スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

村上春樹さんのスピーチ

2011/06/12 Sun 09:47

作家の村上春樹さんがカタルーニャ国際賞を受賞されました。村上春樹さんはスペインでも、とても人気の高い作家で、私の知っている日本好きのスペイン人は誰もが彼の本を読んでいます。日本へ行く飛行機でスペイン人が読んでいる本の表紙を覗くと、100%の確率で村上春樹さんの本です。

以前バルセロナにいらっしゃった時にも話題になっていましたが、今回も、来る前から来ている最中も、ネット上の新聞のトップページに写真付きで掲載されるほどの注目ぶりでした。旧市街地らしき場所を歩いている写真まで出ていて、まさに速報扱い。翌日には日本でもずいぶんスピーチの内容が報道されていて、彼への注目度の高さについて、正直、驚きました。

そしてそのスピーチ。内容が原発についての反省と批判であることで、それについては日本国内外で賛否両論あるようです。彼のスピーチを楽しみにしていたスペイン人も、原発の話が大半を占めたことで、批判の機会として利用されたと思った人もいたかもしれません。私自身、話を聞く機会は貴重なので、他の話題も聞きたかった気がしないでもありません。しかし彼は今回の災害に深く心を揺さぶられ、日本人としてこのことを話さないではいられなかったのだと思います。

また、世の中のすべての人があらゆる形で別の役割を担っていると思うのです。マスコミ露出が少ないことで知られる彼がこの機会を利用して彼の意見を発表したことには、彼の強い意志と、彼なりのやり方で「被災地を助けたい」という気持ちの現れであり、知名度や注目度を考えると、これは立派に功を奏したと言えます。

日本では「被災地へ実際に行ってみろ」という批判もあるようですが、私はそういう極端な意見にはどうかなーと思います。

誰もが被災地へ助けに行ければそれに超したことはありません。

募金をする人。節電する人。特に何も行動には移していないけれど、今回のことをきっかけに、いろんなことをぐるぐる考えてる人。それも立派なことです。日本人で何も感じなかった人はいないと思います。

お金がある人が募金をする。発言力がある人が発言する。自分ができる小さいことを各自がやればよいのです。そのやり方や規模に批判すべきではありません。

村上春樹さんの今回のスピーチは、作家という立場上からすると、ある意味、当然であり、最大の貢献の方法だと思います。本当に心を打つ演説というものは、心から、自分の言葉で話している言葉だと思いますが、まさにこのスピーチはそれでした。

最後に、日本語の全文が毎日新聞に出ていましたので、読んでみたい方はどうぞ。長いですが、要約は違うニュアンスにまとめられているものもありますので、全文がお勧めです。



>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
■津波・原発 | コメント(0)

願掛け、終わりました

2011/09/02 Fri 22:33

まだ続いているの?と、よく友達に聞かれた原発に関する願掛け。

ほんと、よく続いてましたが、ついに7月24日にストップしました。

3月27日に誓った願掛けで、公共交通手段を使わないと宣言しましたが、タクシーを使わないとは言っていないというずるい理由で、いざという時はタクシーを使おうと思っていました。そのタクシーも仕事に遅刻しそうで使ったのが2回、病院へ行った時に2度、使っただけ。

4ヶ月にタクシーが4回。
それ以外は歩くか自転車だけで、本当に市内では地下鉄もバスも乗らずに4ヶ月間乗り切りました!!(注・郊外へ行く時や、仕事上の人と移動する時は別です)

友達と一緒のときでも、私だけ友達と離れて自転車移動したものです。(ご迷惑かけた皆さん、すみません!)

3日坊主の私が3日以上続いたのは本当に生まれて初めて!!!! 勉強などの誓いはもうちょっと続きますが、体操するとか、マッサージするとか、身体を動かす系では文字通り3日も続いたことがなかったのです。



>>続きを読む・・・
■津波・原発 | コメント(0)

原発

2011/09/04 Sun 09:10

ちょっとまじめな話ですが、原発について。
反対意見もあるでしょう。あくまでも個人的な私の意見として聞いてください。

私は以前から原発には反対でした。しかしこんなことが実際に起きるまで声を挙げてこなかったということは、原発賛成者と同じであると反省しています。見て見ぬ振りで止めなかった者は同罪なのです。

原発エネルギーをなくすといっても、今現在、他のエネルギーで日本はまかなえるのか。現実的ではないという批判もありますが、それでも私は原発エネルギーをなくす方向へ日本が向かってほしいと思っています。どんなに批判されようと、どんなに年数がかかろうと。再生エネルギーしか使えないと言われれば、その技術を日本は発達させる知恵や技術を生み出す努力をするでしょう。原発で良いと思っていたから、それ以外の分野に注目してこなかったのです。


人間は自分でコントロールできないものを持つべきではない、と思います。

それはちょっとバベルの塔に似ています。天に届く塔、自分たちの能力を超えた塔を作ろうとすれば、神は怒って破壊させるんじゃないでしょうか。

手に余るものを持ち、それがいつか大暴れして手に終えなくなってしまった。そんな映画が何度も作られていたのに、日本がまるで映画のような、現実とは思えない惨事の舞台になるとは思ってもいませんでした。


>>続きを読む・・・
■津波・原発
領事館から来た連絡を、こちらに転載します。

・・・

黙祷集会のお知らせ

内容 : 一年前に最初の大地震の起きた時間より1分間の黙祷。 

日時 : 3月11日 午前6時46分 (日本時間午後2時46分)

場所 : Plaça del Mar (Metro L4 Barceloneta駅より
Pg. de Joan de Borbòを徒歩5分、Buenas Migas前)
*よろしければ、ろうそくをご持参ください

バルセロネータの浜から、東の海に向かってろうそくを手に想いを届けませんか?

震災から1年が経ちます。あの日を振り返り、追悼の思いを新たにするとともに、被災地の方々に寄り添う気持ちを表したいと思います。
また、そうした思いをみなさんと共有することで、復興の未来へ向けて何ができるかを考える機会になればと願っています。

また、同日同時間にパリのトロカデロ広場およびローマのバチカンにて、黙祷集会が開かれることが決定しています。日本の民放各局より3都市同時追悼集会の中継が検討されており、実施の際には、より多くの追悼への祈りが被災地の方々に届くことが期待されています。

黙祷後、7時13分には海から日が昇ります。ひとりひとりの思いを胸に、ひとときを分かち合いませんか。
パリ集会に関する情報リンク: 東日本大震災追悼パリ集会: le 11 Mars, un an après
お問い合わせは下記まで。
Força Japó! forcajapo@gmail.com


・・・・

朝の6時46分に集合・・というのがネックになると思います。7時13分に朝日が見れるとして、まだ暗い時間・・ということですよね。誰かを誘わないと、1人で浜辺に向かう気はしないなあ、、。

しかしこの話。テレビ放送されるので、人が集まらないと格好がつかない・・ということもあるようです。ローマはどうか知らないけれど、パリとは明らかに日本人在住人口が少なそうですしね。

心では祈っているけれど、浜辺に朝早く集まるのはちょっと・・と思う人も、思い切って、浜辺集合してみませんか?

お知らせでした。

■津波・原発 | コメント(0)
日本へ帰省中、東北被災地へ6日間のボランティアへ行ってきました。
本当に貴重な体験だったと思うので、自分の見たこと、感じたことを綴っていきたいと思います。
しばらくおつきあいください。

短い滞在でしたので自分が見たものはほんの一部の様子です。それと現実が一致するかどうかは分かりません。でも実際に自分の目で見ることや、実際に見た人からの話を聞くことは、報道で知ることとはまったく違いました。被災地の情報をもっと知って欲しいという気持ちでブログにかいていきます。

ただし、知らせるという行為自体をよく思わない被災地の方々がいらっしゃるかもしれません。書くという行為そのもので、被災地の皆さんの心を傷つけてしまったら本当にすみません。
また、表現や内容で配慮のない点がありましたら訂正しますので、どうぞ皆さんご指摘ください。


私がお世話になったボランティアセンターは、遠野まごころネットです。岩手県遠野市にあり、被害のひどかった複数の被災地へ近い立地にありながら、あまり被害のなかった地区でした。大槌市、釜石市、陸前高田市などへ車で1時間ー1時間半ほどの距離となります。(被災地にはそれぞれのボランティアセンターがあります。それとは別です。)

現在の被災地の状況をお知らせしたいと言っても、活動の場所までバスで移動し、バスを降りた場所は小さい範囲に過ぎず、ほとんどバスの窓から見ただけのものです。被災地を知ったとはとてもいえず、短い滞在での私個人の印象だとお考えください。


・・・

目にした光景で、個人的に一番ショックを受けた被災地は釜石市でした。

釜石市は広く、その中でも一部の地区なのでしょうが、津波から11ヵ月後の当時でもまだまだ解体を待っている建物がたくさん残っていました。無事だった建物が並んでいるように見えて、近づいてみると建物の一階はどこもほとんど建物の枠だけで、壁も、玄関も、窓もなくなっているのです。2階はまだ壁や窓が残っている部分がありますが、それが余計に人々の生活感を感じさせます。建物によっては壁や天井が、バラバラに破れた薄い紙切れのように無数にぶらさがっていていました。

映像ではもっとひどい光景を何度も見ているわけですが、ネットで見るのと、実際に目にするのとでは、全然、違いました。

震災の頃は生存者を探す捜索隊と、遺体を収容する部隊は別だったので、建物には捜索の際の印が残っています。この建物には遺体があると知らせたい場合はX印を記し、遺体が収容されればXを○で囲んであります。建物を解体して欲しい建物には赤い旗がたっており、解体はしないが瓦礫の撤去をして欲しい建物には黄色の旗が、手をつけないで欲しい建物には緑の旗がたっています。

釜石では解体を待っている赤い旗を立てた建物が、次から次へと目に入ってきました。そのほとんどにX印が残っています。遠めでは明らかに人の気配がある建物なのに、バスの窓から次々に現れる光景はどれも幽霊屋敷のように見えました。景色を見て胸がつぶされるという経験は生まれて初めてで、最初に見たときは涙が止まりませんでした。それから何度か釜石市のそのあたりを通るたびに、言葉もなく、誰もがしーんとなって、窓の外に見入っていました。

ハード隊には参加しないというボランティアもいましたが、被害のひどかった地区を一度見ておくべきで、あれを見ると被災地の方々への気持ちも変わる、という話をボランティア仲間でしたことがあります。その話をしながら建物を思い出すと、再び涙が流れてきて、ボランティア仲間数人でうるうるしたこともありました。


・・・・

陸前高田市は、主だった場所の建物の解体も瓦礫の撤去もほとんど済んでいて、海からずーっと続く広大な土地に、建物が数軒残っているのみです。

文字通り、なにも、残っていません。
水平線までどこまでも果てしなく続く、焼け跡のような印象を受けました。
あれだけの広い土地の瓦礫を全部取り除くには、たくさんの人々の努力があったと思います。

何もない光景にはショックを受けると聞いていたので心構えができていました。何も残っていないので生活感を感じないせいか、以前の町並みを知らないせいか、釜石市のように悲しみに包まれることはありませんでした。ただただ、非現実的な光景に見えました。

一緒にいたボランティア仲間が「戦争の後みたいだね・・」とつぶやきましたが、本当に戦争後の焼け野原のようでした。そこにあった何もかもがあっという間になくなってしまった・・というような。
自分が住民であったならば、とてもあのような光景は目にできないでしょう。

不思議なことに、あの時はショックがなかったと思った陸前高田市の光景は、時間が経ち遠くスペインへ帰ってきてからは、釜石市以上に、思い出して胸の痛む、脳裏から離れない、つらい光景として自分の中に残っています。


その他、瓦礫置き場にも圧倒されました。周辺に小高い山がいくつも連なる地帯にあるのですが、その小山と変わらないような、大きな瓦礫の山がいくつもいくつも残っています。瓦礫の山・・というのは誇張でなく、本当に天にも高く届くような瓦礫の山なのです。瓦礫の処理に困っている・・という現実を見ました。


私は2012年2月のボランティア参加だったので、本当に悲惨だった状態というのをまったく知りません。
私が見たものは当時を知っている人にとってはずいぶん「よくなった」光景です。それでも初めてみた被災地は十分に自分に大きな衝撃を与えました。


東北ボランティア記、まだまだ続きます。
■津波・原発 | コメント(0)
2012年2月でも衝撃を受けた私ですが、ボランティア参加者には長く活動をしている方もいましたし、1年間に何度も短期で来ている方もいらっしゃいました。地元の人も含めて、皆さんからいろんな話を聞きました。


被災者の心を痛めるかもしれませんのでここには書きませんが、遺体がどんな状態でどんな場所で発見されたこともあったのか、そんな話も耳にしました。考えれば想像できたかもしれないけれど、実際に聞くまでは想像もできませんでした。自衛隊や日本各県から来ていた警察・消防署員も心の病にかかることが多かったそうですが、そんな光景を見、実際に死ぬ思いを経験した被災地の人々の心のケアはまだまだ長い年月がかかるであろうことは容易に想像できます。

>>続きを読む・・・
■津波・原発 | コメント(0)
ボランティア活動中、加藤登紀子さんの交流イベントコンサートを手伝いました。

加藤さんは後でブログで見たところ、3日で6本のライブを行ったそうですが、うち1つのイベントを遠野ボランティアセンターが担当したためです。あまりイベントの来ていない、ある仮設住宅で生活を続けている方たちを対象にしたイベントでした。


本場前に、たまたま加藤さんがイベントをやっている最中の、別の小学校に立ち寄りました。待ち時間の間、少しこちらも見学。本番のイベントでは最初から最後まで見学しました。


加藤登紀子さんは話がとてもお上手でした。ジョークで笑わせ、実体験などを交えながら、心のこもったお話をしてらっしゃいました。
それがあのよく通る声と話し方なのですから、とても人を惹きつけます。

よいお話というのはきれいな言葉を並べることではなく、自分の言葉で相手に語りかけることだと言いますが、率直に自分をさらけ出し、相手の心に届く話しぶりで、とても好感が持てました。いっぺんにファンになった方もいらっしゃるでしょう。ご家族のこと、ご自分の生まれた時のこと、いろんなお話をされました。

彼女は震災の数日後に「今どこにいますか」という曲を作ってらっしゃいます。

「今どこにいますか。寒くはないですか」で始まるこの曲はイントロから泣けます。シンプルなメロディも歌詞もとてもよく、すっと心に沁みてきます。

私は初めて聴いたのですが、「今どこにいますか」という、震災直後を思い出す歌詞にぐっと来て、うるっとし、「寒くはないですか」では、もう大泣きでした。
実際に、この曲を何度も聴いているという被災者の話も聞きました。

すっごく良いので、ぜひ聴いてください。



>>続きを読む・・・
■津波・原発 | コメント(0)
東北ボランティア記、がんばって書きすぎて、疲れてきました。
いっぺんに書けん。

エネルギーを注いでしまって、すぐにエンジンが切れてしまうタイプなのです。


次に気が向いたときまで休憩しますが、
・活動内容(ハードボランティア、ソフトボランティア)
・出会った素晴らしいボランティア仲間
・東北の人の今の生活
・遠野ボランティアセンターの生活、活動内容
・ボランティア参加の手引き

などの内容を考えています。
(書きたいことたくさんあるけど、こんなに書けるかなー。それが問題・・)

ところで、一般にボランティア活動中の写真は禁じられています。
今はネットで勝手に写真が載せられちゃったりしますが、いくら「伝えたい」と言う気持ちであろうと、破壊された自宅がネットで紹介されると、たまったものじゃありません。バスの中から観光地を撮影するようにバチバチ撮影されるのも、いい気持ちはしないものです。見世物じゃない!と言いたくなるでしょう。
禁じられているのは、被災者の気持ちを考慮しているためです。

ただし仲間同士での撮影やボランティアセンター内の撮影、被災地でない普通の東北の様子などは禁止されていたわけではありませんので、ちょっと写真も紹介していきます。(撮影していいかどうか分からなければ隊長さんたちに相談するように言われていました)

今日は2月11日の様子を。

震災から11ヶ月目にあたるこの日。
ボランティアが終了した夜に、みんなで黙祷を捧げました。

toho (23)

毎月やってらっしゃるようで、ろうそくを使った絵にもなっています。

toho (24)
えーっと。字は何だったっけ?反対から取ってるので見にくいですが。左上の、みんなが写真を撮っている側から見ると、文字が分かります。

結 だったかな?

ろうそくの数に限りがあるので、文字にするの、難しいのですよ。毎月みんなで文字を考えてらっしゃるようで、文字ネタにも限りが出てきているよう??。東京事務所とネットTVをつなげて中継も。

雪化粧なので幻想的でした。

toho (25)

こちらはスタッフのどなたかが作られたもの。こちらも素敵でしたよ。

「本当は3月11日に来たかったけれど、来れないので2月11日にあわせてきた」というボランティアさんもいらっしゃいました。

さて。バルセロナの港での3月11日の港の黙祷
面倒・・・という気持ちが今日も(ごめんなさいっ)ありますが、みんなで待ち合わせすればいくだろう!ということで、友達3人と行ってみることにしました。朝日を見て、もしかしたら浜辺で朝ごはんでも食べるかもしれません。人が集まるのかどうか?よく分かりませんが、次回に報告します!





■津波・原発 | コメント(0)
3月11日のバルセロネータでの黙祷会の様子をお知らせします。

眠い目をこすりながら、ビーチへ。バルセロナータとはビーチの名前です。
日本人が続々やってきて、「場所分かります?」なんてしゃべりながら向かいました。


1mar (4)
すでに美しい演出が。折鶴とろうそく。
ろうそくは手に持っていく・・と思っていたけど、飾るのだったの??と、到着するなり、やや動揺。
だって、床に置けない、長い棒タイプのロウソクにしちゃったのです。

1mar (5)
東北での2月11日の経験から、野外はロウソクの火が吹き飛んじゃう・・と友達に知らせました。しかもバルセロネータは海辺の端で建物がないところなので、普段でも風がひゅうひゅうなところなのです。

私は友達数人のロウソクも買うわ!と宣言。100円ショップのようなところで買いたくなくて、バルセロナで一番古いロウソク屋さんで買いました。細長いロウソク(みんな分買うので安いやつですが・・)。風の相談をしたら、コップの底に穴をあける方法があるということで、こういう形になりました。
(もうすぐ1年ね、、と店員さんも思い出してくれました)

かわいいでしょ?
というか、下が見えないか。普通のプラスチックのコップの半分ぐらいの大きさ(ろうそく屋に売っていた)を、逆さに指すのですよ。ロウソクの先がチューリップ型みたいに見えるし(脚色)、ロウも垂れてこないし、Good!

1mar (6)
他にも友達は、普通の大きさのプラスチックのコップを普通に持って、底に小さなロウソクを入れてる子もいました。これも良いアイデア!

さて、だんだん夜が明けてきました。


1mar (8)
知っている人が見れば顔、分かっちゃうけど、このぐらい良いかな??と思う写真を載せています。顔、小さいし。顔を出さないでくれ!という方、ありましたら、ご連絡を!

黙祷の時はロウソクを手に持っていたのですが、黙祷後、さっきの飾り場所へ、皆でロウソクを飾りにいきました。かわいいでしょ??と言っていた私の、細長いロウソク。支えがないので立たない・・。

ロウソク屋さんでは浜辺でやるって話をしていて、浜辺だったら砂に刺せばいいので問題ない!と断言されたのでした。風の心配はしたけど、立てない心配はしてなかった。まさか、砂じゃないところとは思っていませんでした。(考えたら砂浜に入るの、みんな嫌ですよね。)


でもそこはスペイン人、うまい!
プラスチックのコップをはずし、蝋を垂らして、くっつけてました。
上の写真の、一番左の細長いロウソク、3つが私が持参した一部です。友達のご主人が蝋で上手にくっつけてくれました!

私は・・・。
知り合いのスペイン人に私のロウソクをあげたのですが、「浜に刺せばいいのよ!」とロウソク屋を同じことを言うので、勝手に?そうしちゃいました。
そこで出会った日本人にも「浜辺にいきましょう!」なんて誘いながら。

1mar (7)
それがこの写真。浜辺に3本ささっているロウソクのうちの1本が私です。
勝手な行動?
いいんです! せっかく浜辺にいるのだから、浜にも3本ぐらい、備えても!!


1mar (15)
この日はまだバルもあいてないだろうから、コーヒーと朝ごはんを持参と友達に話していて、みんなでその後、朝ごはんタイムしました。

浜辺で、朝日を見ながらの、朝ごはん!滅多にない経験です!

私が用事があって、すぐに出発しなくっちゃいけなかったのですが、私にあわせてくれて、他の日本人はまだ余韻に浸っているところ、私達はさっさとベンチを探し、朝日を見ながら朝ごはんです。

1mar (12)
真っ赤な太陽ーーー♪と歌いたくなるような、真っ赤な朝日の出を見ました!
マンガみたいだった。いや、日の丸だったかも?
この写真は全然色が出てません!!
本当に真っ赤で美しかったですよ!!

Mokuto-T rosoku 1

こちらはこの日撮影に来ていた、バルセロナTVのプロのカメラマンの写真です。
さすがプロ。構図が素晴らしいです。友達の3本の長いロウソクもちゃんと立ってる、立ってる!
(Copyright(c) All right reserved.Photos by Tommy Lanc)

Mokuto-T senaka+hotel
こちらも同じく、カメラマンTommy Lancさんの撮影。最後の2枚の著作権は彼にありますので無断転用はお避けください。写真が必要な方はForcaJapan担当者へご連絡を!気持ちよく対応してくれます。
(Copyright(c) All right reserved.Photos by Tommy Lanc)



結局120人集まったそうです。朝早いのにビックリでした!

私は早く帰っちゃったのでその後は知りませんが、残ったロウソクはバルセロナのカテドラルに捧げに行ったのだそうです。

幹事さん&皆さんお疲れ様でした!!!

日本へも私達の気持ちがきっと届いています!!
■津波・原発 | コメント(0)
東日本大震災復興応援イベントが行われています。

DSC_1379.jpg


オープニングでは盆栽や三味線の達人が腕を披露し、バルセロナ総領事がスペイン語で素晴らしいスピーチもし、着物の姿の人も見られて華やかでした。

今回お手伝いメンバーではありませんが、お客さんとして買い物し、収益に貢献したいと思います。小さな小物などが販売されていて、収益は復興の必要な地区へ送られます。震災後毎年行われているイベントですが、小さなイベントながら、去年もたくさんの収益がありました。

DSC_1380.jpg


小物などは日本人にはいらないものもあるかもしれませんが、スペイン人への贈り物にしても良いと思います。
DSC_1382.jpg


11mar-27marの木曜日から土曜日です。
場所はカフェであるMitte Barcelona(Bailen 86)。

日本食レストランの多数協力し、2ユーロでくじに参加でき、毎週、日本食レストランの食事券があたるという抽選会も行っています。
DSC_1381.jpg



毎日のイベントチェックはwebからどうぞ。


■津波・原発 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。