スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

泥棒!

2010/07/25 Sun 19:45

安全だけれど首都のソフィアだけは十分注意するように!と言われたブルガリアへの旅。帰ってきたとたん、空港からのバスを降りたスペイン広場で「洋服汚しスリ」に遭遇しました  「ケチャップ・スリ」とも言われます。

これは非常に古典的な手口なのですが、2年ほど前にバルセロナではグエル公園でとっても流行って?いました。
緑色の液体をくっつけ、「汚れているからふいてあげる」と親切そうに近づいてきて、洋服を脱いだりしている間にお財布をスルというもの。この泥棒、とーっても人が良さそうな笑顔なんですって。今だに信じられん、、と言っている日本人旅行者がいました。

なぜ緑色かというと、グエル公園には鳥が多く、鳥の糞が落ちてきた、ということにするらしいです。
(ちなみに私もバルセロナの町を歩いている途中、本当に鳩の糞が落ちてきたことが2度あります!生暖かい液体がぽとっと。大ショックですよー。鳩が嫌いになる瞬間です。)


話は脱線しましたが、私が遭遇した泥棒はジプシー風の小男で、あまり見かけないタイプ。仲間を探したけれど分かりませんでした。ピンク・ベージュのようなクリームらしきもの(香料がぷんぷん)でカバンが少し汚れています。「汚れてる、汚れてる」と英語で知らせてきます。すぐにピンと来たので、かばんを握り締めたまま無視して、道路の反対側へさっさと渡ったので被害はなし。

しかし家に帰ってびっくりでした
背中から足元まで、全身汚れているんです!シャツからズボン。なんと髪の毛まで! 鏡で見えないけれど濡れている感じなので髪を洗ってみたところ、髪染めの直後みたいに濃い色が流れていくんですよ。相当大量に髪にもかけられていたみたいです。
もうっ、むむむ。怒!
夜中に洗濯までしちゃいました。


しかしこんな体験をすると、あー、バルセロナに帰ってきたな、という感じがします。
こんな泥棒に自分が会うのは初めてですが、泥棒に気をつけなくてはいけない国に帰ってきたという実感。


空港からタクシーに乗った時に、ぼろうとするタクシーのおじさんにうんざりする時もそうです。
日本で1ヶ月以上のんびりして気がすっかり緩んでしまった後、バルセロナに到着したとたんに、騙そうとするタクシーのおじさんと戦う瞬間。(一度なんて、同じ運転手が2度も理由をつけてぼろうとしました!)
Bienvenida!(ようこそ)とバルセロナに言われた気がして、よくも悪くも、バルセロナに帰ってきたと実感します。

大好きな街ですが、標的になりがちな外国人の私達はいつまでも避けて通れない門ですね!
さて。ただいま!



スポンサーサイト
スペインだから?
今日、大家さん(40代ぐらい?の美人女性)と大家さんのお父さんがうちに来ました。アパートの契約の再更新に来たのです。今のアパートには10年住んでいて、これが2度めの更新となります。

家賃は40ユーロ(今のレートで5000円ぐらい)のアップと落ち着くことになり、ひと安心。


日本は新しいアパートが好まれ、築何十年のアパートは値段が下がりますが、こちらは築数十年が当たり前。古くなったからといっても値段は下がりません。「あなたは長くいるからアパートが古くなるのは当たり前。だから値上げするわ」と大家さんに言われたりするのです。

スペインのアパート契約は次のような仕組みです。(特別な記載がなく、普通の契約書である場合)
・現在は5年契約が普通。(1年契約と書いてある契約書でも、5年まで自動的に更新になる)
5年契約でも1年は義務がありますが、1年過ぎればいつ退出してもok。1ヶ月前に大家さんに文書で通達が必要なだけです。

ここでびっくりな余談ですが、昔は無期限とか100年という契約書が存在したんですよ。そういう契約を持っている人の子孫がガウディのカサ・ミラやカサ・バトリョに住んでいるわけです。

ちなみに昔といってもそんなに昔ではなく、私の日本人同僚でこれを持っている人が2人も!!いるのです。今では貴重な宝!物価の上昇(IPC)分しか値上げができないので、今でも20年前の家賃で住んでいるようなものです。1人は大家が追い出したくて嫌がらせもしていましたが、権利があるので負けない!と言っていました。
こういう人は家を買うより、一生賃貸の方がダンゼンお得です。


同様に、私の日本人の同僚で、無期限の契約書ではないけれど、物価の上昇分以外あがったことがないという、これまたうらやましい人たちがいます。これも2組! ただし契約書に無期限と明記されているわけではないので、大家の気が変わったり、大家が違う人になった時には困るかもしれない・・という難点はありますが・。

でもとりあえず住居の心配のいらない、こんな幸運な人達が、私の同僚の日本人という狭い範囲で4人もいるとは。すごい確立です!昔はよくあること・・だったんでしょうね。


スペインの賃貸仕組みに戻りますが、
5年の契約期限が切れるとどうなるか?

・大家は好きな値段に家賃をアップできる。ただし大幅に値上げする時は1ヶ月前に文書で通知すること。
・1ヶ月前に連絡がなければ延長契約(Contrato de prroroga)が可能。条件は全く同じで、さらに3年延長できる。
(こちらは新しくできた法律です)

などがあります。

ここで問題となるのは、契約が切れたときに大家はいくらでも好きな金額にあげることができ、これに制限がない、ということです。5年前にいろいろ調べたのですが、本当なんですよ。
つまり長く住んでいても、全くの新規契約状態になるのです。
これは賃貸者にとってはつらいこと。

ここ10年ほどスペインでは不動産バブルがすごかったのですが、これに目がくらんだ大家さんがたくさんいました。家賃を突然1・5-2倍に値上げされ、長年住んだのに家を出ることになった、という日本人を、何人も知っています実際に知っている人で何人もですよ!!だからこそ、上記の家賃があがらない人達の幸運さにぴっくりするのです。

突然2倍ですよー。払えません!
家賃を滞納したこともなく、全部自分が内部も改装しきれいに使っていて、もう十数年住んでいたのに!と嘆きの声を耳にしたものです。一部の知り合いは、あまり仕事も多くない、私よりも年配の人なので、とても心配しました。同じく賃貸の身としては明日はわが身ですね。自分が年を取った時にその状況に陥るのはつらいと思います。


さて、私は今のアパートですが、まだ安かった頃だったので65000ペセタで入居しました。日本円で5万円ぐらいの計算でしょうか。高層階で、眺めもすばらしく、3部屋ついて、場所も便利。なかなか良い物件に感じたものです。

ところが5年前の契約更新の時。当時はバブル期で、追い出される話を聞いていたので、心配した私は前もって電話してみました。契約のきれる数ヶ月前のことです。
「こんなに値段をあげるなんて恥ずかしいことだ。私は上げないから心配しないで」と言われて、安心してたのですが、契約当日(期限の切れる2日前)に彼女は120ユーロ(2万ペセタ)の値上げを通告しました。

正確に言うと、彼女はとおおおおっても言いにくそうだったのですが、大家さんのお父さんが値上げしたくてうずうずしていて、彼の入れ知恵だったと思います。(ちなみみ彼は、契約後うちのアパートを出て行く時に、「日本は高い♪ 日本は高い♪」と歌いながら出ていきました。唖然・・。でも2人とも人は良いんですよ・・。)

120ユーロ値上げしても、まだまだ一般のレベルよりぐっと安いので更新しました。その頃3部屋は1000ユーロは当たり前でしたし、ワンルームでも600ユーロだったのです。ただし、120ユーロの値上げは自分が払っていた家賃の30%アップにあたるので、自分にとっては大きな値上がりです。値上がりよりも、「前もって言ってくれなかったこと」にショックを受けました。良い人達だと思っていただけに・・。大幅値上げの時は、大家は本当は1ヶ月前に知らせなくてはいけなかったのを知ったのは後のことです。


そして今年。
先月お湯が出なくなり、湯沸かし器を結局買い換えることになりました。550ユーロの出費でした。修理ですが、賃貸でも壁の外にあるものは店子、壁の中(水道管や配線など)大家さんが修理するという意見が一般的のようです。

私が払うというものなら払うのはいいのですが、契約の切れる1ヶ月に550ユーロも払って、追い出されることになったら・・という理由から、少し大家も負担してくれないだろうか?というのと、ついでに「値上げするのだったら1ヶ月前には値上げ額を知らせて欲しい」と伝えました。「前回大幅にあげられたから」と。

これが人の良い大家さんに逆鱗に触れたのです。「私は人が値段をつりあげている時にも値上げせずに来た」。
確かにそれはそうですから、余計に悔しく感じたのだと思います。

しかしその後の言葉にどうかと思いました。
「あなたはuna miseriaしか払ってないのよ!」!!

una miseriaとは、本当に少しのお金、わずかなお金のことを言います。別の意味では「極貧」という意味もあります。

うーん、私が300か400しか払ってないなら分かるけれど、600ユーロ。10万ペセタですよ!ミセリアといわれるような安い値段ではありません。
それに今アパートを購入する人はともかく、昔買った人達は安い値段で買っているわけですから値段を大幅にあげずに十分ローンが払っていけるはずです。

この大家さん、電話を切ったあと、再び電話してきて、「私は2%しか値上げしてこなかった」とも言ってきます。えー、2%ですかー、30%値上げしましたよー。(←この時点で私も計算してなかったので、30%という数字は出ませんでしたが)IPCのことかもしれませんが、2年前だってIPCで4%あがりましたよー。(バブルはじけてたのでえ?と思って調べたら正しかったのです。バブルがはじける前年さえ、スペインは4%物価があがったのでした)
しかし、もう怒っちゃったので何を言っても無駄。「いつでも出て行ってくれていいのよ」の言葉も出たし、そうなると賃貸の私としては困った立場になっちゃいました。家がなくなったら、次が見つかるまでの間、家具だけ預かってくれないか?と友達に聞いてみたりしたものです。


しかし大家さんがとうとう電話してきて、40ユーロの値上げで、契約更新を伝えてきた時には、本当に安堵しました♪


今は不況なので前のような値上げはないだろうというのが一般的意見ですが、うちのアパートはこの5年以内に、エレベーターが故障して新しく買い替えたのです。しかも市の調査にひっかかり、水道管・電気・壁の塗装など、全部を新しくしているところなのです。思わぬ値上げもありえることでした。

実際に大家さんと話していたら、3ヶ月に1度200ユーロの請求が来ているといっていました。
友達いわく、「もめてしまったけれど、そのおかげで、値上げ額が少なかったんじゃないか」と。
前回も文句ひとつ言わずにサインし(ショックすぎて反応できなかった)、金払いの良いイメージのある日本人。何も言わなければ改装費がかかっているという理由でもっと大きく値上がりをしたかもしれませんね

今日はもめた後に大家さんに会うということで気が重かったのですが、大家さんも自分のヒステリックな態度を反省したのか、とても感じがよくて友好的に終わりました。こういうときはスペイン人の、「とても感じよく振舞う」上手さを感じます。上手な人は本当に人間味あふれる接し方で、うまい!と思うほど。とりあえずは関係修復ということでほっとしました。長くなりましたが、スペイン賃貸事情でした!



スペインだから?

地下鉄スリ

2011/11/01 Tue 18:22

先日バルサの試合があるのにすっかり忘れて、地下鉄の5号線に乗ってしまいました。電車を待っている時は「こんな時間なのに混んでいるな」ぐらいだったのですが、電車に乗ってからの満員状態で気づきました。しまった!

バルサの試合に見に行く人達でぎっしり。試合の日は5号線や3号線のカンプノウ周辺の地下鉄は避けた方がよいです。


ところで、今回地下鉄で待っている時。いつもながらしっかりカバンは握り締めて防御してたのですが、なんか、おなかの出たおじさんがそばにくっついてくるなー・・と。横目で見ると、おなか、本当に出てました!日本人妊娠女性以上の出っぱり。ボールみたい。「すごいな、このお腹」と横目で見つつ、顔を上げると、別の男と目が遭いました。

げ!!泥棒です。

一人かと思ったら、他に二人。全部で3人。もしかして私の真横のおなかの大きなおじさんもそうかも、、と思い、すぐさま離れて遠くから見たら正解。同じ人相の悪い4人組で、中南米の人風でした。4人とも右、左から、ちらちらとこちらを見てます。お腹に感心している場合じゃなかったです。

私はカバンもしっかし両手で押さえているので、ダメだと思ったんでしょうね。左を見た彼らが、「あっちに日本人がいる」と言っているのが聞こえました。おいおい、泥棒さん。スペイン語が分かる人にはわかっちゃんですが。私も見てみると、若い男女のカップルが1組。一人旅らしい男性が一人。

4人もいるのでやばいなーと思ってしまい、おせっかいの私はわざわざその3人のすぐ後ろまで移動し、待機。取られそうになったら防御してあげようかと思っていたけど、電車が来た瞬間にさーっと4人で前後包囲してくるのです。さすがに怖くなって、自分でさりげに防御するのも無理なので、おせっかいにも「泥棒が何人もいるから注意するように」と呼びかけ、そのまま電車へ。中に入って気づきましたが、相手は5人でした。3人内部にいて二人で男性を包囲。手ぶらの男性でしたが、羽交い絞めみたいにして、ポケットを両方からさぐってくる様子を目の前で見ると、ちょっと怖い。後ろからも二人乗ってこうようとしてくる。「この人も泥棒だ、その人も泥棒だ」と実況中継して騒いでいる、変な日本人になっちゃいました。

二人は私にギャーギャー言われたので乗ってこず、ドアは閉まり、3人の泥棒と一緒に次の駅まで行っちゃうかと思っていたところ(だいたいドアが閉まる前に下りる人が多い)、閉まりかけた2cmほどの隙間をまた、ぐいぐい開け始め、ついにはドアを開けて、3人とも逃げていきました。(これもよく見かけるパターン)


心配なのは、バルサ戦で人が多いので乗り降りにも時間がかかったこともあり、かなり長い間、顔を見られたのですよねー。

「邪魔するな、ちっ」と思われたかもしれず、しばらく地下鉄に乗るのをやめておこうかなーと、ぼんやり考えたりしています、、、。それとも変装する?? 

続けて会いさえしなければ、どこにでもある私の顔なんてすぐ忘れちゃうと思うので、1週間ぐらいまた自転車行脚しようかしら。


スペインだから? | コメント(0)
お客様への応対の素晴らしい日本と違い、スペインで最悪なのはインターネットのプロバイダーの契約変更です。契約するのはいいけれど、契約を切るのが難しい。別の会社へ契約を変えようとするとあらゆる問題が置き、3ヶ月からひどい人では半年つながらなかった、という話を聞きます。

日本とは天と地どころか、宇宙と地底1万マイルぐらいの差があるので、スペイン人もよく文句言ってますが、生粋の日本人としては最大のストレスが溜まります。ああっ!なんでスペインはこうなのっ!とイライラっ!!



>>続きを読む・・・
スペインだから? | コメント(0)
前回のネット接続問題の記事。主電源うんぬんは大間違いだったので訂正しました。隠し絵のように見える?不思議なスイッチの写真も加えたので、見てくださいね!

今日は2週間ぐらい前の、書きかけ記事を紹介します。

うちのアパートの地上階に住むおばあちゃんの話をしたことがありますが、ある日帰宅すると、救急車騒ぎになっているうちのアパートを発見しました。

アパートに入ってみると、例のカルメンおばあちゃん。通路に置かれた椅子に座って、泣いています。
私の顔を見るとさらに泣きが入り、両手を握られて捕まってしまいました。

なにごと??
>>続きを読む・・・
スペインだから? | コメント(0)
スペイン在住日本人へ?警告??です。(気のせいだったら、ごめんなさい)

先日、大好きなバンコクカフェにパンダちゃんとランチの予定だったのですが、お店が改装工事中で閉まっていました!(4月13日夜からまたオープンするそうです)そこで急遽、近くのスペインおやじバルに入ったのです。

ところが入ったところ、お店のスタッフは全員が中国人でした。
>>続きを読む・・・
スペインだから? | コメント(3)

公立病院での惨事

2012/06/10 Sun 19:50

先日公立の病院へ行ったときの惨事について。
スペインというのは公立病院は診察代が無料です。・・ということは、待たされる、サービスが悪いなどの話をよく聞きます。日本のように自由競争ではないので、行ける病院も選べません。

それで私立の保険へ入会し、私立の病院へ通う人も多いですね。だから公立の病院+私立の病院と、毎月の病院費は結構払っていて、痛い出費です。私も普段は私立の病院へ通っています。(公立は診察が半年先なんて言われることもあるので)

私は過去に何度かとても体調が悪くなったことがあり、一時期入院なんてこともありましたが、そんな時にお世話になったのが、公立病院の救急病棟です。あたった先生と看護婦さんがとてもよくって、スペインでは珍しく仕事もできる、性格も良いという人たちだったのでイメージが良いのですよね。

ものすごおおく待たされる、ということはありますが、自分の順番が回ってきたらあとは早く、血液検査、尿検査、レントゲン、エコーなどなど、一気にやってくれるので、本当に大変なときはいちいち私立の予約を取るよりも、思い切って、公立の救急病院へ行った方が早いでしょう。(風邪などのたいした病気であればたいした治療はしてくれないうえに、待たされるだけなので、本当に重病の気がある時にしておいた方が無難です)
・・と思ってました、今回の事件までは。


周りの人の話を聞いても、公立病院の救急科に良いイメージを持っているのなんて、私ぐらいで、今までがラッキーだったのかもしれませんが、今回初めて、身の危険を感じる事件がありました。

>>続きを読む・・・
スペインだから? | コメント(2)

スペインの医療技術?

2012/06/10 Sun 20:20

疲れたので別の日に書こうかと思いましたが、、。
ここでやめて、続きが来週になっちゃうと、皆さんからまたまた心配のお電話やメールが来てしまう、、と思い、続きを書くことにします。(ぎっくり腰で電話やメール、皆さん、ありがとうございました!!ご心配かけました!)


腕の方は内出血?赤くどす黒い部分と、青く腫れ上がってる部分などがありましたが、あまり心配はしてませんでした。心配なのは電流が走っているような手首の傷。

神経って麻痺する話なども聞くし、将来が心配です。

周りに伝えても心配されるので、今度は私立の病院にアポを取って行ってきました。(同じ病院は行きたくない)

結論から言うと、これは神経に傷をつけられたそうで、薬もなければ治療法もないけれど、時が経てば治る、のだそうです。後遺症や、もっとひどくなることを心配したので、時が立てば治ると言われて、安心しました。ただし完治まで先は長いそうです。

ところが!笑っちゃうのが私を見てくれた先生。
先日の写真を印刷して持っていったら、相当、同情してくれた上に、自分の悲惨な話もしてくれました。

なんと!歯医者さんの麻酔で神経に傷つけられ、舌の左半分が4ヶ月も麻痺したのだそうです。(そんなこともあるのか? 歯医者へ行くのも怖くなってきました!)
口をあけて、身振り手振りで、病院の先生が、病院のミスを力説して、話す!!、という、これまたスペイン的?体験。。
「病院に行ったら、もっと具合が悪くなったってヤツだな!!」と可哀想がられましたが、病院の先生がこんな近所のおばちゃんの世間話的反応で、いいんでしょうか。

しかし4ヶ月麻痺してても治るんだと思うと、先生の体験談にほっとして、今ではのんきに治る日を夢見ているところです。腕の傷は強力なThrombocidでみるみる治ってきました。

今回の件で、いっきに病院嫌いに。
今までも病院へなかなか行かなかった自分ですが、嫌いだったからではなく、面倒くさかっただけなのです。先月初めのぎっくり腰の時にも病院に行かなかったと伝えたら、怒られたぐらいですが、ようやく行ったと思ったら、このザマ。行かなかった方がよかったかもしれん、と思ったほどでした。

2度目のぎっくり腰で、水を飲んでも胃が痛くなった時、ウー先生から「胃カメラ検査したか?」と聞かれました。したことあるのは数年前。

「した方がいいの?」と聞いたら、先生が経過を見てから判断するとの答えが。結果、もう来週を最後に来なくていいと言われたので、胃カメラも飲む必要がないものと判断し、さらなる胃の原因の追求などはやめておきます。

うー先生の鍼治療だって乱暴なので、神経にさわるようなことがありますが、程度が全然違ったし、スペインの医療ミスと比べると、まだ、うー先生のミスの方がマシなような(何かあってもうー先生だったら対処法も知っているような)気がします。

・・とういことで、皆様もスペイン医療にはお気をつけください。
病院のお世話になるだけならないのが一番ですよ!?


スペインだから? | コメント(3)
今までいろんな愚痴を語りましたが、今回ほど熱意を持って語りたい愚痴はありません!!もうっ、嫌で嫌でたまらない!どうにかしてくれい!!と、つばをまき散らしながら語りたいテーマです。(長文です)

最初に異変に気づいたのは、平和にお昼寝をしていたある日。7月末頃だったでしょうか。


ほおっっ、ほおー、ほおおおおっっという、鳥の声。
ばたばたと空が暗くなるぐらいの羽ばたき?
何か世界で起きる予兆か?と思うぐらいの騒がしさで、目が覚めたので、外をのぞきました。

・・すると!!??


>>続きを読む・・・
スペインだから? | コメント(4)

あっけなく悲劇が終焉?

2012/08/21 Tue 09:33

ミニバカンスから帰ってきました。水のある街に涼みに行ったつもりだったけれど、暑かった!毎日汗だく!
しかしお宿にはジャグジーがあるし、くつろげる田舎ホテルでした!
毎日1カ所だけ観光して、あとはのーんびりの毎日。
美味しいランチの後、シャワーを浴びて、昼寝もたっぷり・・。
夕方目覚めてから(2日目は昼寝して目覚めたのが20時だった)、貸し切りジャグジーで身体を冷やして、くつろいでから夕食という、贅沢な3日間を過ごしてきましたー。

あくせくする観光って、きらいなんですよねー。いそがしく動くの、大嫌い。
なのに最近そういうことをするはめがあり、あー、やっぱり私には忙しい観光は向かないっ!!と確信したのでした。

バルセロナって人が多いのもあるし、年とって来たのもあるんでしょうが、最近はずーっと、人のいない田舎などへ行くのが大好きです!!これからももっと、くつろぎの旅へ行くぞー。



さて、先日つばを散らしながら愚痴っていた、鳩おじさん話に朗報が!

先日ブログを書いたまさにその直後。
夜12時半から、なにやら、夜空に音が響き始めました、、。
何かをひっかくような、やすりをかけているような音。
人迷惑な時間帯に、30分以上鳴り続けているんですよね、、。

絶対あのおやじに違いない!

だってこのアパート12年住んでいるのに、そんな人迷惑な音を夜中にたてるご近所さんなんて、いなかったし。
それから音が夜空に反響している感じからして、下の階ではなく、上に遮るもののないところからの音という感じだったのですよね、、。

何やってるんだろう、、、。

>>続きを読む・・・
スペインだから? | コメント(2)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。