スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

タラゴナでVermut

2010/11/03 Wed 10:37

お休みの1ヶ月の食べ物情報をアップしてます。
今日はタラゴナへ行った時のもの。




tarr3.jpg
タラゴナのカテドラルの内部はすごい修復中でした。
半分以上、入れません。
しかし目玉である主祭壇付近やレタブロなどは全部見れたのが幸い。

カテドラル前には由緒のある建物があるのですが、修復してホテルだかパラドールになるだかの噂を聞きました。
しかし、まだちっとも修復を手掛けた様子もなかったです。(苦笑)

この日はお祭り?の準備らしく、カタルーニャの旗やタラゴナの旗が青空を飾っていました。


oct 049
タラゴナはひさしぶりだったのですが、考古学博物館の前に、La Casa del Vermutがオープンしていました。
どこか海岸沿いの村にもあるお店です。


oct 045
入るつもりはなかったのに、ビールを注文しているおばちゃんについつい、つられちゃいました。

oct 044
缶詰など、火を使わないものを集めたバルです。
立ち飲み好きのスペインでは乾き物系や缶詰系のバルが時々、あります。
日本の人は缶詰というと手抜きだ!!と好まない人もいますが、お店によっては高ーい缶詰などを出していて侮れないお店もあります。

このお店では食べたことはありませんが、ショーウィンドーがご覧の通り!
なかなかの品揃えです。


oct 046
写真が光っていて見づらいですが、ウニもありました!
しかし観光シーズンでもなく閑散期だし、ウニなどを置いておくほどのウィンドーでもない気がしましたが。新鮮度はあまり感じませんでした。(笑)
食べてないので、見た目の感想で失礼します!

oct 047
2階にはこんな樽が並びます。外国人団体客などが好みそうですね!


oct 048
今日の私はおとなしくビールだけです。
エルブリ風のスプーンに乗ったつけだしがサービスされました。が、これは何か分からなかった!
ひじき?みたいものが入った、まー、あまり美味しいとも言えないものが・・。
しかしサービスって、それだけで喜ばしいものです。

oct 050
Vermutと名がつくぐらいなので、オリジナルVermutなどがあるんでしょうか?
私はビールでしたが、この日は快晴!青空の下のビールは美味しかったです!


スポンサーサイト
■ひとりごと

日本から帰ってきました!

2011/02/17 Thu 10:24

ずーっと、クリスマスのお尻の写真のままで放置してましたが、ごめんなさいっ!!!

実は1月は3週間日本でバカンスし、帰ってきたところです。
・・というと、もっともらしい理由に聞こえますが、ただのぐうたらです。日本から帰ってきてからもすでに2週間近く立ってます・・。はい、すみません。

「1ヶ月以上ブログ書いてないって、広告出てるよ」と先日も別の友達に言われていたのですが、昨日あった友達に「やめちゃったの?」と聞かれ、これはやばい!!と今日は記事を書くことにしました・・。

ネタがないんじゃないかと思っている人もいますが、ネタを貯めすぎてどこから手を付けていいやら分からないというのが本音でしょうか。12月・1月と遊んでいたので、グルメネタだけはたくさんです。そのうちまとめてアップします。

巡礼ネタも早く続きを書いて・・・!!とのリクエストが多いため、これは昨日もちょっとアップしたんですよ。
日付を巡礼日のままにしているので、12月になっていますが、早く書け!と思っている方、そちらも少し見てみてください。

今ひょんなことから家に同居人もいるんですが、一緒におしゃべりすることも多いので、ぐんとネットをする時間が減っちゃいました。いかに一人暮らしが暇か、というのを実感します。


ところで日本はどうだったか・・っというと!
楽しかったです!!美味しかったです!太って帰ってきました!!

今回は実家が佐賀県佐賀市の一番今ホットな、「夢タウン」という地区に、家を新築して1ヶ月・というグッドタイミングでした。うちの親は大工さんから家を何度か建てている・・という、さすがにいくら田舎の佐賀県でもびっくりされる経歴の持ち主なのですが、その夢タウン地区に、祖父が土地を残していたのです。佐賀駅から近いにもかかわらず昔は農地ばかり。土地持ちだった祖父が兄弟大勢に土地を残しましたが(叔父・叔母は関東在住者も多いため)、その場所に家を建てたのはうちだけでした。さすがに「この歳でまた家を建てるなんてどんなものか」「もういいんじゃないか」と父は思ったようでしたが、遺産で受けた土地はわずかなもの。これを売ってもすぐそんなお金使っちゃうよ!駅から近くで便利な地区だし、家を建てた方がいいという父の友の助言で、家を建てることが決まったのでした。

母は最初から乗り気でしたが!何度か建ててるだけあって、こだわりいっぱいです。
お風呂は檜風呂。ただし、下部分はユニット。手入れが大変だから。ミストサウナもついているんですよ。風呂好き佐賀県民として、よく温泉やお風呂に出かける私達ですが(週1回ぐらい?ほぼお風呂は趣味なんです!)、今回は1度行っただけで、あとは3週間、家風呂を楽しみました!幸せでした!


歳をとったら2階のスペースはいらない、平屋で・・ということだったのですが、完成したのは屋根裏部屋つきでした。この屋根裏はふだんは収納スペースと貸してますが、とーっても広いのです。孫たちは5人・大喜びで寝てたらしいですが、びっくりするほど広いスペース。姉家族、妹家族が来ていた時にはみなで寝泊まりし、客間としても活躍してます。

あとはエコなうち、とでもいいましょうか。外断熱になっているらしく、分厚い壁の中に何かが通り(?)、夏は涼しく冬は暖かいというおうちなのだそう。こういう家を建ててくれる業者は佐賀県でも探すのが難しかったそうです。
夜の電気代の安いうちにレンガを暖めて、昼間自動放出という暖房器もありました。寒くなると勝手に動きだすそうで、1年間さわらなくていいんだそうです。

釘を使わない昔ながらの木造。前もそうでしたが、今時こういう家は少ないので大工さんが喜ぶんですよね。この家もスイスのしっくいというのを使ってましたが、塗る場所もたくさんあり、塗り甲斐があると大工さんが喜んでいたそうです。

・・なんて書くとすごい豪邸のようですが、小さな家なんですよ。なんせ平屋ですしね(しかし平屋も2階建てもコストはあまり変わらないだそう)相続した土地も大勢の兄弟で分けると残りはわずかなので、買い足さなくてはならなかったし。前に住んでいた大きな家ももちろん売らないと建てられないところでした。

うちの母は庭師さんにまかせる予定だった庭も自分でやりたくなり、今は庭の木や植物のことでいっぱいです。我が母ながら、本当にバイタリティーあふれて、前向きで元気な母です。

家の話が長くなりましたが、家が都会に(?)近くなったため、友達とも遊びやすかったです。私は車がないので、親に送ってもらうか友達に迎えにきてもらわないと、動けないんですよね。佐賀は車がないとだめなんです。恒例のみんなでお食事会もあっという間。それ以外にも週末や平日に遊んでくれた友達もいました。片道30分もかけて、仕事の合間にランチに来てくれた子も!みんなとのおしゃべりはあっという間で、しゃべりたりん!って感じですよ。

長くなってきたので、日本ネタはまた明日です!?


■ひとりごと

料理人のディナー

2011/03/08 Tue 10:54

ひょんなことから家に短期の同居人がいます。この同居人、まだ若い青年なのですが、イタリアの星付きレストランで修行をしていたような料理人でした。

礼儀正しい好青年のため、(それとも年上キラーなのか、女性キラーなのか?)私の友達が皆、大のお気に入りとなり、こぞって彼に会いたがったりします。

おまけに料理人なので、「何か食べますか?」なんて、ちゃっ、ちゃっと作ってくれることも。このちゃちゃちゃお料理がめちゃめちゃ!美味しいのです。

しかし料理のうまい男の子と一緒だと、とても目の前で料理なんて披露できませんよ!いつも男料理な私は、なんだか料理が作れなくなってしまいました。しかも節約・・なんていいつつ、買ってくる材料も違います。市場で買った各種のキノコだとか、白アスパラのフレッシュなものとか。白アスパラは缶詰めしか買ったことなかった!料理だけでなく、おちおち買い物もできません!??

さて、その彼にひょんなことからちゃちゃちゃ料理を作ってもらった経験のある友達が二人。「ぜひ本格的なお料理をー」ということから、うちでご飯を作ってもらうこととなりました。

誘ったメンバーはパンダちゃん、Yちゃん、グルメな夫妻の4人。他にも誘いたい人はたくさんいましたが、今椅子が(壊れていて)6脚しかないため制限しました。またこの4人はとにかく食べる!飲む!の最強メンバーなのです。飲めない友達も多いのですが、自分たちだけ飲むと申し訳ないんですよね。遠慮なく飲み・食べるには似た者同士が一番です!?

うちの好青年が作ってくれたお料理の写真を紹介しますね。なんと手作りフォカッチャからスタートです。


japon 407
フォカッチャもパスタもそうですが、材料が手に入らず苦労してました。イタリアのパスタ用のサモリナ粉を探していて、デパートのグルメコーナーやイタリア食材屋で販売しているという情報を得ましたが、結局見つかりませんでした。うちのキッチンのオーブンもちゃちなもので、道具や設備的にも苦労が。いつも設備の整ったレストランで仕事をしているので一般家庭での料理には工夫が必要だったようですが、そんな中でも美味しいお料理を作ってくれました。

japon 409
タラとポテトをマッシュポテト風にしたものですが、すごくまろやかで美味しかったです。Yちゃんは手が「気に入りました」ポーズをしていて、ぱくぱく食べてしまいました。スペインにもありますよねと言われて、えー!?そうか、あのモンタディート?確かにありますが、味の上品さが全く違う1品になっていて、同じお料理とは思えませんでした。


japon 411
一瞬で消えてしまい、いつ食べたか覚えていない1品。

japon 413
グルメ夫妻は高級グルメを食べつけている人なので、あえて家庭料理が良いだろうと、イタリア南部の家庭料理がテーマでした。トマトが多くなってしまったなんて言ってましたが、どれも違うお料理になっていて、偏っているなんて感じません!

japon 414
「お料理作ってー」とお願いした時には正直、こんなにたくさんのお料理を準備してもらえるなんて思ってもいませんでした。経験がありますが品数が多いと準備だけでも大変ですよね!前菜とメイン皿とデザートというご飯の方が手間はかからないんです。

japon 417
かわいいーー!!盛り上がっちゃいました。友達が夢にまで見てきたと言っていました。中には松の実とレーズンが入っているんですよ。カタルーニャ料理的な組み合わせですが、イタリア南部にも多いと言っていました。昔のアラゴン・カタルーニャ王国の名残でしょうか?


japon 419
どれも美味しかったですが、私の中で一番のヒットだったトリッパ。モツ料理です。ちょっとピリ辛な風味で、トリッパというよりパスタ料理みたいに出てきました。臭みも全くなし!!もともと好きなのですが、絶品でしたよー。ぺろりとたいらげてしまいました。好青年くんは「量作りすぎちゃったかな・・」と控えめにしたらしいですが、劣るべし胃袋の私達5人は、もっと食べたいーな勢いでした。パンダちゃんも週に1回ぐらい、このトリッパ食べたいなんて言ってました。私もこの量、お鍋を抱えて1度一人で食べてみたいです!!


japon 421
ホタテにアスパラ!すごいですよねっ、まだ出てきます。
途中でおなかをセーブしようかどうか迷った参加者と「あと何品出てくるか知っている?」「知らない」なんて会話も交わしました。

japon 422
最後の締め。なんと!手作りパスタなんですよ。幸せですよね!うちの台所にあるザルの後ろを使って、パスタの形作り?模様作り?していました。

japon 425
上の写真ではマメが入っているように見えたかもしれませんが、パスタ自体が3色パスタ?4色パスタ?なんです!!

このあと、私のなんちゃてティラミスを食べて、今日の夕食は終了です。美味しかったーーーー!!幸せこのうえなかったです!しかも自宅で食べれちゃうなんてー。持つべきものは料理の上手な友人ですね。(そういえば私はスペインに来た頃、料理の得意な友人がとても多く、私の特技だ!なんて豪語していました。最近は作ってくれる友達は少なくなりましたが、Yちゃんも手作りパンに凝っているぐらいの料理好きなんですよ)


japon 426
好青年くんは飲まない人なので、5人で5本のワインと、写真には写っていませんが、1本のカヴァをあけました。飲みっぷりに驚いていましたが、私は全く酔っぱらわず。似たようなメンバーでは去年飲み過ぎて記憶が途絶えがちな経験があるのですが、今回はまだまだ余裕でした。やっぱり料理がおいしいと違うのかしら!!?



■ひとりごと

地震

2011/03/11 Fri 20:43

日本の皆さん。

スペインでもすごい地震のニュースが流れています。外国人の友達からもたくさん、メールや電話をもらいました。「ご家族、友達、大丈夫??」と。

最初にコロンビア人の友達から電話をもらった時は、こんなに大きな地震だと思ってませんでした。うちの実家は九州なので遠いし、東京だって軽く揺れを感じる程度なのかな、、と。だから「みんな大丈夫だよー、ありがとう」なんてのんきな返事をしたのでした。

その後、次々に恐ろしいニュースが入ってきて、びっくり。神戸の地震の時もショックだったけれど、今は海外にいるせいか、遠い祖国の悲惨な状況は本当に涙なくして見れません。


気分転換しようと思っても、道を歩いてても気分が晴れず、ほろほろ泣いてしまう(すみません、ただ涙もろいだけなんですが・・)予想以上に打撃を受けている自分です・・。

大変な時なのにいろいろ連絡をくれた友達ありがとう!
北部の友達の連絡先が見当たらないのだけど、本人も、そのご家族・友達、皆さんの無事を祈るばかりです。そして見知らぬたくさんの、日本にいる人たちの無事も。

まだまだ被害が続きそうで、全然気分が晴れません。明日はうちで夕食会の予定だったのだけど、楽しめる自信、全くないな・・。

でも世界中の人々が日本を応援しています。
それからまだまだ十分に注意して行動してくださいね!!
それだけを伝えたく、ブログを書きました。
ガラになく、ちょっとセンチな内容でごめんなさい。

>>続きを読む・・・
■ひとりごと
ただいまー。ブラジル旅行から帰ってきました。
18日付けの、能天気なブラジルビザの記事は地震の前に、予約投稿していたものです。

従姉の住むブラジル旅行へは3月13日が出発でした。こーんな悲しい気分の時に旅行なんて全然楽しめない・・・とブルーな気分でしたが、悲観してニュースに釘付けになっていても役に立つ訳ではありません。海外にいる私達がやれることは何かというと募金です。旅行に行くお金があるならそれと同等の金額を寄付しようと決め、人生で最高額の寄付をして旅立ちました。今現在、バルセロナでもチャリティーなどを予定していますが、今後も時々続けていこうかと思います。今後は小額しか寄付できませんけど、ちょっとずつでも。

ちなみに今週末27日は日本食レストランbouzu で25ユーロのチャリティ寿司パーティが行われます。たくさんのお寿司+1飲み物+たくさんのデザート。19時半より。売上金は支援金として送られる予定で、スタッフもこの日は無料で働くそうです。4月8日にはリセウ高等音楽院(Nou de la Rambla 88)でチャリティコンサートが行われます。コンサートは無料で、募金箱が置かれる予定です。
>>続きを読む・・・
■ひとりごと | コメント(0)

苦しい願掛け!

2011/03/28 Mon 18:58

原発の状況が早く安定するようにと、突然ですが、願掛け祈願として自分にプレッシャーをかけることにしました。ほら、何かを祈願して、毎日、山の上の寺にお参りに行くとか、行脚するとか、あるじゃないですかー。あれです、あれです。

これが、つっ、つらい!!本当につらいです!! 自分で決めたのが昨夜のこと。つまり今日は最初のスタートでしたが、すでに初日からやめたくなっています。(←意志薄弱)

何を決めたかというと、ウォーキングや自転車(市営のBICING)を使って移動をし、地下鉄・バスを市内では使わない!と決めたのです。(自転車では行けないような距離の郊外などは別です)

以前も歩く気分満々のポジティブだった時に1ヶ月ぐらい地下鉄に乗らなかった時期があります。でもあれは夏場で仕事がほとんどなかったからこそ、できたこと。仕事がちょこちょこある時にやると、早起きもしなくっちゃだし、初日にして大変だということに気づきました。

もともとは、こういう祈願がけをすると、一石二鳥。自転車の習慣がついて、いいかもしれない!と気軽に思ったのがきっかけです。なのに初日にして今日は寝坊してしまいました。貸し自転車は8時前に家を出ないと在庫がないことが多いし、歩くと仕事までギリギリの時間帯です。「・・明日からにしようかな・・」という気持ちが正直、沸いちゃいました。

しかし、自分で「原発が安定するまでは続けます」と夕べ、宣言してしまっただけに、これをやめると、日本全国を裏切るような罪悪感に駆られてしまいます。せっかく強く願いをかけたのに、これを自分の意志薄弱で止めてしまえない・・・。大げさなようですが、ホント。我ながらすごいプレッシャーになってきました。


願う・・といえば。私は昔から「強く望むものは努力して叶えられる」と思っています。自分の努力やがんばりが必要ですが、今までの人生で、すべての望みを叶えてきたと思っています。

しかし能力を超える願望の場合は、挫折をしかねません。高い望みを持ちすぎて、挫折する・・という人もいますよね。私の場合は、その願望を叶えるための方法を複数、考えます。これがダメだったらこの方法で・・と考えてみるのです。こうすることによって、1つがダメでもめげないし、次のことを考えて常にポジティブでいられます。また自分の能力にあった方法を探していくこともできるので、平凡な能力の私には背伸びをしすぎに、がんばれる、ということです。

ところが自分で努力しても絶対にできないことに向かうときは、もう、神頼みなのですよ、私は。原発のことなんて、素人の自分に何ができるでもありません。神様、仏様、南無阿弥陀仏と、願って、願って、願うしかないのです。
ということで、この願掛け!毎日続けていきます!!(・・・・・できるかな?)

nippon.gif





■ひとりごと

日本の応援!

2011/04/04 Mon 11:58

町を歩いていると、窓際に日本の旗とメッセージを見つけました。

japo2.jpg


スペイン人も応援している?と嬉しく思いましたが、もしかして住んでいるのは日本人だったりして。


上はフォルサ・ジャポと書いてあり、カタルーニャ語。フォルサとは力(ちから)のことです。下のアニモ・ハポンはスペイン語で、アニモは元気。どちらも「がんばれ、日本!」の意味です。日本の旗を掲げてくれたのが誰であろうと、励ましのメッセージには嬉しくなりました。


ところで、アップルストアーで音楽の購入をしたことは一度もなかったのですが、期間限定発売ということで、

>人気ユニット「DREAMS COME TRUE」、徳永英明、福山雅治、長渕剛、松田聖子らユニバーサルミュージック所属の79組によるコンピレーションアルバム「アイのうた~東日本大震災チャリティ・アルバム」

というのを購入しました。
気持ちながらの応援と寄付の気持ちを込めて。自分も元気になる曲がたくさんです。


同様にアメリカで発売になった、
>マドンナら世界中の38組が参加し18か国で1位を獲得したアルバム「ソングス・フォー・ジャパン」

も購入しようと思いました。値段も高くありません。
ところがアップルストアの購入コメントによると、ミスがあるらしく、同じ曲が2度ダウンロードされたり、曲名と一致しない曲がダウンロードされてしまうとのこと。

アメリカ人にしては?素早い発売でしたから、そんなミスもさもありなん。
でも訂正されるようだったらその後にダウンロードしたいとも思うので、ちょっと待っているところです。曲的にはあまり面白くない気がしましたが、寄付の気持ちなので、いいんです。


ところでスポーツ報日のネットニュースで次のように紹介されていました。

>ドリカムの「何度でも」(05年発売)は、震災直後の1週間(14~20日)で、全国ラジオ局オンエア回数の邦楽1位を記録。あきらめず前向きに生きる歌詞が印象的で「『自分たちは何もできないので曲で励ましたい』と、全国から多数のリクエストが寄せられた」(TOKYO FM)。

私は大のドリカムファンで、今までもたくさん元気をもらってきました。「何度でも」は前半は曲としては難解で暗めな気がして、ちょっと飛ばしたくなっちゃいます・・。が、サビの部分とその少し前あたりは大好きで、本当に元気になりますね。応援歌としてふさわしい曲だと思います。皆さんに、これが届きますように!


また、日本からきた友達が、「CMが自粛されているのでCM製作会社のメッセージ5種類ぐらいが一日中繰り返されて、ノイローゼになりそう」と言っていました。苦情も増えているので少しCMを出す会社も少し出てきたそうですが、それは嫌ですね!日本のCMって楽しくて明るくて、あれだけでも気分転換になるというのに。自粛ムードと経費削減が関係しているんでしょうが、そろそろCMスタートしてもいいんじゃないでしょうか。


私は震災の暗いニュースがある中で、なぜか、ずーーーーーーっと「今こそ見たい」と思っていたCM映像があったのですが、それが日本生命の浅田真央さんの出るCMです。嘘のないスポーツ選手のドラマはだいたい感動的なものですが、あれを見たいとずーっと思ってきて、上の「CM自粛」話を聞いて、見たい願望がより強くなってしまいました。「たくさんの支え」編と「わたしはひとりじゃない」編があります。探してみると、この2つをつなげたYOUTUBEが出てきました。最近アップされたようで、同じことを考えている人がいたんだな・・と。曲もメッセージも良くて、これを編集して、被災地励ましCMにして欲しいぐらい。ちょっと見てみてください!




■ひとりごと
先日、最近、物をよく割るという記事を書きましたが・・・。
記事を書いた同日に、またやってしまいました。

abril 055
去年のクリスマスに友人からもらったばかりの、オキシタンの石鹸と、葉っぱの形をした、陶器の石鹸置き。洗ってたら、手がつるりとすべり、葉っぱが欠けてしまいました。先っちょが割れただけで分からないかなーと思うけど、割れたり欠けた皿などは早く捨てた方がいいと友人がいうのですよね。石鹸置きもでしょうか!?かわいかったのに・・。


また、嘘のような本当の話ですが、この同じ日に、座っていた木の椅子が突然壊れたのです。びっくり!
もともと釘が甘くなっていて、ぐらぐらしていたのですね。でも座っている最中で、特に大きな身動きもしなかったのに、いきなり床に片足ついた時は何が起きたのかと唖然としちゃいました。これは修理できそうなのですが私の力ではできず、友人待ちです・・。

しかしこう続くと、何か不幸でも続いているのかと思っちゃいますよね。それとも私の不注意ではなくて、ポルターガイスト!? (幽霊が脅かそうとしているのに、私が気づいていないとか?笑)

また、友人と話していて、さらにびっくりが!!レストランで働いているのに皿を1度も割ったことがないという友人が、私と会って、次に再び会う、たった数日の間に、2度も皿を割ったというのです!?伝染したんでしょうか。

なんか、皿が割れているのは私の何かの身代わり??なんじゃないか・・という気さえしちゃいました。身代わり観音みたいに、何かから救ってくれてるんじゃないかしらん。


話はまた変わりますが、月曜日。ビーチで友達としゃべっていて、ちょっと足を焼こうかなーと思い、足をさらけだしたまま4時間しゃべり続けてしまいました。

気づくと、真っ赤。今年初めて足を太陽にさらけだしたせいか、必要以上にひどいことになったようです。その夜は水風呂に入り、冷やし、アロエジェルを百万回塗り、良いか悪いか分からないけれど、家にあった火傷の薬を塗ったり、いろいろやってみましたが、本当に痛い!!痛い、痛い、痛い、痛い!!!寝ようとしても寝れずに、氷で冷やそうとするけど、氷との接触がもう痛すぎるんです。水が一番柔らかいので、寝る前にもう一度水風呂。翌朝も朝の出勤前の7時半に30分間、水風呂。本当につらかったです!!

翌日もその足でアロエジェルを1日塗りまくりしたが、靴下があたるのが痛いのですよ。夕方仕事が終わって薬局に行って見せたら怒られました。塗り薬をもらい、アロエジェルも併用して何度も塗っていいと許可をもらい、水もたくさん飲みなさい、といわれた次第。今日が3日目で、痛みは治まってきましたが、まだだいぶ赤いです。

ちょっと恥ずかしいですが、大根足を披露すると・・。

20110421021314a70_20110425194036.jpg

きゃー、ですよね。(すみません、太い上に、ポーズも変なので、なまめかしい足になっています。知り合いの男性も数名ブログを読んでいるのは知っていますが、ほとんど読者は、女友達と、知らない人だから、ま、いいか、出しちゃえ!!恥ずかしいので、画像は小さくしてあります・・)

しかし痛い!!というの、分かるでしょ??

変な焼け方をしちゃったので、この夏はスカートは、はけません。くっきり線が残ってるはずだから。

こういう、不注意で焼けたことって、過去に5-6回あるのですよね。ネタもたくさんあり。しかしもう20代の若者じゃーあるまいし、この年でこんなことするなんて思いませんでした。恐るべし、スペインの太陽です!



さて。今日はお知らせも兼ねてブログをアップしたのですが、本題。4月23日サン・ジョルディの日に、知り合いの日本人女性がチャリティーを兼ねて、街角に立って歌うそうです。スペイン在住の人はご存知かもしれませんが、テレビ番組で、有名なペネロペという歌を、日本語で歌って有名になった人です。ちなみにこの訳、上手に訳されて感心します。

みんなが元気をもらった、このテレビ出演、youtubeからご覧ください
本人は、とてもチャーミングで明るくて、素敵な人です。

ランブラ・デ・カタルーニャ通りの知り合いの花屋さんの前で歌うそうです。Diagonal通りに近いあたりと言っていました!!お知らせでした!!


■ひとりごと
日本に住んでいる人には絶対にわからないけれど、スペイン在住者の中でよく苦労話が出るのが、スペインの会社のアフターサービスの悪さです。

電話会社で嫌な思いをしている人が多いと思うんですが、そもそもホームページを見ても、サービスセンターの電話番号が絶対に出てこないようになっているところから、会社の姿勢が分かります。新規契約のための電話番号は出ていますが、問題が起きたときには電話がなかなかつながらないように出来ています。

かかった人の対応も悪く、途中で「聞こえないフリをして電話を切る」というケースが続いたことも。他の友達も言ってましたが、あれは彼らの手口のようです。(笑)


いかにサービスが悪いかには、長い愚痴になりそうなぐらい、話のネタがあります。でも私に限らず、誰もが苦労エピソード、持っていると思います。最近もネットや携帯電話など、ここ2年ぐらいトラブル続きです・・。あー、日本ではあり得ない・・。


故障やトラブルがあると、それを解決することよりも何よりも、「あー、お客様係に、電話するの、嫌だなー」という気持ちが一番先に浮かんじゃう!そのぐらい、問題を解決が大変だし、その電話に出る人の対応もひどいものなんです。。。うんざりして、疲れちゃうんですよ。


いつものように前置きが長くなりましたが、そんなサービスの悪いスペインで、皆さんにお勧めしたいのがガス湯沸かし器Calentadorのメーカー、Junkerです。

このメーカーを設置したのは、うちのアパートを修理した人が買ってきたため。でもこの会社、いつもとてもサービスが素晴らしいんです。

前回も設置しても点火されない・・という自体になったのに、設置した人が翌日からバカンスなので、「メーカーに直接電話をして見てもらいないさい」と言い渡され、放置されたので自分で電話したのですよね。この時も電話するとすぐ翌日に来てくれるし、サービスの電話も応対も素晴らしい。来てくれた人も5分で問題を解決する・・というプロぶりでした。

私の電話番号で管理されているので、次に電話したときもすぐ記録が出てきます。

・・で、今回また調子が悪くなったのです。先日友達が来たときに、ガスが点火せず、お湯がなかなか出ない・・という目にあいました。それからちょっと直った・・と思ったのですが、また同じ目に。毎日10回ぐらい点火を試みないとお湯が出ない状態になりました。

これは困った!また問題か・?と思い、恐る恐る、面倒だなーという気持ちで、メーカーのJunkerに電話してみました。するとテープが流れるのですが、「アフターサービスの契約のある方は1番、ない方は2番を押してください」のところで立ち止まってしまいました。

前回は設置してすぐだからいらないと言われましたが、今はどうなんだろうか?1年ぐらいサービスがついているのだろうか。で、よく分からずに、電話を切ったのです。

すると?? 間髪入れずに、電話がなりました。これを取ってみると、「今、うちの会社にお電話されましたか?」と。これにはびっくりしました!! なるだけクレームの電話を取らないように、取らないように、という姿勢の強いスペインで、こちらから切った電話に対して、電話を掛け直してくれるとは!!

かくかくしかじかと話をすると、すぐに明日午前に伺います、と承諾。しかも来てくれた人はやっぱり5分で問題を解決。本当に素晴らしいです!!

しかも10月に設置したばかりという話をしたせいか、5分で終わったせいかは知りませんが、修理費などの総額を取ることになっていたが、取り消してもらってあげる、と言ってくれて、その場で会社に電話をしてくれました。

昨日の、「あー、電話しなくっちゃ・・」と憂鬱な気分がいっぺんに吹き飛びました!お湯はちゃんと出るようになったし、スペインではなかなか出会えないアフターサービスの良さに感動です!!


・・ということで、これからCalentadorの購入を考えている方はJunkerお勧めします!!アフターサービスが素早いのが一番ですよ!会社はドイツで、組み立てはポルトガルでやっていて、アフターサービスの会社はここの会社だ、、と言っていました。在住者にお勧め情報でした!


■ひとりごと | コメント(2)

アパートが火事!?

2011/06/22 Wed 20:46

おひさしぶりです。

ブログがアップできなかった理由はいろいろあるのですが、1つは多忙だったこと。久しぶりに集中して働いて、疲労困憊の1ヶ月でした。しかし私より年上の世代の同僚たちはなぜあんなに元気いっぱいなんでしょうか。へとへとだと言いつつ、顔が生き生き。リラックス感さえあり、恐る世代です。私はと言えば、友人たちに「疲れが顔に漂っている」と言われる毎日でしたが。

ところでこの日曜日、事件がありました。

疲れ切った毎日の、ほんのひととき。この日は何もないので一日中ごろごろし、昼間からのんきにアパートでお風呂に入っていました。私は昼間にお風呂に入るのが大好きな人間なのです。

浴室を出てみると、なんだか部屋が煙くさい。全体に、もわーんと白いし、煙の匂いがどこからか漂っています。同時に廊下でぱたぱたと駆け下りて行く足音がし、アパートの住民が騒いでいる気配。「エレベーターに乗っちゃだめよ」と叫ぶ人の声までしました。

・何事?

ドアを開けてびっくり。もうっ、目の前が真っ白だったのです。エレベーターのある廊下部分は、見事なぐらい、煙が立ちこめた状態でした!!!


かっ、火事!??


>>続きを読む・・・
■ひとりごと | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。