スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大和温泉 アマンディ 

2013/02/04 Mon 07:10

日本の話題です。

私は佐賀にいる間、週に1-3回は温泉か、岩盤浴に行きます。
佐賀で何やっているの?と言われることもありますが、遊ぶのに忙しいんですよ。温泉施設が多いし、周りも温泉好きだし。

今年は温泉の自己最高記録を更新し、なんと3日続けて温泉に行きました。1日目母と、2日目妹と、3日目は友達と。その2日前には博多で叔母2人&姉と岩盤浴に行ったので、5日のうち4日湯気の中にいたことに。ちょっと入りすぎですが、一年分と思うことにして、楽しんでいます。どうせお風呂は入るんですしね。

その他にプール、図書館、もちろんランチやディナーも。福岡の親戚ともなんだかんだと毎回1度は会っているし、姉家族とも、妹家族とも会うし、からだがいくつあっても足りません。友達が実家に遊びに来ることも多く、去年はパンダちゃん、今年はみなこちゃんが訪問。スペインや沖縄の友達も来たい!と言ってるので、今後も多そうです。大学時代からよく友達が実家に訪れているので、うちの母は私の仲の良い関東やスペイン在住の友人をよく知っています。

今年は突然、沖縄に行くことにもなり、友達二人に会うこともできました。
合間に(また)ぎっくり腰!!もやったんですよ!
今は整骨院通いも加わり、あと1週間ぐらいの滞在なのに忙しいったらありゃしないです。



さて、いずれ佐賀県の温泉を紹介していきたいと思いますが、まずは佐賀県大和町にある、ホテル・アマンディ。
もうちょっと山へ行けば古湯温泉や熊の川温泉まですぐ、、という立地です。
昔は健康ランドという施設で、当時と建物の造りや雰囲気が似ています。そのせいか、ホテルでありながら、レトロ感ありありの施設。決してオシャレでもなんでもありませんが、アマンディはわりと成功のようです。


>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
温泉 | コメント(0)
この夏、1年半ぶりに帰省しました。

佐賀県観光大使を自負する私。今回も温泉三昧してきましたので、佐賀の温泉情報ご紹介します。

今年一番最初にいった温泉は湯招花。とうしょうか、と読みます。
佐賀駅から近いのは熊の川温泉と古湯温泉という2つの温泉地なのですが(この2つは近いです)、たぶん一番お値段も高く?、雰囲気がある、大人の温泉です。熊の川温泉にあります。

源泉かけ流しの温泉じゃないと嫌!という、うちの母の、一番のお勧め。

子供を見かけたことがなかったので子供は禁止の温泉というイメージがありましたが、実は大丈夫とのこと。今年は夏休み中だったので、子連れをちらほら見かけました。みんなおとなしくて、騒ぐような子供じゃありませんでしたが、、。

なぜ子連れが少ないかというと、値段が高いからであろうとのこと。子供でも600円、大人で1200円。
(回数券を買えば、1回1000円になります)
そりゃー、子供が3人もいたら、なかなか気楽には来れないですね。

県外からわざわざ来る、という気合の入った家族なら良いですが、日常使いはできない温泉です。
しかしそれがたまには贅沢をしたい気分をくすぐります。
古湯温泉・熊の川温泉は、庶民的な温泉が主流だから。(笑)

温泉大好きのうちの母が調べたには、湯招花は、完全源泉かけ流しの温泉です。普通はそうではない温泉が混じることも多いのですが、ここはどのお湯もかけ流し。いつも新鮮なお湯が楽しめます。

また温度がちょうど良いんです。
だから、水で薄めてもいないし、お湯を足してもいないし、熱してもいない。
温泉のお湯の効用が損なわれないところも良いです。

お湯の量もたっぷり。
IMG_0256.jpg

湯招花の入り口には、温泉スタンドがあり、誰でもそこに車を停めて、ペットボトルにお湯をつめてもって帰れるようになっています。お湯がたっぷり出るので、どうぞどうぞ、なんです。



この湯招花、今年私が実感したのは、もしかして、腎臓に効く?ということでした。
いや、それは実は間違ってたかもしれないのですが、何か体に効いたのです。
温泉 | コメント(0)
熊の川温泉の湯招花。HPの宣伝文句はこうです。

湯招花のお湯は、地下1,050mからの湧水が、こんこんと湧き出る多種類のイオンを含んだ泉温43度の天然掛け流し温泉です。毎分500リットルの豊富な湧出量は西九州最大級。

内部はこんな感じです。
IMG_0255.jpg
玄関。

IMG_0257.jpg

IMG_0258.jpg
狭いですが、畳もあります。
ただし小奇麗だし、オープンだし、受付からも見れそうで、ゴロゴロ昼寝がしづらい、、ですが。(笑)
こんなきれいなところで昼寝はしないもの!?

ちなみにこの畳にすぐ横に、時間制で借りれる個室の休憩室もあります。家族で昼寝するのに良さそうです。


IMG_0260.jpg
いつもきれいな植物が鑑賞できます。


IMG_0259.jpg

IMG_0262.jpg
この日は雨でしたが、テラスもあり。

IMG_0261.jpg
テラスから見下ろしたところ。ここをのぼってくるのが一番近道かな?


室内にサウナ、野外にミストサウナ、露天風呂もあります。
いつもきれいで、落ち着いていて、庭の木も素晴らしいです。
露天風呂には秋には素敵な紅葉が見れそうだなという見事な枝ぶりの木もあります。

TO (3)

TO (2)

TO (1)

飲む用の温泉水もありますが、これがまろやかでとってもおいしい!
ペットボトルではそこまで感じないので、このコップが魔法のカップかもしれませんが(笑)、温泉地で飲むたびに、美味しいなあ!と思います。ぜひお風呂のところで、そこに置いてある和風な湯飲みで飲んでくださいね。


さて、腎臓に効く!と書いたのは、私の勝手な感想、想像、願望です!?
(期待して読んだ方、すみません)
しかし、そう思ったには、理由があるのです。

実は帰国直前、腎臓に問題があるかな?と思ってました。
1つには、背中とおなかがちょっと痛く、調子悪いなーと思っていたところ、一度だけですがピリッと尿道に何かを感じたことがあったからです。
一度石が溜まってたことがあったので、それかな?とも思ってました。

ここが今回帰国して一番にいった温泉だったのですが、
温泉の最中も数回、あがってから1回、帰りの佐賀駅までのバスから降りてから1回、そこからバス数駅の自宅に到着してすぐ、などなど、短い時間に、異常とも思えるトイレの数だったのです。

特に温泉を出て帰る時。温泉地でもあんなにトイレに行ったのに、バスに揺られ、佐賀駅のバス停を下りたときは再びトイレにいきたくなり、こんなにまだ出るか?いったいどれだか溜めてたのか(リアルな話ですみません)、と思う量が出て、
さらにそこからすぐの自宅に帰ると、またトイレへ。

あとにも先にも、この温泉に行ったからといって、こんなにトイレに行ったことはないし、
他の誰もこんなにトイレに行ってはいないので、この時の自分の身体の問題かと思うのですが。

もしも尿の出方に問題があったとしたら、明らかにこの温泉で解決したな、と思ったのでした。

その日、たまたま、湯招花の近くの温泉「元湯」で、腎臓の病が治った話を母がしていたのと(注・あとでこれは怪しいことが判明します)、腎臓に問題があるかなと思った頃だったので、勝手に、湯招花は腎臓に良い温泉と思い込みました。

ちなみに、この温泉の効用の中には、腎臓のじの字もありません。苦笑。

webによると効能は
[ 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進 ]

泉質別適応症 [ 痛風、動脈硬化症、高血圧、慢性胆のう炎、胆石症、慢性皮膚炎、慢性婦人病 ]
痛風が含まれる数少ないお湯だそうです。



低張性弱アルカリ性低温泉としてお湯の質を調べたところ、
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、
重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)

がダメだと書いてあるので、腎不全の方はダメですよ!!!
行く方はご自身の責任でお願いします。

腎臓には全然効果なかったか、逆効果だったかも?
身体の調子が悪い方はちゃんと調べていってくださいね。


もしかして湯舟につからないスペイン生活で体が冷え切っていて、急に温まったおかげで、あんなことになっただけなのかもしれません。冷え症には効果あるそうなので、内臓や体の隅々がよくあったまった、だけかもです!!!

それとあとで調べましたが、痛風にも効く温泉ので、毒だしになったんじゃないか?という説もあります。

まったく根拠なし、ですが、私の長い温泉生活で、何か体にはっきり変化があったのを実感したのはこの時だけなんです!(後日再訪した時には何も起きませんでした)

ですが、ここの温泉、たしかに何か体によいのは良いだろうと思います。なにしろ源泉そのままのお湯ですからね。

さて。この温泉の別エピソード。
後日、博多に住む、叔母、従妹、従妹のアメリカ人の夫、その子供(1歳)が遊びに来たので、みんなでいきました。

温泉はうちの母と叔母は行きたがっていましたが、従妹夫婦はそうでもなさそうな様子だったんです。
でも行くことになったのですが、ちょうど温泉についた頃、子供が寝ちゃったんですよね。

寝てる途中に起こされるとモンスターになる子供だというので、従妹は温泉はいかずに、そのまま車に残るといい、温泉は夫だけが入りました。

ところが、あまりにも雰囲気の良い温泉のため、夫のベンちゃん、「ここは入らないと、後悔するよ!」と慌ててメールしたとか。そこで急いで入ってくれて、途中で従妹と交代してました。

あ。子供も目が覚めてしまい、結局は子供もやってきましたが、温泉大好きのコだったため、出る時には「出たくない」と大泣きでした(笑)。

みんなが気に入る、お勧めの温泉です!!
湯招花のwebはこちら。
離れも雰囲気が素敵です―🎵
宿泊ではなく、時間制でのお風呂なんですね。今回WEBを見て初めて気づきました。うちの母も離れって、宿泊施設と思ってるんじゃなかろうか?

しかし離れはいったことがないですが、離れじゃない普通のお風呂でも、十分、贅沢感があり、良いですよ。
ただし夏休みは子供連れが多くてそうでもないかも。可能な大人は子供の休み期間は避けていくと、本当に少人数で温泉がゆったり楽しめます。



温泉 | コメント(0)

湯招花その3 行き方

2015/11/17 Tue 01:17

湯招花への行き方です。まずは足がない方への情報です。

JR佐賀駅の隣にあるバスセンターから、古湯温泉行きのバスに乗ります。
佐賀在住の老人は100円で行けるパスがあるので、うちの母の運賃は100円です。

TOHSO.jpg
2015年9月の時点での時刻表。
2時間に1本ですねー。

40分ぐらいかかりますが、通勤の時間以外はすいすいバスが早く進みます。
なんたって、「乗る人・降りる人が少ない」佐賀県なので、ノンストップじゃないのに、ノンストップですか?って感じでバスが進むんです。

このバス料金は高いです。老人じゃない、普通の人は片道740円。
先日博多で、やはり40分ぐらいバスの乗って、料金が270円だったので、それは安すぎる!と思いましたが、佐賀のバスは乗る人が少ないので高いんでしょうね。

もしくは佐賀の場合は混んでなくて40分、博多は交通渋滞で40分だったので、走った距離が違うのかも?

私は帰省の時ぐらいは佐賀県にお金を落としていこうと喜んで払っていますが、普通の人にはちと高いかもしれません。
そう考えると、大和のアマンディで送迎バスが無料でつくというのは、たしかにありがたいですね。

しかし東京ではちょっと電車に乗ると500円、いろいろ移動すると1日で1000円使うので、都会の人には高く感じないかもしれませんが。乗る方は、老人以外がほとんど乗らない佐賀県のバスに貢献したつもりでご利用ください。

このバスですが、田舎ならではの良いところもあります。
真っ赤な橋の架かる川を渡るのですが、この川を渡ってしまった後は、「どこでも好きなところで停車できる」んです。

つまり自分の都合の良いところのどこでも、「ここで降ろして」と伝えて、おりることができるんです。
そりゃー、これだけ乗る人が少ないと、しかも車のない老人たちだと、そのサービスはありがとう!ですね。

TO (4)
こういう大きな川があります。
TO (5)
橋が赤くてきれいです。

川を渡ったらどこでもどうぞ!は社内放送も流れますが、私は聞き逃したため、「ほんと?」と母を疑ってしまいました。後日通ったらちゃんと放送が流れててましたね。放送を聞き逃した方も川を渡れば大丈夫なはずなので、バスの運転手に聞いてみてください。

湯招花に行くにはバス停の「熊の川温泉」で降りても、すぐです。
・・が、どこでも降りれる仕組みを利用したい母は申し出て、湯招花の温泉スタンドで下してもらいました。

ただ運転手さんが結構知らないのですよね。湯招花(とうしょうか)と読むとは知らなかった、、と言ってるバスドライバーもいました。字が読みにくいですから、温泉好きじゃないと、知らないのかもしれません。老舗でもないですしね。バス通り沿いに大看板があるんですがね、、。

たいした距離ではないので、言いにくい方は熊の川温泉のバス停でおりても良いですし、
湯招花で下してほしければ、
1)熊の川温泉入口、という放送がなったら、降りる準備をする。
2)バスの運転手さんに湯招花の温泉スタンドでおろしてほしいと伝える。(私たちは温泉病院のバス停で停まった時に伝えました。・・がバスの運転手さんに分からないと言われたので、看板が近づいてきて、もう一度伝えました)
3)温泉入口へいく途中に、次の写真のような大看板が見えてきます。これはバスの運転手も絶対に見たことのある大看板で、すぐわかります。

IMG_0266.jpg
↑この看板が見えたら、ここです!と叫びましょう。
もしくはこの写真を印刷して見せても良いですね。

看板の左手の道は離れへ行く道。
一般温泉は写真より手前にあたりますので、看板を過ぎてからではなく、看板の手前です。

この看板の左横に、大きな駐車場がありますので、その駐車場横でおろしてもらいましょう。
この駐車場の一番手前(バスがやってきた方向)の木陰からの階段をのぼっていくと、到着します。

IMG_0253.jpg
こういう小道です。(ちなみに行き方は他にもあり、これが一番近道だと思いますが、他の看板を見つけた人は看板に沿っていっても大丈夫なはずです)

温泉スタンドも上記大看板のすぐにあります。
IMG_0265.jpg
温泉が湧き出てて困るぐらいなので?どうぞもらってください、と無料です。
地元ではペットボトルを持って、ここでお湯だけ汲んでいく人もいます。
帰りはぜひここのスタンドで温泉水をもらっていってくださいね。


(4)途中で下して!と叫びにくい人は、熊の川温泉のバス停で下ります。

上記の黒い大看板を過ぎると、熊の川温泉はここから、、といわんばかりの大きな看板が見えてきます。
そこで降りても、そんなに遠くありません。
すぐ左に道があり、このあたりに各地の温泉へ行く小さな看板が出てきます。
ちどりの湯や、湯招花の看板も出ていますが、その看板の方向へ進んでも、湯招花に到着できます。

佐賀の人は歩かないんですが(笑、みんな車)、歩ける範囲にいくつか温泉があるので、1泊ぐらいで滞在して、温泉めぐりをするのもお勧めです!!お得な温泉チケットもあるのですよ!

熊の川温泉にはしなびれた、いかにも温泉地らしい古宿もあるので、そのあたりで泊まっても良いと思いますよ。

WEBはこちらをどうぞ!


ところで、車が運転できる人はレンタカーがお勧めです!
うちの従妹は博多からレンタカーで来ました。博多から佐賀も回数券を使えば片道1000円ぐらいで来れるのですが、レンタカーも5000円程度らしいです。子供連れにもいいし、温泉地も移動が必要なので、家族3人いれば絶対にお得ですね。

遠くからくる方は佐賀空港を使えば最初の24時間、レンタカーが1000円キャンペーンやっています
詳細はこちら。

24時間って大きいですね。
夕方、佐賀空港に到着し、レンタカーをゲット。佐賀城や吉野ヶ里温泉など市内近場でちょっと観光して、熊の川温泉へ。この日は宿泊。
翌日、温泉好きは武雄温泉や嬉野温泉へ、
焼き物好きは有田町、大河内へ、
観光地なら祐徳稲荷神社や唐津へ
などなど観光地へ走らせ、そこで返せば、24時間以内におさまります!(レンタカー返す場所探してくださいね)
もしくは福岡や熊本の一部でも良いそうなので、そっちへ走っても良いですね!

温泉 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。