有名なゼミで、とても勉強し(させられ)、とても遊ぶ、大学一のゼミだったと思います。先生は納豆も食べれるアメリカ人。日本人の苦手なディスカッションもばしばしで、卒論も英語で書かなくてはなりませんでした。(と書くとまるでエリートの集団のようですが、全くエリートな大学ではありません)ゼミのグループ研究の時は発表前の3ヶ月ぐらい?毎日図書館で勉強し、バトルや悩みも全員が経験しました。苦楽をともにすると本当に仲良くなりますね。その一方で週に5日ぐらいは一緒に飲んでました。

在学中も勉強会と称して、泊まりがけの文化研究?(+飲み会?)にも出かけていました。ちゃんと意見討論などもするんですが、九州で茶色のお湯が出てくる風呂を経験したり、秩父の火祭りで祭りの男達に気に入られるぐらいにノリノリで盛り上げたり楽しい思い出がいっぱいです。一緒に山登りをしたこともあります。卒業してからも子連れで泊まりがけの勉強会やってたことがあり、私はスペインから成田に着いてその足で移動して、泊まり込み勉強会に参加したこともあります。

前置きが長くなりましたが、そんなゼミ。ひさしぶりに会うみんなはどうなってるんだろうーー!と不安でした。だって日本の人って若く保っているじゃないですか!?「男性は太ったり禿げたりしてきて、結構老けているからお互い様だよ」と言われて安心してましたが、ふたをあけてびっくり!男性群も全然変わっていない!女性軍は美しささえ増している!!やっぱり老けたのは私だけか!?

しかし4人の男児の父になっている人がいたり、ものすごおおおーく歳の若い奥さんをもらっている人がいたり。昔から幸せ顔だったけど、あいからず幸せそうーな顔のままの子も。仕事もみながんばっているよう。

今回参加できなくても北海道や新潟など各地からメールをくれて、幸せな限りです。みんな子供が手のかかる年齢だったし、急だったし、あんまり集まれないだろうなーなんて思っていたのに。友達はやっぱり一生の宝ですね。

もうひとつ。今回はいつもお泊まりするゆうちゃん家でベイビーが誕生後2ヶ月という環境。泊まっていいよとは言ってくれましたが、さすがにそういうわけにはいきません。結婚後も日本帰国時には15年以上!お世話になっていました。今回は外国人が泊まるような安宿に泊まってみようかと思っていましたが、みかちゃんが「うちにぜひ泊まってよ」と言ってくれて甘えました。しかし一緒に暮らす彼がいるし、そうそうお世話になるわけにはいきません。

毎回(ふだんは行きも帰りも)東京滞在を楽しむ私ですが、ホテル代を何泊も支払ってまで泊まりたいかというとNOだなーと考えました。15年も立ち寄って遊んでいたのは泊まる場所があったからであって、故郷に帰るのと違い、東京で遊ぶのは別のぜいたくです。会いたい友達に会うだけだったら行きも帰りも立ち寄るだけにしようかしら。

ゆうちゃん家に赤ちゃんが生まれたのはいいきっかけで、人の行為に甘えるのはこれが最後にしよう、東京滞在をゆっくりするのは最後だ、なんて考えていました。ちょうど最後にゼミ仲間とも集合したし、フィナーレにふさわしい滞在になったなーと。

ところが、ゆうちゃん、「今年はこうだったけど、来年は絶対に泊まって!」と言ってくれるし、みかちゃんも「この時期は彼氏が実家の手伝いに帰っていうるし、毎年泊まりにおいで」と言ってくれるし、
つかちゃんも「子供もだんなもいるけど、よかったら泊まって」と。

今年は最後だなーとしみじみしていただけに、3人もに次々に言葉をかけられて、びっくり。やっぱり私は幸せものだと思っちゃいました!!
ということで、来年もやっぱり東京で遊んでいるかもしれません。まだ決めていませんが、本当に友達に大感謝です!!本当にありがとう!!!
日本

バル巡りイベント!

2011/02/24 Thu 22:46

2ヶ月も前の情報なんて、自分のものぐさ度をバラしていますが、バルセロナで12月に行われたDe Tapas per Barcelonaという、バル巡りイベントを紹介します。絶対にお勧めだからです!!!


今回は2年目で、まだまだ知らない人も多いですが、参加バルも増えたとのこと。来年はもっと増える可能性もあるし、とーっても楽しかったので、ぜひ2011年12月にスケジュールをチェックしてみてください!ちなみに2010年は12月14日から19日でした。


このバル巡りイベントですが、ビール会社のDammが協賛しています。当然どこへ行ってもDammのビールが出てきます。小さなコップ酒ならぬビール1杯と、タパス1種類で、気になるお値段はなんと2.4ユーロ! 300円しないんです!物価の高いバルセロナではこれは嬉しいイベントです!

マドリッドやアンダルシアなどではビールを飲むと、黙ってもつまみが出てくるところも多いし、北部のスペインではバル巡りの習慣があります。1軒に1種類のタパスがあって、1杯&1タパスのはしごがしやすい環境です。

ところがバルセロナは食事の感覚なので、はしごもなし。1杯と1種類食べて立ち去る・・というのも、(親父バルならともかく)街中のおしゃれなバルでは見ません。2-3種類はやっぱり頼まないといけないので、決して安くはつかないんですね。2.4ユーロなんて、ありえん、ありえん!本当に安いですーー!!(←連呼しすぎ?)ビールだって1杯2ユーロはざらですからね!
友達が10軒回っても、24ユーロだよっっなんて言ってましたが、ほんとですねー!

さて、私は新聞でこの情報を見つけて、友達複数にお知らせしました。全員に「よくぞ見つけた」と褒められましたが、まず第一弾、友人のパンダちゃんと出かけてきました。

promotapa (18)
最初のバルに行くと、参加バルの乗った写真つき地図をくれます。
投票紙もありました。行った店舗からスタンプをもらい、3軒の名前と3段階評価を出すのです。抽選でミシュラン星つきレストランの食事があたるというので(本当かいな!?半信半疑ですが)、がんばってスタンプ集めもしてみました!

店に入り、promo tapasと言えば、黙ってもビールとツマミが出てきます。


この日はカメラを持参したのですが、なんと電池切れでした!しかも1枚も撮れない電池切れ! そういえば張り切ってカメラを持参したのに「電池が切れそう・・」ってよく言っている気がしますが、さすがにデジカメを持参して1枚も取れなかったのは初めてでした!

・・というわけで自分の写真がありませんが、まず1軒目。うちの近所のSants Bier 【住所】c/Sants 89
もらった地図から写真を抜粋しました。

japon 552
ブティファラというソーセージ、マッシュルーム、ピーマンの乗ったパンです。

2軒目は住所が間違っていたので、さまよいました。間違っているといっても、だいたい番地が1番違いか、10番違いだろう。地図に印もあるので、隣の通りかどうか、見てれば分かるだろうと歩き続けて、分かりませんでした。電話してみると結構遠い。だいぶ戻らなくてはなりません。

別の店にしてみようかとおもって、選んだのがこちら。japon 553
タパスもおいしそうだし、お店の雰囲気も良かったです。しかしイベントには夜しか参加していないということで、だめでした。地図にも時間割は書いてありましたが、だめもとで行ってみて、やっぱりだめ。ランチで忙しそうでした。後日、食べに行ってみたいなと思わせる家庭的なお店でした。

japon 554
もうひとつ気になったのがこちら。写真が変ですが、マンチェゴチーズとかつおのピストの入った、ナスのカネロニ(パスタです)別の友達が行って美味しかったといっていましたが、気になるお料理はだいたい皆同じなんですね。しかしこのお店は思ったより遠い・・。よって、住所の間違っていた、本来探していた2軒目に戻ることにしてみました。





IMAGE_126.jpg
Pepburg 【住所】Travessera  de les Corts 229.
山の手でBurgというハンバーガー専門店に行ったことがありますが、それと同じようなメニュー。なんだ!うちの近くにもあったんだ!店の人達の対応もよかったです。この写真は携帯で撮ったもの。

ただし気になったのですが・・・。店中にDammではなく、ライバルのビール会社サン・モリッツばかり。おいおい!いいんでしょうか。


IMAGE_129.jpg
こんなミニハンバーガーですが、2つも! かわいいですねー。


japon 561
歩きつかれて3軒目は近場で手を打ってしまいました。
Mesktapes 【住所】Comtes de Bell-lloc 47
サンツ駅裏にある、よく知っているバルです。フィレ肉、玉ねぎ、ブリーチーズのモンタディートス。

お店の人がこのイベントにワクワク嬉しそうだったのが印象的でした。いつもと違うお客さんが来るし、客の出入りもあるし、お店の人も楽しいのかもしれませんね。




さてその翌日。連ちゃんかよ!って感じですが、別の友達と行ってきました。今度はちゃんと充電済みのカメラ持参です。彼女もすでに別の日に行っちゃったらしいのですが、遠いと回るのが大変と分かったということで、この日は「ラバル地区へ行こう」と心に決めていたそうです。さすが!

ラバル地区はバルセロナで治安の悪い地区のひとつ。旅行者には全く勧めない地区ですが、今回のイベントに参加したバルがずらりと並んでいて本当にはしごがラクでした!数年ぶりに足を踏み込んだラバル地区ですが、見る人・見る人、移民ばかり。「バルセロナじゃないみたいだね」と言いながら歩いてましたが、人によっては怖がる人もいると思います。夕方で移民がうじゃうじゃ、たくさん外に出ている時間だったのもあるかもしれません。

promotapa (1)
1軒目 Barraval 住所C/Hospital, 104
おしゃれな雰囲気のお店で、人がいっぱいでした。たぶん普段から人気店なのでしょう。席がないのでカウンターで食べました。


promotapa.jpg
タパスは肉詰めのパスタにマンチェゴチーズのグラタン風。

いつもは覚えていないために、皿の説明もなし!写真だけ!見事に不親切で役に立たないグルメ情報を出している私ですが、上述の地図に店の名前からタパスの説明まで書いてあるんですよ。おかげで今日は少しは有益な情報が出せます!?


promotapa (2)
2軒目 La veronica 住所Rambla de Raval 2-4
外観の写真がないですが、赤っぽかった!?イタリアンのようでしたが。
タパスはラディッシュの乗ったミニピザ。ミニピザはかりっとしたベースでしたが、具が私はいまいちでした。
説明にはモッツァレラとトマトなどと書いてありますが、モッツァレラは覚えていないなー。



promotapa (5)
3軒目 La Reina del Raval 住所Rambla del Raval 3
ここも人気店。いつも人気店なのか、今回のタパスが人気なのかは分かりませんが、その双方なのでしょう。あいていないのでカウンターで。お兄ちゃんも移民っぽかったですが、おしゃべりなどをして食べました。

今度ランチに来てもいいなーなんて思いましたが、お店の宣伝にもなりますよね。

promotapa (4)
美味しそうでしょ? 美味しかったのですー!!!山羊のチーズ、くるみなどが乗っています。
今回の9軒で一番気に入ったのはここでした!


promotapa (6)
本日4軒目 たぶんLa Fragua 住所Rambal del Raval 15
お店どこだっけ??と歩いていたら、向こうからプロモ・タパスやってるよー?と声をかけてきました。
たくさん参加店がある激戦区は呼び込みしないとだめなのですね。


promotapa (7)
チキン。タパス・・と謳っていますが、実際にはパンの上におかずが載るモンタディートスのタイプが多いですね。



promotapa (9)
5軒目 Bella Toscana 住所Rambla del Raval9
見ての通り、本当はイタリアンです。

promotapa (8)
牛ひき肉、ポテト、なす、ハーブと白ワインで味付け。


他のお店はポテトフライ目玉焼きか?みたいなメニューだったので、少し場所を変えることにしました。
移動途中に、移民のお菓子屋さんでおやつをゲットです。(まだ食うか!?)


promotapa (10)

promotapa (11)
スペインはお菓子の種類に乏しいので、たまには違うものが食べたくなります。アラブ系は種類は豊富!

promotapa (13)
6軒目はレアール広場内。Canarias 【住所】Pl Reial 4

promotapa (14)
最後のタパス。米入りモルシーリャでした。

この日は6軒回ったのですが、上述の投票紙が3軒で1枚提出できるので暗黙のうちに決まったのでした。あれこれ店を回りながらのはしごは本当に楽しかったのですが、この日何を感じたかというと6軒一緒に店を回ってくれる友達がいるのって素晴らしいな♪と思ったのでした。この日は2人で回ったけれど、飲めるツワモノの友達はまだ数人いるし、昨日のパンダちゃんも歩き疲れがなければ、6軒回れたはず。来年も気合入れて回りたいと思います!

本当に幸せでしたよ!!


余談ですが、この日、帰りに帽子がないことに気づきました。帽子は別のを電車でなくしたばっかりで、もう絶対紛失するものかと思っていたのに。記憶にあるのは2軒目のお店でカウンターに帽子を置いたこと。電話するとやっぱり帽子を忘れててキープしてくれていました。まさか2軒目で忘れ物をして、6軒歩くまで気づかなかったとは・・。皆さん飲むときにはお忘れ物に注意ですよ♪(←私に言われたくない? そうですね)


■バルセロナ
またまた皆さんに怒られそうなので、3月にならないうちに、2月のサンタ・エウラリアのお祭りを紹介します。

japon 434
バルセロナで殉教死した女の子です。巨大人形も女の子の姿で出てきます。


行列が練り歩く・・と聞いて出かけてみましたが、ランブラス通りに到着すると、耳をつんざく太鼓の音があちこちで響いていました。
japon 428
各チームごとに衣装の違う太鼓隊がたくさんいました。


japon 431

肝心のお祭りの行進ですが。10年以上前?に初めてみた時は、うわー、ちゃっちいお祭りだなーと思ったものです。旧市街の一部で少し行進があるぐらいでした。それもあってか在住長い友達も、この祭りについては知らない人も多いです。しかしひさしぶりに見に行ってみると、前よりも大きなお祭りになっていました!(といってもメルセ祭ほどではありませんが、人々も見に来ていました。前は誰も見に来てないぐらいの小ささでした)


japon 442
カタルーニャのお祭りでは巨人の人形や、祭りの際に動物が練り歩きます。定番で見慣れているものが多いですが、今回は見慣れない動物がいました。写真は鶏冠や爪の見事な鶏です!



japon 455
こっ、これは? イノブタさんでしょうか? しかしなんだかかわいくて気に入りました。

japon 457
背中の丸模様がこれまたいいんですよ。

しかし私のツボを刺激したのはこちら!↓



japon 445
背中にちょこんと乗っかった羊? 背中には実は反対側にも2匹のっかっています。

japon 446
音楽も笑いのツボにはまります。他のはバンバンバン!と爆竹でも慣らすような音のうるささで、太鼓隊も同行していましたが、ここはカランカラン、という羊の鈴の音なのです。脱力しちゃうような、のんびりさ。思わず笑っちゃいますよー。

他にもイベントがありましたが、見たのはここまで。2011 年は2月11ー13日でした。
3月はカーニバルのイベントがありますね!


■バルセロナ
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。