<注>この記事は1年半遅れでしたが、間に他の記事が入ってしまい、読みづらいです。そこで本来の日付で,記事に入れ直しました。同時に、記事内容を一部書き直しました。

ーーー
巡礼の旅日記。追いつかないので、旅行記は書かないと決めました。旅の途中では書かないのだから、絶対にネタがたまってしまう。それを後で書き上げるなんて作業、私には向きません。

ところが一緒に歩いているしゅうさんから「写真だけでもいいから、続きを書いて!!!」とお願い(?)されちゃいました。日本で楽しみに読んでくださっている皆さんがいるそうです。こんな長ったらしい、文章力のない、はちゃめちゃなブログで申し訳ないぐらいですが、それではと、ささっと巡礼続きを書いてみることにします。

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
フランスの道 | コメント(0)
ロンセスバージェスは「ローランの歌」で有名な土地。フランス風の建物と風景が素敵な場所でした。

navarra (48)


本当はフランスの道はSt.Jean Pied de Portからスタート人が多く、フランスの道中、最も美しいルートだとの評判です。しかし同時に最も過酷なルート。いきなり初日でピレネー越えも大変なので、なんちゃって巡礼者の私達はロンセスバージェスからのスタートとしたのでした。
>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
初日の朝。パラパラと小雨が降ってました。ちょっと寒い朝です。レインコートを着て、皆さん朝早く、次々に出発していき、私達は最後に残った少数のうちの一組でした。朝8時には出て行ってというお達しのアルベルゲなので、私達にしては早めのつもりでしたが、みんなもっと早くて感心しました。

DSCF7128.jpg
アルベルゲの窓からの景色。素敵な場所にあるでしょう?


初日ですから、るんるん!気分も高揚しています!
出発してすぐ、アルベルゲ(巡礼宿)の下で道が二手に分かれていました。懐かしの巡礼印のモニュメントを確認して、出発です!!


DSCF7143.jpg

早速、こーんな道を歩くことになりました。
navarra (60)

防水のはずの靴が二人ともぐちょぐちょに!前回の泥まみれ騒動で靴をごしごし洗いすぎたせいか、二人とも靴が水を染み込んで防水がきかなくなってました。靴中がたっぷたっぷしてます。

私の方は全く気づいていなかったのですが・・。
突然、しゅうさんが「あまりにも長いこと、矢印がない」と言い出しました。

はっ!!!!!



>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
navarra (121)
Zubiriの村に到着。ハプニングはあったものの初日楽勝でした。


navarra (122)

村に入ってすぐにアルベルゲを発見。
navarra (118)


>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
巡礼初日のランチと夕食をご紹介します。

巡礼中、巡礼メニュー(Menu de Peregrinos)というのが存在します。どこも10ユーロぐらい。前菜、メイン、デザート、飲み物は普通お水とワインが1本(二人で)がつきます。

しゅうさんは高いと思わないそうですが、私はあんな田舎で10ユーロは高いと思うのです。 メニューも普通。巡礼宿だったら激安の5ー10ユーロで泊まれます。今はユースホステルだってそんな値段じゃ泊まれないのに。食事もせめて8ユーロぐらいでもいいんじゃないのかな。特に田舎は何もない山間にあって、巡礼者のおかげでなりたっている村もあるからです。巡礼は長いので節約したい人も多く、毎日昼夜レストランで食べているのは一握りの人間です。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)

フランスの道2日目

2011/06/30 Thu 07:42

余談ですが、1年半ぶりに会った友達が「私、しいさんのことはなんでも知っているの」。

???

なんと、このブログを見つけて、暇な時に、最初から最後まで全部読んだそうなのです!!(爆笑)
そんな暇なことをした人は彼女ぐらいでしょう!いつのまにか、子供をポロンと生んでしまい、スペイン人おっかさんの道をまっしぐらな、ポジティブ美人なバレリーナの子です。


彼女から「しいさん、信者だったけ?」と聞かれました。
違います。完全なる旅行者です。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
DSCF7286.jpg
カフェというより、民家!?。
こりゃー、教えてもらわなければ絶対に分かりませんでした。

家の片隅が食料品売り場でした。そこにバーカウンターがあり、コーヒーやクロワッサンなど朝ご飯にありつけます。

外の看板にも「1年中あいてます」と書いてありますが、ドアにも「いつでもどうぞ」とメモが貼ってありました。朝早い時間帯だったのにもかかわらず、ピンポーンとすれば巡礼者を気持よく迎えてくれるのですよ。ありがたい存在です!感謝。

DSCF7289.jpg
人の庭を覗き見(笑)。巡礼のシンボルが飾ってあります。
励まされてる気分になります。

DSCF7290.jpg
しゅうさんと、フランス人の男の子も、並んでぱちり。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)

フランスの道2日目その3

2011/06/30 Thu 12:00

2日目その3
DSCF7348.jpg
かわいい村に入ってきました。

DSCF7350.jpg

DSCF7352.jpg

DSCF7353.jpg

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
DSCF7381.jpg
牛追い祭り目前ということもあり、町はお祭りムードです!

DSCF7404.jpg
DSCF7433.jpg
薬局では巡礼者の足用のクリームなども売ってました。
さすが巡礼の町!?

DSCF7416.jpg
闘牛になりきって突進している男の子。隠し撮りしようと思ったら気づかれました。ちなみにこのタイヤ付き牛の頭がお土産屋さんで販売しています。そして絶対にスペイン親父たちが冗談で牛のふりして遊んでます。
ちなみにそんなおばかさんなこと?をするのは、必ず男性なんですよね。おばさんや若い女性が闘牛になったふり?ってのは見ないですが、男性は年齢を問わず、よく見かけます、、、。ぷっと笑っちゃいます。
>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
DSCF7468_20121230174830.jpg
パンプローナの街がまだ寝ている時間に出発。

DSCF7478.jpg
DSCF7476.jpg
しかし教会を見つけて,ちょっと観光。

>>続きを読む・・・
フランスの道 | コメント(0)
 | HOME | Next »